KIMONO MODERN、売り上げの一部で医療機関や 福祉施設にマスクを届ける『産地応援プロジェクト』を実施

2020.07.04

着物、帯、和装小物等の販売を行うKIMONO MODERN(運営:株式会社WITH THE MODERN)では、「KIMONO MODERN」で取り扱いされている産地商品を購入いただくと、その売り上げの一部でマスクを購入し、福祉・医療施設へ寄付する取り組みを進めています。

衰退する伝統産業

ようやく緊急事態宣言が解除され経済も少しずつ回復しています。しかし、伝統産業の「今」は厳しいのが現状です。ただでさえ廃業を余儀なくされている工房や工場がたくさんあり、更に新型コロナウイルス感染拡大が追い打ちをかけ、産地は困窮しています。

こんな時だからこそ楽しく、社会貢献を

日本には世界に誇れる伝統と技があるのに、このまま衰退していくなんて…。
着物に携わる者としてなにかできることはないか、考えました。そこでたどり着いたのが産地応援プロジェクトです。

当社ブランド「KIMONO MODERN」で取り扱いされている産地商品(博多織、久留米絣、阿波しじらなど)を購入いただくと、その売り上げの一部で当社がマスクを購入いたします。コロナ禍の中がんばっている福祉・医療施設へマスクを寄付する取り組みを進めています。

「着物を楽しむことで、産地の応援にもなり、社会貢献にもなる」

お客様と共に楽しみながら取り組む、このプロジェクト。ひとりひとりの小さなプロセスが消費を生み、生産へのきっかけとなり、伝統を後世に残すことに繋がるものと信じています。

産地応援プロジェクト
>着物産地を応援して、マスクを医療機関に届けよう!PJ-プロジェクト

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ