奈良県

観光

「知れば知るほど奈良はおもしろい」秋の紅葉シーズン熊野古道を散策

2021.11.01

奈良県十津川村では、2021年11月の秋の行楽シーズンにあわせて、紅葉を始めとするあまり知られていない奈良のオススメ観光スポットの紹介キャンペーンを行っています。

高野山から熊野本宮大社をつなぐ、険しい山中を通る参詣道。

紀伊半島の険しい山々をつなぐ小辺路は、通常3泊4日で縦走できます。ただ、ルートには宿泊施設の少ないエリアがあり、縦走の計画を難しくしていました。今回、そのエリアと温泉宿を結ぶ無料送迎バスの実証運行をします。秋の熊野古道小辺路をお楽しみください。

バス利用料: 無料
対象者: 十津川村内に宿泊される方
お申込: ①宿泊施設を予約する
②2日前までに、専用グーグルフォームからバスを予約する
③ご利用後、アンケートに回答する
期間: 開催中~11月30日(火) ※毎日運行(但し、要予約)
運行: 三浦口(奈良県吉野郡十津川村五百瀬)から十津川温泉郷の間を往復
お問い合わせ: 「知れば知るほど奈良はおもしろい」実行委員会会員 十津川村産業課0746-62-0004

>キャンペーン公式ページ

御杖村 春日神社のラッパイチョウ

御杖村の土屋原にある春日神社の境内には、奈良県の保護樹木に指定された高さ20mの大イチョウがあります。葉の先がラッパのように巻いていることから、ラッパイチョウと呼ばれ親しまれています。全国的にも珍しい形のイチョウで、11月中旬頃の紅葉の時期には、葉が鮮やかな黄金色に染まり、落葉が境内を覆う光景は、まるで黄金色の絨毯を敷いたような美しさです。

春日神社(土屋原)

所在地: 奈良県宇陀郡御杖村土屋原1249番地
アクセス: ・名阪国道・針ICより国道369号線 宇陀市榛原区経由で約60分
・名阪国道・上野ICより国道368号線 名張市経由で約60分
お問い合わせ: 「知れば知るほど奈良はおもしろい」実行委員会会員 御杖村役場むらづくり振興課 0745-95-2001

葛城市 秋を彩る當麻寺の紅葉

中将姫ゆかりの寺として知られる當麻寺。秋が深まるにつれ、広大な境内が華やかに彩られます。美しい紅葉と魅力あふれる當麻寺にぜひお越しください。

當麻寺奥院(たいまでらおくのいん)

所在地: 奈良県葛城市當麻1263
アクセス: 近鉄南大阪線当麻寺駅より西へ徒歩約15分
お問い合わせ: 「知れば知るほど奈良はおもしろい」実行委員会会員 葛城市役所商工観光課 0745-44-5111

>紅葉情報はこちら

天理市 長岳寺 大地獄絵の公開

長岳寺に伝わる9幅(縦3.5m 横11m)の軸から成る1枚の秘蔵「大地獄絵」。三途の川・八大地獄・餓鬼・畜生・修羅道、十王裁判図などが画面いっぱいに綺麗に描かれています。住職による絵解き説法は11月の土日、13:00頃からです。平日についてはお問い合わせください。

高野山真言宗 長岳寺

期間: 令和3年10月23日~11月30日
所在地: 奈良県天理市柳本町508
拝観料: 大人400円
高大生350円
中学生300円
小学生250円
小学生未満は無料
アクセス: 車: 西名阪自動車道天理ICから国道169号を南へ約6 kmです。
JR: JR桜井線柳本駅下車、東へ徒歩20分です。(タクシー5分)
バス: 近鉄天理駅から桜井方面行き、近鉄桜井駅からは天理方面行きに乗り上長岡(かみなんか)。長岳寺で下車。 東へ徒歩5分です。
お問い合わせ: 「知れば知るほど奈良はおもしろい」実行委員会会員 天理市 長岳寺 0743-66-1051

>長岳寺公式サイト

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ