京都府

観光

【そうだ 京都、行こう】CMの舞台である「建仁寺」今夏でしか体験できない特別な体験を

2022.08.23

「そうだ 京都、行こう。」のキャッチフレーズでお馴染みのJR東海でを2022年6月25日(土)より夏編を展開しています。こちらのCMの舞台である建仁寺にてこの夏限定の特別な体験ができるプランを実施します。

CM舞台・建仁寺、霊源院 寝転んで天井の龍を見上げる貸切特別体験

寝転んでいいの?いいんです!

建仁寺法堂の天井いっぱいに描かれた壮大な「双龍図」と、2021年に中国人アーティスト陳漫(チェンマン)氏により奉納された塔頭寺院霊源院に描かれた圧巻の「墨龍図」を畳に寝転んで見上げていただけます。建仁寺法堂には一般拝観では立ち入りできない内陣にリクライニングチェアと畳をご用意!天井に描かれた龍を贅沢な角度からご堪能ください。

期間: 8/27(土)・28(日)、9/23(金・祝)〜25(日)
受付時間: 17:00~19:30
拝観時間: 建仁寺18:00~20:00
霊源院18:00~20:00
代金: 2,000円(税込)

>詳細はこちら

CM舞台「建仁寺」潮音庭の見方がわかる!建仁寺産の呈茶つき解説

~京都最古の禅寺で「庭と茶」から禅の精神にふれる~

どの方向から眺めても美しい「潮音庭」や、禅宗の四大思想を象徴したと言われる「○△□乃庭」、白砂に緑苔と巨石を配置した枯山水「大雄苑」を庭園デザイナー烏賀陽百合(うがやゆり)さんの解説とともに鑑賞。お庭鑑賞後には、開山の栄西禅師が中国から持ち帰ったとされるお茶を源流とする建仁寺産のお茶をお召し上がりいただきます。宇治茶の「祇園辻利」様、和菓子で人気の「鍵善良房」様に企画協力いただきました。

日程: 9/19(月・祝)・25(日)
時間: 1部:10:00開始 12:00頃終了予定
2部:13:30開始 15:30頃終了予定
旅行代金: 6,000円(税込)

>詳細はこちら

CM舞台「建仁寺」拝観と選べる京の名庭、ひんやりスイーツ

「建仁寺」の拝観に加え、天龍寺、常寂光寺、圓光寺などの名庭を有する社寺の拝観や、対象施設でひんやりスイーツを堪能できる“涼さがしチケット”がセットになった商品です。オリジナル京うちわ付き。(建仁寺蔵の「風神雷神図屏風」柄 または「かき氷」柄のどちらか1つをランダムにお渡しします)

対象社寺: 天龍寺、常寂光寺、圓光寺など
対象店舗: 伊藤久右衛門(祇園四条店・京都駅前 店)、前田珈琲室町本店、祇園下河原page oneなど。
期間: 9月30日(金)まで

建仁寺
建仁寺は建仁二年(1202年)将軍・源頼家が寺域を寄進し栄西禅師を開山として宋国百丈山を模して建立され、京都最古の禅寺になります。
建仁寺には、俵屋宗達が描いた国宝「風神雷神図屏風」の高精細複製作品や小泉淳作が創建800年を記念して描いた天井図「双龍図」などの多くの文化財が展示されています。
また、境内には大雄苑、潮音庭、○△□乃庭(まるさんかくしかくのにわ)などの庭園があり、室内から庭園を眺めることができます。

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ