【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.31 浜松宿番外編 あら、こんなところに魔女のアパート!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

浜松に、魔女の館があるらしい、という話を聞いていたので、以前から一度行ってみたいと思っていたのでした。そんなわけで東海道ふらっと完歩で浜松に泊まった翌日、魔女たちのめくるめくマル秘パーティーにお呼ばれしたわけではなかったのですが、ノーアポで突撃してみることにしました。

浜松城と家康くん

浜松の郊外にある魔女の館でのパーティーに正式に招待されると、空飛ぶじゅうたんが迎えに来てくれるようですが、今回は正式なオファーではないので、自分で浜松駅から路線バスに乗ってつつましく訪問してみようと思います。

そんなわけで浜松の市街地を歩いていると、別の魔女たちが僕を誘惑してきます。

あっぶねー、朝でよかったぜ!いろんなところで魔女がトラップかけてくるぜ、恐ろしいまちやな、浜松!

市街地から浜松城も近いようなのでちょっと寄り道してみます。

この浜松城、実はこうして間近で見るのは初めてなのですが、復元されている天守は意外に小ぶりなんですね。ここは若き日の徳川家康が17年間過ごしたお城として知られています。

そんな浜松城を足掛かりに、天下統一を成し遂げた家康にちなんで、浜松のゆるキャラはこの「出世大名 家康くん」

出世大名の名前の通り、なんと2015年のゆるキャラグランプリを受賞したそうです。

なんでも彼は人々に出世運を授けることができる、ということで出世を願う世の中のサラリーマン諸君から引っ張りだこらしいので、そーゆーのに興味がある方は、ぜひこの浜松駅前の家康くんの前で二礼二拍手一礼(かどうかはわかりませんが)でご参拝してみてください。

さて、肝心の魔女の館ですが、地図を見ると浜松市街から北に向かって結構距離があるのですが、浜松医科大行きの路線バスに30分ほど乗ると、それは目の前にいきなり現れます。

おおおおおおおお。ホントに魔女の館だぜ!

魔女たちの酒池肉林パーティー

この魔女の館があるのは、どこぞの魔法の国の中じゃありませんよ。浜松の郊外のふつーの道路沿いにあります。

なんたって隣には西松屋もあるくらいですから。

この中のどこかの部屋で平日の昼間っから妖しげな魔女たちが集まって、きっとめくるめくような魔女パーティーをしてるんだな。

若くて活きのいい美少年の血をみんなでちゅーちゅー吸ってるんじゃないのか?うらやましいぞ、魔女パーティー、私だってナイスミドルなので、もう若くはないけどきっと血はまだまだナイスな味だぞ!

しかしさすがは魔女の家、セキュリティはかなり厳しいようで、毒の塗られたトゲ付きの門ががっちり。

毒蜘蛛も侵入者を見張っています。ううむ。やはりノーアポで突撃は難しいのか。

そうか、きっとこのかぼちゃに監視カメラがついていて、魔女たちのお眼鏡にかなう生贄であれば、門が開いてすぐに迎えが来るんだな。

しかし誰も現れず、門は閉じたままです。しかたなく活きのよさをアピールするために、ラジオ体操第1から第2まで、怒涛の休憩なしでやってみたのですが、うんともすんとも言いません。うーん、やっぱりまだちょっと朝早すぎて、魔女たちも空腹じゃないのかな。

実はここ、どうやら魔女の館ではなく、一般の方が住むアパートだったのです。

これは浜松にある、とあるデザインアトリエによって建築された建物で、魔女のアパートのほかにも浜松の近郊にはこの建築工房が手掛けたメルヘンチックで特徴的な建物がたくさんあるようでした。

ちなみに、このアパートのコンセプトは1年じゅうハロウィンなのだそうです。

そんなわけで、残念ながら魔女のパーティーには参加できないようです。ですのでくれぐれも人の家の前で怒涛のラジオ体操を踊ったりするのはおやめください。

<2016年5月訪問> 記事の情報は訪問当時のものです。最近の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol.32へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】】Vol.30 袋井宿~浜松宿 見付学校とか超恋愛成就パワースポットとか!

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ