【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

島田の「蓬莱橋」

東海道散歩も静岡県に入ると毎回遠出になるので、ここから先は何かの旅のついでに立ち寄ることも多くなります。なかでも青春18きっぷを使って関西や中国四国、九州方面に向かう途中に立ち寄ることが多かったのですが(長い列車旅の途中の、いい気分転換になるのです)、今回はとある年のGWに家族で静岡に行ったときの話です。

その家族旅行のメインはこれ!

静岡県島田市の大井川にかかる「蓬莱橋」は全長897.4メートル、通行幅2.4メートルで、「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてギネス社にも認定されている橋。

ちょうどその少し前に放映されていたNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」がこの橋を舞台に撮影されたことにより、この蓬莱橋が一躍注目を浴びていたのです。

そのうえ、5月のGWは「夏も近づく八十八夜」の時期。お茶畑の新緑も素晴らしい、ってことで「そうだ、静岡、行こう!」となったわけで、僕の東海道ふらっと完歩がメインでこの旅行があったわけではございません(たぶん)。

ちなみにこの蓬莱橋は旧東海道沿いではありませんが、1キロほど南に寄り道すれば行けますので、東海道ウォーカーの方にはぜひおすすめの場所です。

さて、そんな家族旅行の間を縫って周辺の旧東海道を歩くことになったので、順番も方向もバラバラ。今回は東(藤枝宿)から西(島田宿)ではなく、その反対向き、島田から藤枝に向かって歩くことになりました。

島田~藤枝間は7~8キロ、途中にびっくりするような見どころもなさそうなので、午前中の2時間もあれば寄り道しても余裕だな、ということで朝早くにいったん家族と離団し、ひとりで歩き始めます。

島田の旧東海道沿いを歩いていると歩道にこんなタイルが目立ちます。

この絵は日本3大奇祭と言われている「大井神社の帯まつり」を表現しているようです。なぬ?日本3大奇祭?奇祭って、もしかしてビッグな男性の象徴とかがお神輿に乗ってうら若き女性に担がれちゃたりするアレか?

と、おもわずそんな妄想しちゃったのですが、この「帯まつり」というのは、かつて島田に嫁入りする新婦が、大井神社に参拝の後、嫁入りの丸帯を持って町中全戸に挨拶回りをするという風習が基になったもの。それが転じて大井神社の御神輿の行列である大奴が、大祭の際に大太刀(おおたち)に帯を下げて回るようになったことから生まれたもので、聖なる象徴とかそーゆーのは関係ないらしいです。

ちなみに『奇祭』と呼ばれるのは、この帯を下げた大奴(この絵のおじさんですね)のしぐさが奇妙だからという理由のようでした。

瀬戸染飯伝承館と藤の花

比較的単調なこの区間ですが、途中、唯一の見どころかな、と思ったのは藤枝の市街地の少し西にある「千貫堤・瀬戸染飯伝承館」(せんがんづつみ・せとそめいいでんしょうかん)」。

といっても小さな資料館があって、ボランティアのおじさんが一人いるだけの場所でしたが。

瀬戸の染飯(そめいい)というのは、江戸時代にこの地を訪れる旅人が必ず食べた名物で、もち米を蒸したものをクチナシの実で黄色く染めてすりつぶして小判形などに薄く伸ばして、干し乾かしたご飯。

乾燥したクチナシの実は漢方薬として知られていて、消炎・解熱・鎮痛・利尿などの様々な薬効があり、旅人にとって足腰の疲れをとる食べ物として評判が広がり、東海道中を行きかう人々にはなくてはならない名物だったようです。

この黄色が特徴ですね。これは現在でも藤枝駅近くの総菜屋「喜久屋」で売っているそうです。

資料館前の庭にはちょっとだけ藤棚が。

そういえばここは「藤」枝市でしたね。藤枝の市の花もやはり「藤」でした。

藤枝駅に着いたところで今日の東海道ふらっと完歩はいったん終了。島田から藤枝まで電車で移動していた家族と合流して、バスで宇津ノ谷峠へと向かいます。

実はこのあと家族で丁子屋のとろろ汁を食べに行くことにしていたのですが、その前にみんなで少し宇津ノ谷峠を散策したのです。

中学生だった娘の当時のマイブームは「とろろ飯」(しぶっ)。おとーさんがこの前東海道を歩いた時に、すごく有名な店でとろろ食べたぞ、と何かの時に話したら、行きたい行きたい行きたい!今度絶対連れてって!という話になったわけです。

そんなわけで丸子宿の丁子屋に行ってみたのですが、GWのせいかめちゃくちゃ並んでいます。店に入り切れないお客さんの列のうしろに並んではみたものの、かなりの待ち時間ということで、結局丁子屋の隣りにある一松園というお店に入ってみました(静岡の友達曰く、ここも名店なのだそうです)。

中に入ってみると、店内の雰囲気もなかなかいい感じで、ここもご飯ととろろのシンプルでおいしい定食でした。

さらに安倍川まで行って、安倍川餅も食べる、という、さながら旧東海道グルメの旅っぽい、我が家の家族旅行だったのでした。

今回の結果:藤枝宿~島田宿 8.7kmを制覇!
東海道テキトー完歩まで:現在の合計 204.5㎞/495.5km

<2016年5月訪問> 記事の情報は訪問当時のものです。最近の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol 27.へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.25 府中宿~藤枝宿後編 宇津ノ谷峠、すべて君のせいだ!

新着

新着

注目の記事

青森県

芸術

観光

ネイキッドと弘前が初コラボ!重要文化財 弘前城の紅葉ナイトウォーク

株式会社ネイキッドは、2020年9月18日(金)から11月8日(日)の指定曜日に、青森県弘前市にある弘前公園にて、紅葉が始まる前から秋を楽しむ『弘前城×ネイキッド 光の桜紅葉』の企画・演出・制作を手がけます。ネイキッドが青森県にてアートイベントを開催するのは初めてとなります。
ソーシャルディスタンスをアートにした「ディスタンス提灯™」を使用した安全に楽しめる演出をはじめとして、感染症予防の安全面に考慮した運営を行い、併せて現地に赴けない方でも弘前城の紅葉が楽しめるオリジナルVRキットプレゼントキャンペーンを行います。

京都府

観光

イベント

京都の老舗旅館が新婚夫婦と学生向けに限定特別プランを企画! 「国内ハネムーンプラン」「小さな修学旅行プラン」予約受付開始

株式会社北海舘が運営する、京の宿 北海舘 お花坊は、2020年9月15日に、新型コロナウイルスの影響を受けた新郎新婦・修学旅行が中止になった学生を対象とした期間限定特別企画「国内ハネムーンプラン」「小さな修学旅行プラン」の予約受付を開始しました。
新型コロナウイルスの影響で挙式や披露宴の予定が立てられない、中止になってしまった方を“笑顔にしたい”との思いで、京都の老舗企業が業種を超えて協力し、幸せな時間を過ごすお手伝いを精一杯させていただきます。

埼玉県

観光

ちちぶへおでかけキャンペーン 第3弾  ながとろの「山と川」どっちも割  ~当日発売!おトクに川下りもロープウェイも楽しもう~

秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、秋の連休や紅葉時期に秩父路をお得に楽しめる「ちちぶへおでかけキャンペーン~ながとろの「山と川」どっちも割~」を実施します。当キャンペーンでは、「長瀞ラインくだり乗船券 1枚(AまたはBコース)」と「宝登山ロープウェイ往復乗車券 1枚」を当日に同時購入すると通常料金よりお安くお買い求めいただけます。また、宝登山小動物公園と宝登山ロープウェイでは、土休日にお子さまを無料招待とするキャンペーンも実施します。詳細は下記のとおりです。

青森県

観光

【奥入瀬渓流ホテル】紅葉の聖地、奥入瀬渓流で360度の絶景を楽しむ「紅葉プレミアムオープンバスツアー」実施|期間:2020年10月18日~31日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2020年10月18日~31日の期間、「紅葉プレミアムオープンバスツアー」を実施します。 例年10月中旬から11月上旬にかけて、紅葉はピークを迎え、約70万人(*1)が奥入瀬渓流とその周辺を訪れます。そんな賑わいを増す時期ですが、早朝に行う当ツアーは、昼間とはまったく違った静けさや澄んだ空気を感じながら、これまでとは違った新たな目線で紅葉を楽しむことができます。

また、オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行するため、大自然の中を走り抜ける爽快感や、360度の絶景を存分に楽しめ、バスに乗っているだけで、国立公園の豊かな自然を満喫できるのも特徴です。東京で、2階建てオープントップバスツアー「スカイバス東京」を展開する、日の丸自動車興業株式会社と提携し、当ツアーが実現しました。紅葉を満喫できる渓流沿いを運行するバスツアーは、日本初です。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

ピックアップ

ピックアップ