【真多呂人形】白を基調とした新作雛人形「箔押シリーズ」が発売中

2023.01.28

「木目込み人形」の技を継ぎ、磨き上げられた伝統技法を現代に伝えている「真多呂人形」より純白の花のように、純粋で明るく爽やかなイメージの新作雛人形「箔押」が、真多呂人形会館及びインターネットで販売中です。

真多呂人形の新作「箔押」は、箔押は木目込みをした衣裳の表面に膠(にかわ)で溶いた胡粉で絵柄を描き、金箔を接着する技法で、熟練の職人技を見て取ることができます。

衝立はサンドブラストで花の模様をあしらいました。人形には「上品さ」が花言葉のゴヨウツツジを持たせています。衣裳、持ち物、衝立まで統一した世界観で作り上げています。

セット内容: 女雛、男雛、衝立、親王台×2、花×2(有無を選択可能)、作札、その他(お手入れセットをサービスでお付けいたします。)
サイズ: 間口30cm×高さ18cm×奥行16cm
価格: 花あり 165,000円(税込)
花なし 156,200円(税込)

>真多呂人形公式サイト

「箔押」男雛
「箔押」女雛
「箔押」衝立と花

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ