【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.49 水口宿~石部宿編 碁苦楽快館とか、飛び出し坊やコレクションとか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

鈴鹿峠を越えて滋賀県に入ると、ほかの土地とは明らかに違う部分があります。それは滋賀県東近江発祥の「飛び出し坊や」。この旧東海道を歩いているだけでもめちゃくちゃたくさんの飛び出し坊やがいたので、今回はそのコレクションを紹介しましょう。

碁苦楽快館の忍ぶマダム!

この日のスタートは旧東海道と近江鉄道が交差する水口石橋駅。

前回、鈴鹿峠を越えてこの場所まで来てから1年、今日はその続きからスタートです。(ずっと東海道を歩いてなかったわけじゃなくて、そのほかの区間を歩いていたのです)

今日は西に向かって歩くのですが、東の方を振り返ると、

「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて」

的な空?ちょっと違うな・・・春じゃないし山際もないし。

途中にちょっと目立つ建物があったので足を止めてみます。

碁盤の中にハートマーク??「忍碁 碁苦楽快館」??

かなりストイックな囲碁教室なのか?と思って眺めていると、落ち着いた和装姿の妙齢の女性が出てきて

「忍ぶの。冬の嵐に晒されても、あの人にずっと責められ続けても。忍んで、忍んで、忍んだ先に、この世のものとは思えないほどの幸せが待っているの」

と演歌のような勧誘をされたら、旧東海道はさっさと放棄して、忍碁の極楽快感の世界へと道を踏み外してもよかったのですが、朝早かったのでそんな勧誘もあらず、残念!

でも旧東海道を歩く人はみんなここで「?」と思うらしく、「碁苦楽快館」でググると旧東海道散歩人のブログばっかり出てきます。

そして近江の国といえば飛び出し坊やですよね。

この日もたくさんの飛び出し坊やを見たので、その一部を「飛び出し坊やコレクション」として紹介します。

近江の飛び出し坊やコレクション~旧東海道編

まず今回歩いたコースはいわゆる甲賀地方なので、甲賀流忍者バージョンが結構たくさんありました

そして旧東海道ということで飛脚っぽいのもあります。

これは自分で叫びながら飛び出してくる「オラオラどけどけ坊や」。

反対にこれは道路を渡るだけで悲壮感の漂う「おびえ少女」。

ところでこれ、パンツ見えてるっていう設定なんですかね?

手作り感いっぱいの作品もありますが、いくら手作りでもこれは著作権的にマズくないか?いや、単なる普通のネズミなのかな?

そしてこれは南草津駅前のメガネ店。近江では飛び出し坊やを店頭の販促用看板につかっているお店も結構あるのです。

さてそんなこんなで歩いていると東海道十三渡しのひとつであった横田の渡し跡を過ぎて野洲川を渡ります。

JRの三雲駅前を過ぎて、しばらく行くとやがて見えてくるのが大沙川隧道 (おおすながわずいどう)。

トンネルの上にある大きな杉は「弘法杉」と言われています。

トンネルの上に登ってみると、こんな感じ。なんと旧東海道の上を大沙川という川が流れているのです。ただ、ふだんはほとんど水は流れていないようです。

旧東海道の途中から形のよい、美しい山が見えています。

近江富士とか言うのかな、と思っていたら、本当にそう呼ばれているみたいで三上山、通称近江富士という山でした。

歌川広重 東海道五十三次 石部 目川ノ里 │ 賑わいを見せているのは、お伊勢参りの際に人々が立ち寄ったその名も「伊勢屋」。遠くに見える山並みは広重の心も掴んだ様で、その霞がかった描写は見事です。

甲西駅手前あたりの旧街道。

造り酒屋の白壁がいいですね。

水口から10キロちょっとで次の宿場町、石部に到着しました。

<2016年12月訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol.50へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.48 鈴鹿峠~水口編 鈴鹿峠のイケメン好き女鬼とか

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.9「ぬちまーすの秘密を探る~海中道路とサトウキビ畑・後編~」

沖縄には多くの人を魅了する何かがあります。

美しい海、温暖な気候、独自の歴史や文化や風習、言葉、建物、三線の音色や音楽、食べ物、うちなーんちゅ(沖縄の人)の人柄、、といったひとつひとつにではなく、それらが混ざりあった「沖縄」という存在に人は惹かれるのでしょう。

しかし一方で、沖縄には「ない」ものもあります。私は東北出身ですが、うちなーんちゅに羨ましがられることもあります。

初めてそれを経験したのが「土手」でした。

理解できずにいると、「沖縄には大きな河川がない」と説明をしてくれました。その堤防としての土手がとても珍しく、憧れの風景だったそうです。

大きな山も雪景色も沖縄では見ることができません。凍えるような寒さも沖縄では体験できないでしょう。お米や食べ物も東北の方が美味しいと言って頂けることがあります。

故郷を離れて故郷を知りました。住む時間が長くなると、その土地の良さが分からなくなってしまうことってありますよね。

旅が好きな人は、いわば “自分が住んでいる場所のアイデンティティ” を求めて旅をしているのかも知れません。

さて今回は、いよいよ「ぬちまーすの秘密」に迫りたいと思います。ぬちまーす工場の近くの思いがけない絶景やパワースポットも併せてご紹介いたします。

千葉県

飲食店

イベント

国内最大級アウトレットで台湾祭「台湾祭in千葉KISARAZU 2021」

台湾に訪れたことのない人も、何度も行っている人も、台湾へ行けない今、美食グルメを楽しんでいただけるイベント『台湾祭in 千葉 KISARAZU』が2021年10月23日(土)~11月7日(日)開催されます。カラフルなランタンで装飾された会場で、台湾各地の本格「夜市グルメ」の数々を台湾現地の空気を感じさせる飲食スペースでお楽しみください。

富山県

飲食店

”飲むわらびもち”の「とろり天使のわらびもち」が富山駅前にオープン

「とろとろ食感」の「生わらびもち」が看板商品の和菓子店「とろり天使のわらびもち」は、関西を中心に東京や九州に出店している人気店です。この度、初のとなる富山店が2021年10月9日(土)にオープンしました。カップの底にわらびもちを入れたドリンクに、生クリームをトッピングした“映える”見た目と新食感が話題となっているドリンクです。

長野県

観光

白馬岩岳スノーフィールド 2021-2022ウィンターシーズン期間の販売を開始

株式会社岩岳リゾートは2021年10月1日より2021-2022ウィンターシーズンのシーズン券の販売を開始しました。ウィンターシーズンに向けて降雪機の増設やパウダーエリアの拡充、キッズゲレンデの新設など、ゲレンデの魅力を強化しています。また、ティーラテと焼き立てスコーンの専門店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」の冬季営業を開始します。

東京都

買い物

連日完売「魔法の琥珀糖」が再出店  新宿マルイ 本館8Fで10月1日より

美しい鉱物のような見た目から「食べられる宝石」とも呼ばれています。硬そうな外見とは裏腹に「外側はシャリっと、中はプルプル」と、新食感に驚かれる方も多い和菓子の琥珀糖。2021年8月に期間限定ショップをオープンしましたが連日完売となった「魔法の琥珀糖」が新宿マルイ本館8Fで10月1日より再登場します。

ピックアップ

ピックアップ