日本初!?~ご近所さんの逸品をホテルで出前して楽しむ、新しい食事スタイル~

2020.08.28

旅のテンションを上げる都市観光ホテルブランド「OMO(おも)」は、旭川(北海道)・大塚(東京)の2施設にて、長期化するWithコロナ時代のホテルでの食の在り方の一つとして、「ご近所出前カフェ」の取り組みを新しくスタートさせました。ご近所を丸ごと楽しんでほしいという思いから、これまで地域の魅力を発信してきたOMOブランドらしく、ご近所さんの美味しい逸品をホテルで出前をして楽しめるサービスを提供します。

新サービス開発の背景

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響は長期化し、私たちの生活様式は大きく変わることとなりました。旅の在り方も大きく変わる中で、特に旅先での食事は自宅周辺とは違って慣れない土地であるがゆえに、気を遣うことがあるのも事実です。

また、ご近所をまるごと楽しんでいただくため、OMOでは「Go-KINJO」サービス(ホテル周辺のお店やスポットを館内の壁一面でご紹介する「ご近所マップ」と、よりディープな体験を求める方のためにホテルスタッフがお客様と一緒に街へ繰り出しご案内する「ご近所ガイドOMOレンジャー*」の2種)を展開してきましたが、一時的にお店へとご案内するツアーを休止せざるを得ない状況となりました。

そんななかでもご近所の魅力を安心して楽しんでほしいという思いから、この度、ご近所さんのご協力を得て、ホテル館内でも素敵なご近所さんの名物料理を楽しめるサービスを開始することとなりました。新ノーマルなホテルでの食のあり方を追求していきます。

*OMO レンジャーとは街の平和を愛し、旅行者のテンションをあげることを使命とした街のヒーロー。旅行者をご近所へお連れして、お散歩しながら街の魅力を案内します。

「ご近所出前カフェ」の3つのポイント

1 日本初!?ホテルでご近所さんの名物料理の出前ができる!

道産ブランド肉と旬菜鮮魚の贅沢オードブル
アンガスビーフステーキ
海の恵グラタン

「え!?ホテルで出前ができるの?」と、普通は思うかもしれません。ご安心ください!この度、ご近所さんの出前料理を楽しめる「ご近所出前カフェ」をスタートさせたことで、OMOでは気軽にホテルでお取り寄せ料理を楽しんでいただけるようになりました。目移りするような素敵なメニューから食べたい料理をチョイスして、電話一本で出前が頼める便利なサービスです。

「感染対策としてなるべく館内で過ごしたい」という方から、「今日は出歩いて疲れたからなるべくホテル内に留まりたいけれど、できればコンビニ食は避けたい」という方まで、館内で過ごしつつ美味しい食事も楽しみたいという方に是非おすすめです。注文後は、料理の到着までOMOベースにあるボードゲームを楽しめば、待ち時間もあっという間!

2 持ち込み可能なロビーラウンジ!?

出前やテイクアウトのお食事は、客室へのお持ち込みはもちろんOKですが、OMOベース(ホテル内ロビーラウンジ)でのご飲食ならもっと良いことが!お部屋に匂いはつかないし、椅子テーブルは広くて食べやすく、食後の片付けも”ささっと”完了。

また、ハーブウォーターなどの簡単なお飲み物や、お連れの方とのお取り分けに嬉しいお皿やカトラリー類も準備していますので、便利なこと間違いなし。お持ち込み飲食がしやすい環境を整えています。OMOベース内のカフェやレストランなどのお好きな席で、おひとりやご友人、ご家族で思い思いに食事が楽しめます。

また、3密回避やソーシャルディスタンスの工夫もばっちり、安心・快適な環境作りに努めます。
※ご利用は朝食時間帯を除きます。

3 出前・テイクアウトのできるお店をご近所マップでご紹介

壁一面に広がる大きな「ご近所マップ」は、ホテルスタッフが実際に歩き回って集めた、街の情報が盛り沢山のオリジナルマップです。地域で出前・テイクアウトに取り組んでいらっしゃるお店をご紹介しています。お散歩がてらホテル周辺を散策して、ご近所さんの逸品料理をピックアップし、オリジナルのマイフルコース仕立てにしてはいかがでしょう。

出前のできる素敵なお店とお料理を一部ご紹介

ENOTECA IL GENTILE(旭川)
Shisui ceux(大塚)
バール 青イ印(大塚)

・ENOTECA IL GENTILE(旭川):「道産ブランド肉×旬菜鮮魚」をスタイリッシュに味わえるカジュアル・ダイニング。北海道の美味しいとこどりができる「贅沢オードブル」はお連れの方とのシェアにも最適です。

・Shisui deux(大塚):毎週火曜日に店内で“フレンチカンカン”が開催されるショーレストラン。料理も本格派揃いで、ボリュウム満点の「アンガスビーフのステーキ」はおすすめです。

・バール 青イ印(大塚):気軽に入れるカジュアルなイタリアン。目印は青い提灯。とろとろチーズが食欲をそそる「海の恵グラタン」は、出前でも熱々で楽しめます。
このほかにも素敵なお店が揃います。最新情報はOMOベースでチェック!

「ご近所出前カフェ」概要

期間: Withコロナ期間の当面の間
利用方法: ホテル館内に設置してあるメニューリストから、お電話で各店舗へ注文。
OMOベースにてお客様ご自身でお受け取りとお支払い。
対象: 宿泊者限定
料金: 無料(OMOベースの場所のご利用、カトラリーのご利用など)。料理代・配達料別途。

※朝食時間帯は除きます。また、出前の受付時間は各店舗により異なります。

<最高水準のコロナ対策宣言>

星野リゾート OMOは、最高水準のコロナ対策宣言をしています。
OMOでは長期化するWithコロナ時代の旅の在り方として、徹底した「衛生管理」と「3密回避」の下、最高水準の新型コロナウイルス対策を目指していくことを宣言しています。

星野リゾート OMO

「OMO」は、星野リゾートが運営する都市観光ホテルブランド。「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトに、都市観光客に向けて、旅先をまるごと楽しむディープな魅力とお茶目な仕掛け満載のホテルステイを提案しています。

2018年に誕生し、同年4月にOMO7旭川(北海道・旭川市)、5月にOMO5東京大塚(東京都・豊島区)を開業、今後はOMO3東京川崎(神奈川県・川崎市/開業日未定)、OMO5沖縄那覇(沖縄県・那覇市/開業日未定)、2022年にOMO7大阪新今宮(大阪府・浪速区)、2023年にOMO下関(仮称)(山口県・下関市)を開業予定です。

>星野リゾート OMO

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ