想定来場者数は100万人! 世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット4」を開催。国内外の有名企業35社、1400サークルが出展

2020.04.26

株式会社HIKKYは、2020年4月29日(水・祝)~5月10日(日)の 12日間、バーチャルリアリティ(VR)空間上で行う世界最大級のイベント「バーチャルマーケット」の第4回を開催致します。前回の「バーチャルマーケット3」(2019年9月開催)では、世界中から延べ約71万人が参加し、VR系イベントとしては世界最大級(※1)となりました。今回はさらに規模を拡大し、41会場(VR空間上で訪れることができるさまざまなコンセプトのエリア)、出展企業35社、一般クリエイター1400サークルが出展予定です。来場者は、延べ100万人規模になると見込んでおります。

◆〈バーチャルマーケット4〉のテーマは”パラリアルワールド(並行現実世界)”

VR/AR技術の発展やIoT、5G高速回線の実現により、リアルと仮想現実空間がさらに融合し、新しい生活スタイルが生まれつつあります。人々がいくつもの現実・仮想現実空間を行き来しながら生きていく社会、「パラリアルワールド(並行現実世界)」が実現する日も遠くありません。VRゴーグルやPCを通じて体験できる「バーチャルマーケット4」は、まさにこの「パラリアル」を一足早く体感できる空間です。

◆〈バーチャルマーケット4〉の内容について

〈バーチャルマーケット4〉の会場は、「企業出展会場」と「一般クリエイター出展会場」の2つに大きく分けられます。

・「企業出展会場」となる『パラリアルトーキョー』
ここには、東京都のランドマークである『東京タワー』や『歌舞伎座』、『東京スカイツリー』、『東京駅舎』、『秋葉原ラジオ会館』などを模した様々な建造物が存在し、独創的に配置されています。これらは、すべて許可を得た上でデザインを行っており、バーチャル空間上で極めてリアルな建物を眺めたり、建物内に入って遊んだりすることが可能です。未来の都市の形「スマートシティ」(※2)をイメージしています。

(※1)米国Forbesの記事において「世界最大」と言及されています。
(※2)スマートシティとは「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」(国土交通省HPより

「一般クリエイター出展会場」は、以下6つのイメージの会場が展開されます。

※ 左上から順に、『デフォルトキューブ』『アバターショーケース』、『阿頼屋敷』、『電脳都ミラビリス』、『ナーサリーライム』、『ワールドエンド・ユートピア』です。

◆〈バーチャルマーケット〉とは

「バーチャルマーケット」は、VR法人HIKKYの「動く城のフィオ」(VR法人HIKKY公式サイト)の掛け声のもと、さまざまな個人クリエイターの方々の協力によって2018年夏に産声を上げた、バーチャル空間上で使用できる「3Dアイテム」を売り買いするマーケットフェスティバルです。バーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイなどのVR機器、PCから誰でも参加が可能です。

2019年9月に開催された「バーチャルマーケット3」は、出展企業30社のほか、約600サークルが出展し、延べ71万人が参加する大規模イベントとなりました。また、参加ユーザーの多くは、海外からの参加者となっており(「バーチャルマーケット3」では約70%が外国からの参加)、国際的なイベントであることも特徴です。HIKKYでは、今後も、本イベントの開催を通じて「仮想現実空間を発展させ、豊かにする」ことを目指していきます。

◆「バーチャルマーケット」に出品される商品(3Dアイテム)について

バーチャル空間では「アバター」と呼ばれる3Dモデルを使用して他者とコミュニケーションを取ることが一般的で、商品としても人気です。来場者は、会場に展示された3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着、鑑賞、購入できます。その他、アバターに個性を出す為のアクセサリーや衣装、バーチャル空間上の家や部屋など、あらゆるものが出品されます。

販売中の帽子やヘッドフォンを試着する様子(左)、一般出展ブースの様子(右)

◆国内外の有名企業の出展と5Gを見越した新たな取り組み

本イベントに対する世界からの注目の高まりを受け、今回の「バーチャルマーケット4」では国内外の有名企業の出展が決定しています。出展企業は、「パラリアルトーキョー」内に自社ブランドと親和性の高いデザインや仕掛けを施した特別ブースを展開します。ブース内では、さまざまな商品の売買をしたり、バーチャル空間上で車に乗ったり、映像を見たりと、“「パラリアルトーキョー」でしかできない”ブランド体験、コミュニケーションを楽しむことが可能です。出展内容の詳細は、今後、随時追加で発表していきます。ぜひご注目ください。

◆出展企業の一部

◆「バーチャルマーケット4」を皆で楽しむためのクラウドファンディングが、CAMPFIREにて4月3日(金)からスタート!

「バーチャルマーケット3」のクラウドファンディングでは、目標の200万円を大きく上回り、1,200万円ものご支援を頂き「CAMPFIRE AWARD 2019 イノベーション賞」を受賞しました。「バーチャルマーケット4」でも、このクラウドファンディングを開催します。

今回のクラウドファンディングのリターンでは、支援者の名前を「バーチャルマーケット4」の会場に設置される石碑に刻むほか、オリジナルTシャツや会場BGMを収めたCD、キーホルダーなどリアルグッズの提供を行います。さらに、バーチャル空間内にポスターを設置したり、動画広告を流せる権利、会場の風景の一部になれたりする権利を提供するなど、先進的な取り組みも行っています。バーチャルマーケットに“自身の痕跡”を残したい方は、是非ともご支援ください!

◆『バーチャルマーケット4』開催概要

名称: バーチャルマーケット4(VIRTUAL MARKET 4)
主催: VR法人HIKKY
会期: 2020年4月29日(水・祝)11:00~5月10日(日)23:00(計12日間)

>バーチャルマーケットTOPページ

新着

新着

注目の記事

埼玉県

観光

ちちぶへおでかけキャンペーン 第3弾  ながとろの「山と川」どっちも割  ~当日発売!おトクに川下りもロープウェイも楽しもう~

秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、秋の連休や紅葉時期に秩父路をお得に楽しめる「ちちぶへおでかけキャンペーン~ながとろの「山と川」どっちも割~」を実施します。当キャンペーンでは、「長瀞ラインくだり乗船券 1枚(AまたはBコース)」と「宝登山ロープウェイ往復乗車券 1枚」を当日に同時購入すると通常料金よりお安くお買い求めいただけます。また、宝登山小動物公園と宝登山ロープウェイでは、土休日にお子さまを無料招待とするキャンペーンも実施します。詳細は下記のとおりです。

青森県

観光

【奥入瀬渓流ホテル】紅葉の聖地、奥入瀬渓流で360度の絶景を楽しむ「紅葉プレミアムオープンバスツアー」実施|期間:2020年10月18日~31日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2020年10月18日~31日の期間、「紅葉プレミアムオープンバスツアー」を実施します。 例年10月中旬から11月上旬にかけて、紅葉はピークを迎え、約70万人(*1)が奥入瀬渓流とその周辺を訪れます。そんな賑わいを増す時期ですが、早朝に行う当ツアーは、昼間とはまったく違った静けさや澄んだ空気を感じながら、これまでとは違った新たな目線で紅葉を楽しむことができます。

また、オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行するため、大自然の中を走り抜ける爽快感や、360度の絶景を存分に楽しめ、バスに乗っているだけで、国立公園の豊かな自然を満喫できるのも特徴です。東京で、2階建てオープントップバスツアー「スカイバス東京」を展開する、日の丸自動車興業株式会社と提携し、当ツアーが実現しました。紅葉を満喫できる渓流沿いを運行するバスツアーは、日本初です。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

石川県

お土産・記念品

蒸れにくく心地よい肌触りの「和紙織物」を使用した “モダン和紙織りマスク”をオンラインショップにて新発売

武部織物株式会社は、独自に開発した「和紙織物」を使用した3層構造の立体マスク「モダン和紙織りマスク」(1,500枚限定:全カラー合わせて)を8月12日(水)正午(12:00)からオンラインショップ「TAKEORI」(タケオリ)にて、予約受付を開始します。

ピックアップ

ピックアップ