リアル×オンラインの融合で”創作”の輪を広げる祭典「note CREATOR FESTIVAL」を9/2-9/5で初開催!

2020.08.08

note株式会社は、2020年9月2日(水)〜5日(土)の4日連続で、リアル×オンラインの融合で”創作”の輪を広げる祭典「[note CREATOR FESTIVAL]」を初開催します。スポーツ・音楽・マンガ・文章・料理・教育・テクノロジーなど幅広いジャンルごとに、第一線の活躍をしているみなさんと、コロナ禍で制限を余儀なくされた創作の魅力をわかちあいます。6月に東京・青山にオープンしたイベントスペース・[note place]とオンライン配信の両方を活用した、だれもが楽しめる参加型のイベントです。
本イベントへの一般視聴申し込みと同時に、イベントを一緒に盛り上げるnoteフェスサポーターの受付を開始しています。

note CREATOR FESTIVAL 開催背景

インターネットの発展で、だれもが自分を表現する場を持つことができるようになりました。自分の気持ちを「かたち」にすることを、創作というのならば、料理も、買い物も、鼻歌さえも創作になります。

コロナ禍で当たり前の日常と交流の機会が失われたとき、遠くにいるだれかの経験が役に立った、だれかの表現活動に心がいやされた、自分の暮らしにぴったりな環境を整えてみた、新たな趣味を見つけた、そんな実感を持っている方も多いのではないでしょうか。

noteも表現の場として利用者が急増し、6,300万MAUを突破しています。「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」というミッションを実現するため、いまこそ創作の魅力をより多くのひとに感じてもらえる機会ととらえ、全国の方が参加できる大型イベントを開催します。

note CREATOR FESTIVAL 特徴

スポーツ・音楽・マンガ・文章・料理・教育・テクノロジーなど幅広いジャンルごとに、常に新しい挑戦をつづけるみなさんをゲストにむかえます。講演はもちろんのこと、視聴者とともに創作をするような参加型形式のコンテンツも多数開催。一部のセッションはnoteの投稿コンテストとも連動した事前お題を提示して、noteのクリエイターから集めた投稿と絡めた進行をしていきます。

note CREATOR FESTIVAL 概要

開催日時: 9/2- 9/5 19〜22時
開催場所: note place(noteフェスサポーターを対象に会場へ限定招待)
※東京都渋谷区神宮前3-1-30 Daiwa青山ビル 2F
視聴方法: オンライン
参加料: 無料

>お申し込みはこちら
>公式サイト

noteフェスサポーターとは?

企画への意見交換や、運営メンバーとの交流などを通して、一緒にイベントを盛り上げます。参加サポーター(先着100名まで)の方には、以下特典があります。

・運営メンバーとの交流コミュニティ(限定サークル)への招待
・コミュニティ内での各種先行告知
・当日のnote place観覧席へのご招待(一部セッションを除く)
・限定のnoteグッズの送付

※サポーター参加方法など詳細はこちら

※感染拡大の状況次第で、観覧は実施しない可能性もあります。ご了承ください。

出演者

"暮らしをクリエイトする" まとまらない人・坂口恭平さん × スープ作家・有賀薫さん
"僕たちに「企画」はいらない" 漫画家・羽賀翔一さん × 編集者・柿内芳文さん
"これからのファンとの向き合い方" 鹿島アントラーズ社長・小泉文明さん × アソビシステム代表・中川悠介さん
"インターネット時代の新教育" 教育系YouTuber・ヨビノリたくみさん × N高等学校 副校長・吉村総一郎さん
"体験価値のニューノーマル" L&G GLOBAL BUSINESS, Inc代表・龍崎翔子さん × 「sio」オーナーシェフ・鳥羽周作さん
"人間の輪郭を文学とテクノロジーから読み解く" 小説家・平野啓一郎さん × 日本ディープラーニング協会理事長・松尾豊さん
"なんで僕たちに聞くんだろう。" 写真家・幡野広志さん × 作家、広告プランナー・浅生鴨さん

各セッションの詳細、追加の出演者やオンライン視聴の申込み方法など、決まり次第、下記のnoteおよび公式Twitterで発表していきます。
>公式note
>公式Twitter

note(ノート)

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約870万件の作品が誕生。月間アクティブユーザー数は6,300万(2020年5月時点)に達しています。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ