家族や友達と室内遊びにピッタリ!!バンダイナムコグループ有志によって作られたカードゲーム『イロトカタチ』クラウドファンディングによる先行予約販売スタート

2020.04.15

巣ごもり生活はクリエイティビティを育てるチャンス!
優れた技術を誇る日本の中小メーカーや、革新的なアイデアを持つクリエイターとのコラボレーションによる商品開発事業を行う株式会社TRINUS(本社:東京都渋谷区 代表取締役:佐藤真矢、以下トリナス)と、株式会社バンダイナムコ研究所(所在地:東京都江東区、代表取締役社長:中谷始)は、カードゲーム『イロトカタチ』のクラウドファンディングによる予約販売を2020年4月5日(日)よりスタートしました。

また、2020年3月31日(火)にはアソビザ共創プラットフォーム「asobiza(アソビザ)」を全面リニューアルしました。

『イロトカタチ』について

カードゲーム『イロトカタチ』は、エンターテインメントコンテンツの制作を手掛ける株式会社バンダイナムコスタジオが「遊びの原点に返り、誰でも遊べる、電源のない場所でも遊べるゲームを考えてみよう」という想いから企画し開発を行いました。「大人と子供が一緒に楽しめる」「みんなが笑顔になれる」「世界中の人が遊べる」ゲームを作りたいという想いから生まれたカードゲームです。

「作る、当てる、うれしい!「色」と「形」と「動き」で伝えるカードゲーム」

イロトカタチは 2020年4月5日(日)より、3月31日(火)に全面リニューアルするアソビ共創プラットフォーム「asobiza(アソビザ)」にて、クラウドファンディングによる受注販売をスタート致します。

《イロトカタチの遊び方》

遊び方は簡単で、「色カード」を並べたり動かしたりして、決められた「お題」を絵で表し、何を作っているか他の人に当ててもらいます。

ドット絵のように色や形でイメージさせることもできれば、カードを動かしてジェスチャーで表現することもできるため、小さなお子様からご年配の方まで楽しく遊んでいただけます。

《商品概要》

◯商品名:イロトカタチ
◯対象年齢:6歳以上
◯プレイ時間:約15分
◯プレイ人数:2~8人
◯内容物:色カード70枚(10種各7枚)、お題カード30枚、プレイシート1枚、サイコロカード1枚、得点チップシート2枚、説明書
◯価格:2,000 円(税抜)
◯送料:国内300円/海外2,000円
◯先行予約受付期間:2020年4月5日(日)〜2020年5月31日(日)
◯発送時期:6月中旬予定

【10個限定豪華版!】

2019年ゲームマーケット秋でテスト販売を行い、ご好評のうちに完売したアイテムです。
今回バンダイナムコ研究所に僅かながら保管されていた物を限定数ですが販売します。

〇商品名:イロトカタチ豪華版
〇価 格:4,500円(税抜)

[通常版との主たる違い]
・プレイシートが布製
・得点チップがクリアパーツ
・お題カードが1枚1 問記載で145問
( 通常版は1枚3 問記載で90 問)
※基本ルールは同じです

《asobiza(アソビザ)とは》

世界でここにしかない、アソビノタネを育てよう

『asobiza 』は、バンダイナムコ研究所に眠っている技術や新規アイデア「アソビノタネ」をプラットフォーム上に開示し、ユーザーの声を取り入れながらブラッシュアップしていくことで、今までに見たことがないような新しいアソビを世に出していく「アソビ共創プラットフォーム」です。どんなタネに芽が出るのか、どんな色の花が咲き、実が成るのか。成長の行方はサポーター次第。ここでしか出会えないアソビノタネ、私たちと一緒に育てませんか?

《企業概要》

株式会社TRINUS
『TRINUS』は、メーカー、デザイナー、エンドユーザーの3 つから成るものづくりコミュニティを活用し、新しい価値を生み出す究極のファブレスメーカーです。社内に多くの資源を抱えない代わりに、日本全国の様々な技術を取り上げ、これらを活用した商品コンセプト・デザインを4 , 000 名以上の登録デザイナーから公募、ユーザー(潜在消費者)からのフィードバックを踏まえて採用作品を選出し、試作開発、ブランディングや販売までを一気通貫で行う「オープン・バリューチェーン」というコンセプトを提唱・推進しています。

※ オープン・バリューチェーンについてはこちらをご参照ください。
https://trinus.jp/pages/corporation

〇本 社 東京都渋谷区西原3-1-10 Tefu Yoyogi Uehara 2F
〇代表者 代表取締役 佐藤真矢
〇設 立 2014年11月25日
〇資本金 65,985,000円(資本準備金含む)
〇URL  https://trinus.co.jp/

株式会社バンダイナムコ研究所
バンダイナムコ研究所は、最先端技術の研究開発を起点に、『エンターテインメントの新しい価値を創出』する『エンターテインメント イノベーション集団』です。これまで想像でしかできなかった物やサービスなどが、高速な技術の進歩により現実となり、私たちは今、とてもワクワクする時代にいます。バンダイナムコ研究所は、これまで培ってきたエンターテインメントの知見を最大限に活かし、世界中のイノベーターと積極的に共創を行うことで、『今までにない新しいアソビやエンターテインメント』を生み出し実現したいと思っています。

○本 社 東京都江東区永代2-37-25
○代表者 代表取締役社長 中谷 始
○設 立 2019年4月1日
○資本金 10,000,000 円
○URL  www.bandainamco-mirai.com

新着

新着

注目の記事

神奈川県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol1 4.小田原宿~箱根宿<中編> 涙こぼるる苦しい坂とか、猿も滑る坂とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…

ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

「天下の嶮」箱根越え、マジでヤバいぞ。泣いちゃうくらい苦しい坂とか、猿も滑る坂とか、どうなってるんや箱根!

山梨県

観光

【星のや富士】3密のないグランピングリゾートでキャンプの醍醐味を味わう「富士山を眺め、森でリフレッシュするグランピングステイ」

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、3密環境を避けて思う存分に自然の中で過ごせる滞在をご提案します。全室富士山ビューのテラスリビングを備えた客室、屋外ダイニングにて組数限定で体験できるピザづくり、少人数でプライベートに体験できるグランピングアクティビティなど、手ぶらで安心してキャンプの醍醐味が味わえる、グランピングリゾートならではの過ごし方で心も身体もリフレッシュしていただけます。

京都府

観光

【星のや京都】奥嵐山で京文化に触れる久しぶりの優雅な一日~京都市内から車で約 30 分、3 密のない 25 室の日本旅館

京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、3密*を徹底して回避し、久しぶりに優雅な時間を過ごせる滞在を提供します。車で行ける範囲で少しだけ気分転換したい、という方々のために、星のや京都は、館内で京文化を楽しめるおもてなしを用意しました。自家用車やタクシーで京都市内中心部から約30分の近さにあり、滞在中は人との接触を極力避け、プライベート空間での美味しい食事、京文化を楽しめる季節のアクティビティで、京都の再発見をしてみてはいかがでしょうか。

*:「換気が悪い密閉空間」、「人が集まって過ごすような密集場所」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い密接場面」 厚生労働省HPより

茨城県

お花見

イベント

世界最大級の牡丹庭園「つくば牡丹園」、5月15日より “水面に浮かぶシャクヤク8,000輪”が楽しめる動画を公開!

約6万株の牡丹・シャクヤクを誇る世界最大級の牡丹庭園「つくば牡丹園」(茨城県つくば市、園長:関浩一)は、新型コロナウイルスの影響で今年は短縮営業で開園しておりますが、現時点でシャクヤク40,000株以上が開花し、満開を迎えております。今年は牡丹園に見に行けないというファンや遠方のお客様のためのオンライン企画として、“水面に浮かぶシャクヤク”の様子を5月15日(金)から動画配信致します(園では毎週末にシャクヤクを園内の水面に浮かべております)。
この動画では、ご協力いただいている熟練シャクヤク農家さんの畑での様子など、普段は見られない舞台裏も公開します。花の出荷時期を過ぎてしまいましたが、美しく咲き誇る花たちを有効活用し、今年も「つくば牡丹園」の水面を美しく彩ります。

神奈川県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol12.大磯宿~小田原宿<後編> いざ、小田原攻め ~おでんとあんぱんと私~

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

「天下の嶮」箱根山を目の前にした小田原には、「天下の堅城」小田原城もありました。いいじゃないか天下の小田原!山でも城でも女子でもかかってこい!ということで小田原攻めにチャレンジしてみたのでした。

ピックアップ

ピックアップ