大迫力の4K映像で日本文化の魅力を体感! 東京国立博物館にて無料上映

2020.07.15

国立文化財機構 文化財活用センター〈ぶんかつ〉は、海外からの観光客等に向けて日本の歴史文化や文化財の魅力を発信する映像コンテンツ「A GLIDE ON THE GREAT WAVE ~Experience Japanese Culture at TNM~」を制作しました。2020年7月1日から東京国立博物館内にて無料上映を行います。

■日本の文化・歴史の波を滑走し、言葉を越えた映像体験を。

葛飾北斎が描いた「神奈川沖浪裏」の世界を、ジェットコースターのようにダイナミックに滑走しながら日本文化の魅力を発見する旅が始まります。
波のように次々と押し寄せてくる多彩な文化財は、国宝をはじめとした東京国立博物館のコレクションを代表する名品ぞろい!
現在の首都・東京と浮世絵に描かれた江戸の町は、一見すると別世界のように思えるかもしれません。しかし、どんなに時代や街並みが変わっても、四季折々の美しい自然や伝統行事を楽しむ人々の営み、そしてその中で育まれてきた日本独自の美意識は、変わることなく今に続いているのです。
約10分間の滑走体験で、みなさまを“日本文化の玄関口”である東京国立博物館から、日本の魅力を探求する果てしない旅へと誘います。

映像イメージ1
映像イメージ2
映像イメージ3

■上映スケジュール

【A GLIDE ON THE GREAT WAVE ~Experience Japanese Culture at TNM~】

会場: TNM & TOPPAN ミュージアムシアター
(東京国立博物館 東洋館地下1階)
上映時間: 2020年7月1日(水)~12月20日(日)予定
開演時間: 10:30/13:00/14:30(月・火を除く)
所要時間: 約15分
各回定員: 48名
料金: 無料

※ただし、東京国立博物館の入館に際しては、オンラインでの事前予約が必要です。
※上映スケジュール・定員は都合により変更する場合がございます。
※開場は上映時間の5分前です。
※途中入退場はできません

▼ぶんかつWEBにて動画を先行公開中
>文化財活用センターウェブサイト

■TNM & TOPPAN ミュージアムシアター

東京国立博物館東洋館地下1階に設けられたシアターで、VRによる文化財の新しい鑑賞体験を提供しています。横幅6.6メートル、高さ3.7メートルの大型スクリーンに映し出される超高精細なVR映像では、文化財の質感や肉眼では見ることのできない細やかな造形までじっくりと堪能することができます。また、ナビゲーターがVR映像を操作しながら進行するライブ上演により、お客さまとのコミュニケーションを通じて文化財への理解をより深めていただけます。

▼▼上演予定作品

VR作品『風神雷神図のウラ -夏秋草図に秘めた想い-』

上映時間: 2020年7月1日(水)~10月4日(日)
開演時間: 11:00/12:00/13:30/15:00/16:00(月・火を除く)
※所要時間 約35分
料金: 高校生以上600円 小学生・中学生300円

※博物館の入館に際しては、オンラインでの事前予約が必要です。
※上演スケジュール・定員は都合により変更する場合がございます。

詳細はウェブサイトから
▼TNM & TOPPAN ミュージアムシアター

TNM & TOPPAN ミュージアムシアター

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ