京成桜駅・桜市役所に名称変更?「桜に染まるまち、佐倉」キャンペーン

2020.03.06

観光キャンペーン「桜に染まるまち、佐倉」を2020年3月20日から始めます。
キャンペーン期間中、佐倉城址公園の最寄り駅である京成佐倉駅の駅名看板および佐倉市役所・佐倉城址公園の看板を、村田さんデザインのもと「佐倉」の表記を「桜」にしたものに変更するなど、街・駅が一体となって佐倉城址公園の「桜」を盛り上げます。

期間中、佐倉市立美術館、旧平井家住宅等において、桜にちなんだフォトスポットを設置します。
※イベント中に佐倉を訪れて、共通のハッシュタグを付けて投稿すると、プレゼントがもらえる企画も。

実施期間:2020年3月20日~4月12日

各種看板を「佐倉」から「桜」へ ~村田倫子さんデザイン~

期間中、京成佐倉駅の駅名看板および佐倉市役所・佐倉城址公園の看板内「佐倉」の表記を「桜」に変更します。
なお、各看板のデザインや文字は、本キャンペーンのイメージキャラクターであるファッションモデル・村田倫子さんのデザインによるものです。

キャンペーン特別パンフレットの配布

期間中、キャンペーンに合わせて製作した特別パンフレットを配布します。

内容: 佐倉市内の観光情報の紹介、市内各店舗の優待の紹介
期間: 2020年3月中旬~なくなり次第終了
配布場所: 京成線各駅

佐倉城址のさくら

「桜に染まるまち、佐倉」メイン会場の佐倉城址公園に約50品種、1000本以上の桜が咲き誇ります。

内容: 地元土産品や飲食店の出店、日本伝統芸能、猿回しなど
期間: 2020年3月31日(火)~4月5日(日)
場所: 佐倉城址公園

■関連イベント■

さくら咲くお店フェスタ

期間中、協力店舗でキャンペーンのリーフレットかキャンペーンサイトを見せると特典が受けられます。フェアにちなんだメニュー等もご用意。

期間: 2020年3月20日(金・祝)~4月12日(日)
場所: 京成佐倉駅周辺及び佐倉城址公園周辺の協力店舗

「歴博夜桜観賞の夕べ」

国立歴史民俗博物館のエントランスから夜陰に浮かび上がった桜を観賞いただけます。

期間: 2020年3月25日(水)~4月5日(日)18時~20時
※3月30日(月)は臨時開館
場所: 国立歴史民俗博物館 エントランスホール
その他: 観覧無料・事前申し込みは不要です。

mochiyoru

京成佐倉駅近くの路上で、気軽に立ち寄って、食べたりくつろいだりできる場「mochiyoru」が展開されます。

佐倉城下町きもの散歩

お抹茶とお菓子、記念撮影付で着物のレンタル・着付けサービスが受けられます。

期間: 2020年2月11日(火・祝)~4月19日(日)までの日曜・祝日
場所: 旧平井家住宅

サムライ散歩

サムライの衣装を着て武芸や作法の体験・街歩きが楽しめます。

日時: 2月8日(土)・22日(土)、3月12日(木)・28(土)、4月9日(木)・25日(土)、5月9日(土)・16日(土) ※3/28・4/9はキャンペーン実施期間
料金: 6,500円/人

>キャンペーン特設サイト

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ