京成桜駅・桜市役所に名称変更?「桜に染まるまち、佐倉」キャンペーン

2020.03.06

観光キャンペーン「桜に染まるまち、佐倉」を2020年3月20日から始めます。
キャンペーン期間中、佐倉城址公園の最寄り駅である京成佐倉駅の駅名看板および佐倉市役所・佐倉城址公園の看板を、村田さんデザインのもと「佐倉」の表記を「桜」にしたものに変更するなど、街・駅が一体となって佐倉城址公園の「桜」を盛り上げます。

期間中、佐倉市立美術館、旧平井家住宅等において、桜にちなんだフォトスポットを設置します。
※イベント中に佐倉を訪れて、共通のハッシュタグを付けて投稿すると、プレゼントがもらえる企画も。

実施期間:2020年3月20日~4月12日

各種看板を「佐倉」から「桜」へ ~村田倫子さんデザイン~

期間中、京成佐倉駅の駅名看板および佐倉市役所・佐倉城址公園の看板内「佐倉」の表記を「桜」に変更します。
なお、各看板のデザインや文字は、本キャンペーンのイメージキャラクターであるファッションモデル・村田倫子さんのデザインによるものです。

キャンペーン特別パンフレットの配布

期間中、キャンペーンに合わせて製作した特別パンフレットを配布します。

内容: 佐倉市内の観光情報の紹介、市内各店舗の優待の紹介
期間: 2020年3月中旬~なくなり次第終了
配布場所: 京成線各駅

佐倉城址のさくら

「桜に染まるまち、佐倉」メイン会場の佐倉城址公園に約50品種、1000本以上の桜が咲き誇ります。

内容: 地元土産品や飲食店の出店、日本伝統芸能、猿回しなど
期間: 2020年3月31日(火)~4月5日(日)
場所: 佐倉城址公園

■関連イベント■

さくら咲くお店フェスタ

期間中、協力店舗でキャンペーンのリーフレットかキャンペーンサイトを見せると特典が受けられます。フェアにちなんだメニュー等もご用意。

期間: 2020年3月20日(金・祝)~4月12日(日)
場所: 京成佐倉駅周辺及び佐倉城址公園周辺の協力店舗

「歴博夜桜観賞の夕べ」

国立歴史民俗博物館のエントランスから夜陰に浮かび上がった桜を観賞いただけます。

期間: 2020年3月25日(水)~4月5日(日)18時~20時
※3月30日(月)は臨時開館
場所: 国立歴史民俗博物館 エントランスホール
その他: 観覧無料・事前申し込みは不要です。

mochiyoru

京成佐倉駅近くの路上で、気軽に立ち寄って、食べたりくつろいだりできる場「mochiyoru」が展開されます。

佐倉城下町きもの散歩

お抹茶とお菓子、記念撮影付で着物のレンタル・着付けサービスが受けられます。

期間: 2020年2月11日(火・祝)~4月19日(日)までの日曜・祝日
場所: 旧平井家住宅

サムライ散歩

サムライの衣装を着て武芸や作法の体験・街歩きが楽しめます。

日時: 2月8日(土)・22日(土)、3月12日(木)・28(土)、4月9日(木)・25日(土)、5月9日(土)・16日(土) ※3/28・4/9はキャンペーン実施期間
料金: 6,500円/人

>キャンペーン特設サイト

新着

新着

注目の記事

京都府

お花見

星のや京都 雅な屋形舟「翡翠(ひすい)」を貸し切り水上のお花見「奥嵐山の花見舟」開催

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の期間、「奥嵐山の花見舟」を開催します。星のや京都専用の雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り、大堰川(おおいがわ)の上から奥嵐山の歴史ある桜と風景を愛で、和菓子とロゼスパークリングワインを味わうお花見です。京都の職人技の粋(すい)をあつめた雅な屋形舟「翡翠」で、平安絵巻さながらの優雅な時間を過ごすことができます。

--

食べ物

ルビーチョコレートを使った新商品「ショコラバウムクーヘン(ルビー)」も登場!ISHIYAの恋するチョコレート『バレンタイン・コレクション2021』

白い恋人のチョコレートをベースにした商品「恋するチョコレート」の2021年バレンタイン・コレクションを1月13日(水)から、ISHIYA直営店、オンラインショップ、関東、中部、関西エリアのバレンタイン特設催事にて販売しています。

--

観光

客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

ピックアップ

ピックアップ