【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.51 草津~大津宿編 大津は結構いい街だった、の巻

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

大津はそれまでゆっくり訪れたことがなかったのですが、なかなか素晴らしい場所でした。特に真夏の青い琵琶湖はもうこれ海だね。ドバイあたりかと思っちゃったよ。

午前:瀬田から大津へ

連日の猛暑が続く7月下旬、たまたま四国に用事があった帰りに旧東海道の草津から大津までの区間を歩いてみることにしました。距離的には15キロくらいなので、真夏の1日の距離としてはこのくらいがいいところでしょう。

ただし長い時間外を歩き続けるのは生命に危機を及ぼさないとも限らないなあ、ということで、ちょこちょこと小分けにして歩いてみることにしました。

たまたまこの時期は夏の高校野球の地方予選真っ盛りだったので、途中大津で高校野球でも見ながら休憩するのもいいかな(球場も酷暑だけど)ということでこの日の行程は少し特殊で、まずは前半戦、ちょうど草津と大津の真ん中あたりにある瀬田から大津方面へ西に向かって歩き、後半戦はいったん瀬田まで戻って、そこから東の草津に向かうことにします。

早めに出てきたつもりなんだけど、もうすでに時刻は午前9時30分。真夏の太陽、ガンガンキテます。

普段はめったにかぶらない帽子なんかかぶって瀬田駅前から大通を旧東海道に入ります。

向こう側に見えるのは比叡山なのでしょうか。ふもとには大津の街と琵琶湖が広がっているようにも見えますね。

このあたりの旧東海道は、こんなふうにゆるやかなアップダウンを繰り返しながら進みます。湖は見えなくとも、なんとなく湖国という雰囲気があるのが不思議です。

細い旧道をしばらく進み、琵琶湖方面に曲がる交差点付近にあるのが建部大社。

ここは日本武尊にゆかりのある、近江国の一之宮だそうで、日本屈指の古社とのこと。知りませんでしたが。

やがて旧東海道は、瀬田唐橋を渡ります。

ここは宇治橋、山崎橋とならんで日本三古橋の一つで、日本の道100選なんだそうです。

昔は東海道で京都へ行くには琵琶湖を船で渡るか、この橋を渡るかしかなかったので、交通・軍事の要衝として数々の歴史的な事件の舞台となってきました。

今は美しい黄色の欄干の向こうに琵琶湖の青が広がる、風光明媚な橋ですね。

瀬田の唐橋を渡り終わるとやがて石山の町並みが現れて、JRと京阪の石山駅前に着きます。本当は大津まで歩いてしまいたかったんですが、意外に時間がかかり、お目当ての試合に間に合わなくなってしまいそうだったので、いったんここから京阪電車に乗って浜大津方面へ向かいます。

駅前には琵琶湖を旅する芭蕉像がありました。

芭蕉は琵琶湖をこよなく愛し、大津湖南地方を8回も訪れ、全作品中の1割はこの地域で詠まれた歌だと言われています。

瀬田の唐橋も芭蕉と琵琶湖も、全然知りませんでした。勉強になります。

京阪電車の石山京阪本線。

緑色の小さな電車が、比叡山系の緑の山々に吸い込まれそうですね。

皇子山で下車して、滋賀県野球のメインスタジアム、皇子山球場に向かいます。今回観戦したのは、2回戦、彦根東高校VS水口高校という滋賀県の公立高校対戦。

この彦根東高校(以下、ひこにゃん東)、滋賀県屈指の伝統校なのですが、春の県大会を勝ち抜き、近畿大会であの大阪桐蔭高校に勝ったということで、滋賀県の優勝候補の一角。最近も甲子園に出ています。

こういう高校、好きなんですよ。

しかししかししかし、結果はなんと2-3でひこにゃん東、惜敗。これも高校野球ですね。確かに力の差はほとんどなかったように見えますが、残念。

でもいい試合でした。

午後:大津~石山、瀬田~草津!

京阪電車、浜大津駅前の展望コーナーからの琵琶湖の眺め。

こんなよく晴れた日中に、まともに琵琶湖を見たことがなかったのですが、素晴らしい眺めです。

大津港マリーナにクルーザーがたくさん停泊していますね。向こう岸のマンションも、眺望は素晴らしいんでしょうね。

なんだかペルシャ湾みたいですね。遠くのビル群が、ドバイみたいに見えてきました(ペルシャ湾にもドバイにも行ったことないけど)

いやー大津、素晴らしいじゃないですか!

大津には来たことあったけど、こんなにいい場所だったかなあ。冬の寒い時期に比叡山に行ったのと、あとはパチンコだけして帰ったことくらいしかなかったからかなぁ。

ということで後半戦はこの浜大津から石山までと瀬田から草津までを歩く予定です(石山~瀬田間はさっき歩いたので電車移動)。

浜大津駅前の交差点。

京阪電車が悠々と曲がっていきます。旧東海道からちょっと外れたところにありますが、滋賀県庁。

14年5月に竣工の堂々とした建物です。どこかで見たことあるような、と思っていたらこれは早大大隈講堂や旧群馬県庁を建築した佐藤功一氏の設計なのだそうです。大隈講堂にはあまり共通部分感じませんが、旧群馬県庁とは確かに共通する部分がありますね。

大津で特徴的なのは、ときどき街なかに現れ、琵琶湖に向かって勢いよく流れる、この豊かな水。

午後の灼熱の時間帯ですが、この川のほとりは、涼しそうですね。

歌川広重 東海道五十三次 大津 走井茶店 │ 大津は東海道最大の宿場町として栄えました。湧水の良質な事で有名で、その水を使って作られた「走井餅」を出す茶屋街は大変賑わったそうです。



途中にあった義仲寺(ぎちゅうじ)。

木曾義仲の死後、愛妾であった巴御前が日々この墓前にて供養したのが、義仲寺という名前の由来だと言われています。また、湖国を愛した松尾芭蕉の墓がここ木曾義仲の墓に隣り合ってあるのだそうです。

木曽殿と 背中合わせの 寒さかな

芭蕉の弟子、島崎又玄(ゆうげん)の句。

浜大津を出て1時間半、石山駅に着いたので、瀬田まで電車に乗って移動し、再び瀬田の駅前から、今度は東に向かって草津方面へ歩きます。

しかしやっぱり真夏の東海道歩きはヘヴィーですよ!

暑さで頭がもうろうとして道中で池の幻が見えたのか、と思ったら本当の池でした。

これは弁天池という古くからの農業用のため池のようです。
江戸時代、ここに住んでいた美しい農家の娘が、江戸と膳所藩を結ぶ飛脚の若い青年との悲しい別れの末、この弁天池に身投げをするという『弁天池とおつゆの悲恋』という伝説があるそうです。

そんなこともあってか、幻の中に江戸時代の美しい娘が出てきて、池の中へ僕を呼び込んでいるかのようにおいでおいで、と手招きをするので、そのまま水の中に入ってしまおうかと思いましたが、なんとか踏みとどまって草津へとたどり着いたのでした。

今回の結果:大津宿~草津宿 14.4kmを制覇! 
東海道ふらっと完歩まで:現在の合計 483.7㎞/495.5km

<2015年7月20日訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol.52へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.50 石部~草津宿編 東経136度とか、ロームのイルミネーションとか

新着

新着

注目の記事

神奈川県

買い物

食べ物

老舗和菓子屋がサブスク!? 名物ゴーフレット『鎌倉半月』が定期的にたっぷり届きます

鎌倉の老舗和菓子屋「鎌倉五郎本店」がサブスクリプションを開始いたします!『鎌倉半月』は、お菓子の通販サイト「パクとモグ」で16年連続ご注文数第1位を獲得した大人気スイーツ。地元・鎌倉では「半月さん」と呼ばれたりするほど愛されている代表銘菓です。その『鎌倉半月』から、定期的に届く『鎌倉半月たっぷり定期便』が誕生しました。
「鎌倉五郎本店」のシンボルである月うさぎが、みなさまのご自宅に鎌倉スイーツをお届けします。一般販売の受付は3月25日(木)よりオンラインショップで開始。みんながハマるこの味を是非サブスクでお楽しみください。

静岡県

飲食店

まるで銭湯!? 熱海温泉がテーマの“チーズスイーツ”専門店が初登場! チーズファクトリー「熱海ミルチーズ」3/20(土・祝)オープン

株式会社フジノネは、「熱海温泉」と「お風呂」をテーマにチーズとお風呂の定番『牛乳』を使用した本格チーズスイーツをお楽しみいただけるチーズケーキファクトリー「熱海ミルチーズ」を2021年3月20日(土・祝)10時よりグランドオープンしました。
当店は、熱海スイーツブームの先駆けとも言われる「熱海プリン」がプロデュースしており、熱海ならではのレトロ可愛い“新感覚チーズケーキ”を多数お届けします。

神奈川県

観光

横浜・石川町のゲストハウス「ヨコハマホステルヴィレッジ」の屋上プライベートガーデンがグランピングテントを設置した『BEANSTALK(ビーンストーク)』としてリニューアル

国内外のバックパッカー向けのゲストハウス「ヨコハマホステルヴィレッジ」の屋上が、遠出をせずに身近で気軽に非日常体験を味わえる都市型グランピング空間「BEANSTALK(ビーンストーク)」してリニューアル。通常のゲストハウスの宿泊プランとセットで販売開始。

京都府

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.53 大津~三条大橋 後編 そしてゴールの三条大橋へ!涙の完結編!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

いよいよ東海道ふらっと完歩涙のゴール!テキトーに細切れに、都合2年間かけて京都三条大橋に到着しました。始めた頃は本当に完歩するか半信半疑だったけど、こうしてコンプリートできたってことは、それだけ旧東海道が魅力的だったんだなと思います。日本人なら一度は東海道ふらっと完歩、やるべきだと思います(笑)

東京都

買い物

食べ物

今年はおうちで春を楽しもう! 東武百貨店で“イエナカお花見”を楽しめる商品

東武百貨店 池袋本店では桜の開花を目前に控えたいま、お花見を楽しむ商品を充実させており、2021年3月18日(木)より食品フロアで開催している「SAKURAふぇす」では、春らしい東武限定品のお弁当やオードブル、スイーツを販売します。その他、桜をイメージした食器や、桜の盆栽など、イエナカお花見を演出するアイテムを展開しています。
昨年に続き本年も、コロナ禍で外でのお花見を楽しむことが難しい状況が続いています。そこで当店では、「イエナカお花見」で春の訪れを感じてもらえる商品展開に注力しています。

ピックアップ

ピックアップ