日本の職人たちが創り出す“本当にいいもの”を取り扱うサイトがリニューアル

2022.03.11

「TAKUMI TOKYO」は「つくるひと」から「つかうひと」へ確かな技術と想いを届ける架け橋となるよう立ち上げられた企業です。
2022年3月1日(火)、WEBサイト&ECサイトをリニューアルオープンいたしました。職人=匠(TAKUMI)の想いが伝わる「読み物」コンテンツも充実、より使いやすいサイトへと生まれ変わります。2月21日(月)には海外に向けてのクラウドファンディングもスタートし、国内外に日本のものづくりの素晴らしさをお届けします。

取扱いプロダクト一例

凛 -RIN-
『香りで空間をデザインする』をコンセプトにおやすみ前や読書の傍に、リラックスアイテムとしてご使用いただけるお香・香炉など

価格例: お香各種(3種類):3,520円~
お香立て(凛・香炉):14,927円~

-HAORI KOIKUCHI-
<播州織/絞り&グラデーション染め>
先染め織物で有名な【播州織】の綿生地を使った鯉口シャツ。
老舗染色工場の高い技術で表現された、異なる2つの染色技術をMIXし丹精込めて創り上げられています。

価格: シャツ(29,700円~)
パンツ(35,200円~)

「TAKUMI TOKYO」クリエイティブディレクター

田中 将実
1986年、東京都生まれ。

「心が躍る、豊かな暮らしを届けたい」

2011年、革職人を目指して単身ヨーロッパへ。帰国後、都内で友人とアパレルショップをオープンし、デザインから縫製までを手掛ける。その後、ものづくりと向き合うなかで、自分自身のやりたい事をより強く表現したいと考え独立。「暮らしに寄り添うものづくり」を体現し、商品を通して「心が躍る、豊かな暮らし」を届けるため、2017年「TAKUMI TOKYO」を立ち上げる。

東京香堂Tokyo-Grasseと開発したお香(左)とクリエイティブディレクター 田中 将実

クラウドファンディング

2009年米国でスタートしたクラウドファンディング「Kickstarter」にて、60日間限定で「凛」ブランドへの支援(購入)を受け付けています。

>プロジェクトへのリンクはこちら

支援期間:2022年2月21日(月)~4月22日(金)

>公式Instagram
>公式YouTube

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ