長楽館を味わう「長楽館モダンタイルタルト」 モダン建築の京都展とのコラボレーション

2021.09.11

1909年に煙草王と呼ばれた実業家 村井吉兵衛の別邸として建てられた明治時代の洋館「長楽館」は、往時の洋館の造りをそのままに、カフェ・レストラン、バー、スイーツブティックとして営業しており、隣接する新館にはホテルも設けています。
2021年9月25日(土)より京都市京セラ美術館「モダン建築の京都」とのコラボ商品「長楽館モダンタイルタルト」を販売します。

京都市指定有形文化財 長楽館 外観
伊藤博文直筆の扁額

■コラボ商品「長楽館モダンタイルタルト」

「長楽館モダンタイルタルト」は「長楽館を味わう」をコンセプトとして、1909年の建築当初より残る、長楽館 旧温室(現:長楽館BOUTIQUE)のタイルの柄を映して作られました。

タルトの中には、長楽館パティシエが長年愛用している、特有の甘味を持つ薫り高いパルマギルジェンティ種アーモンドをたっぷり使用した自家製クリームが詰まっており、国産小麦を使ったサクサクのクッキー生地との相性も抜群です。香ばしく、中はしっとり。シンプルな美味しさの際立つタルトです。

セットのドリンクは、長楽館オリジナルのコーヒーもしくは紅茶をお選びいただけます。
「長楽館オリジナルブレンドコーヒー」は、特別焙煎の自家挽き豆をネルドリップで抽出。雑味がなく深煎りの香ばしい香りとまろやかな口当たりが好評です。

「長楽館オリジナルブレンドティー」は、スリランカ産ブラックティーをベースに、南アフリカ原産のハーブであるハニーブッシュを加えており、クセのない自然の甘みや香りが味わえます。

また、京都市京セラ美術館「モダン建築の京都」展の入場券の提示により「長楽館モダンタイルタルト」の値引き優待も行います。

販売価格:1,800円 ※セットドリンク(コーヒーもしくは紅茶)付き ※イートインのみ

長楽館 旧温室(現:長楽館BOUTIQUE)

京都市京セラ美術館「モダン建築の京都」展 概要

会期: 2021年9月25日(土)~12月26日(日)
※月曜日は休館(ただし祝日は開館)
時間: 10:00~18:00(入場は17:30まで)
会場: 京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
観覧料: 一般1,900円、大学専門学生1,400円、高校生900円、
小・中学生400円、未就学児無料

*公式オンラインチケットe-tixからの購入で各当日料金から100円引き
*全て税込
*京都市内に在住(通学)の小・中学生は無料
*障害者手帳等のご提示により本人及び介護者1名無料

>京都市京セラ美術館「モダン建築の京都」展公式サイト

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ