神奈川県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol15.小田原宿~箱根宿<後編> 甘酒とか富士山とかたまプラーザの出女とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

ついに箱根越えに成功し、箱根関所に到着した僕。訳あって関所破りをした出女をやさしく裁いたつもりだったのですが…

とうとう芦ノ湖に到着

甘酒茶屋は400年の歴史を持つ老舗。ここは旧道の車道にも面していて、観光バスなんかも脇に停まっていて、かなりの賑わいです。

そしてこれが名物の甘酒と磯辺餅。
甘酒400円、餅500円、都合900円です。
一般の庶民の感覚からしたらべらぼうに高いのですが、峠を越えてきたあとだと値段関係なく沁みます。

なお高貴なる私にとっては甘酒も、甘すぎずにおいしいので文句はありません。

歩きはじめて3時間ちょっと。はじめてまともに休んで、ようやくまた元気が出てきました。

甘酒茶屋を過ぎても相変わらず登りは続くのですが、気分的にラストスパートモードになっているので、さほどつらい感じはしません。

そして標高820m、箱根宿までの最高地点を越えると、道が下りとなり、とうとう芦ノ湖が見えてきました。やったー。

芦ノ湖を見下ろしながら、湖畔の元箱根へとズンズン下ります。

何度も来たことのある元箱根地区の遊覧船乗り場ですが、間違いなく今日が最も愛おしい感じです。

思わず遊覧船に乗っちゃおうかと思いましたが、男のおひとりさま芦ノ湖遊覧は、アヒルボートのシングルユース以外推奨されていないので、やめておきました。

箱根神社の大鳥居の向こうに、駒ケ岳とロープウェイが見えますね。

湖畔にある「成川美術館」。

今日は時間がないので入りませんが、ここの展望ラウンジから見える富士山は、天気がよければ間違いなく館内で一番美しい作品だと思います。

湖畔に沿って旧街道をすすむと両側に見事な箱根の杉並木が現れます。

これは徳川幕府が、旅人に木陰を与えようと道の両側に植えた、東海道では唯一のもので、約420本が残っているそうです。

現代の出女をやさしく裁く

しばらくすると、杉並木の間から見事な富士山が見えたので、再び湖畔にかけ降ります。

実はこれが東海道ふらっと完歩では初めての富士山との対面です。

普段、東京のオフィスから見える夕暮れの富士山は、逆光になってしまっているので黒々としていますが、この角度からの金色の富士山は幻想的ですね。

葛飾北斎 富嶽三十六景 相州箱根湖水図 │ 北斎にも描かれた芦ノ湖から望む富士山。ちなみに"富嶽"とは富士山の別名。その姿が段々と近づいてきました。

芦ノ湖沿いに旧道をすすみ、富士山が恩賜箱根公園の高台に隠れてしまうと、箱根関所跡になります。

夕方で閉園が近かったので、中には入りませんでしたが、せっかくなのでしばらくの間、関所を通過する入り鉄砲とか出女とかを取り締まってみることにしました。

正直なところ、入り鉄砲については全く興味がないので、おひとりさまの出女(江戸から関所を越えて外へ出てゆく女性)に絞って見張っていると、さっそくたまプラーザ在住の主婦36歳が、こそこそと逃げるように関所を通り過ぎようとします。

慌てて彼女を呼び止めて、通行手形を要求すると、彼女は今にも泣き出しそうな表情で関所破りの弁明をはじめます。

旦那が海外単身赴任中で、退屈な毎日に耐えられなくなり、ついつい刺激を求めて江戸から逃げ出し、ひとり旅へ手を染めてしまったのだ、というのです。

関所破りは本来、磔の刑に処すことが決まりであるが、と僕は言いました。
「そなたの事情を酌量し、今回は特別に通行を許すこととする。
 旅は万能の薬、大いに旅を楽しみたまえ。
 だかしかし、間もなく日も暮れることだし、これから先は暗くて大変危険である。
 よかったらそれがしの部屋の片隅でひと夜を過ごしてから先へ進んでもよいのではないか。」

彼女は、関所破りを免じてくれたことに大いに感謝の言葉を述べた後、けれども、と言ってその表情を引き締めて言いました。

「それはいやです。ごめんなさい」

ということで、僕はるるぶトラベルの「東海道テキトーウォーカー向け おひとり様用格安宿泊プラン」で予約した旅館で、ひとり寂しく箱根の味覚に舌鼓を打ったのでした。

今回の結果:小田原宿~箱根宿 14.8kmを制覇! 
実際の歩行距離は寄り道入れて17.68キロを4時間55分
東海道ふらっと完歩まで:現在の合計 98.1㎞/495.5km

Vol 16.へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol14.小田原宿~箱根宿<中編> 涙こぼるる苦しい坂とか、猿も滑る坂とか

新着

新着

注目の記事

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

青森県

観光

奥入瀬渓流ホテル 雪かきで自ら参拝までの道を切り開く!「冬の十和田湖開運ツアー」実施

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では2021年2月1日~3月22日の土日限定で、「冬の十和田湖開運ツアー」を実施します。本州最北端に位置する青森県は、厳しい自然と地形が織りなす、霊的で幻想的なパワースポットが多く存在し、1年の始まりを旅するには最適な場所です。当ツアーでは、下北半島の恐山と共に、北東北の二大霊場と呼ばれる十和田神社へ参拝します。これまで、冬は降り積もった雪で参拝するのも一苦労な状況でしたが、雪国ならではの体験として、スノーシューを履き雪かきで自ら参拝までの道を切り開きます。

東京都

イベント

冬といえば“猫”の季節!累計85万人動員の「ねこ休み展」 冬の本祭は新スター猫や限定コラボグッズ展開!1/22~東京で開催

85万人以上を動員した人気の猫クリエイターが集結する合同写真展&物販展の「ねこ休み展」冬の本祭を、2021年1月22日(金)~2月28日(日)にTODAYS GALLERY STUDIO.(東京・浅草橋)にて開催いたします。「ねこ休み展」も6周年に突入。冬の本祭は新たなスター猫登場や限定コラボグッズ、猫の日特別企画など、癒しの猫の祭典をお送りいたします。

--

観光

竜泉寺の湯、全国約16,000施設から 「ニフティ温泉 年間ランキング2020」にて各部門を受賞

オークランド観光開発株式会社が運営する「竜泉寺の湯」が、このたび全国約16,000施設からランキング形式で発表された「ニフティ温泉 年間ランキング2020 温泉ランキング」で数々の部門を受賞しました。昨年リニューアルオープンした「横濱スパヒルズ(全国総合2位)」をはじめ、ユーザーの投票数で決めるランキングでは、「草加谷塚店」が全国2位の人気施設となっています。

ピックアップ

ピックアップ