滋賀県

文化

BIWAKO MY DESIGN TRIP第5弾  世界文化遺産 比叡山延暦寺での 護摩祈願&精進料理ランチプラン

2020.12.29

琵琶湖ホテルは、「BIWAKO MY DESIGN TRIP~レイクリゾートで見つける、自分らしい旅のカタチ~」第5弾として、“世界文化遺産 比叡山延暦寺での護摩祈願&精進料理ランチプラン”を2021年1月6日(水)から販売いたします。

withコロナの時代に、アクティビティを通して心身ともに健康を維持することを目的とする「ウエルネス」や、近場の旅「マイクロツーリズム」の需要が高まっています。

琵琶湖ホテルでは、地元の自然、資産を生かしたプランを造成することで、地域の発展に寄与し、お客様にも満足いただける、連泊型プランのご提供を進めています。今回は、大津・坂本エリアの歴史の面影を辿り、比叡山の静寂の中で心を癒していただけるプランのご提案です。

琵琶湖ホテルから遥かに見上げることのできる霊峰・比叡山。延暦寺は伝教大師 最澄が比叡山中で修行をし、のちの根本中堂を建立したことに始まる、天台宗の総本山です。

「日本仏教の母山」と称されるほど多くの高僧を輩出し、平安時代以降、日本の歴史と文化に数多の影響を与えました。世界遺産(文化遺産)に登録され、滋賀県観光の最大の魅力の一つとなっています。

比叡山頂に登り、延暦寺の塔頭、千日回峰行の拠点である無動寺谷明王堂で阿闍梨様による護摩祈願を受けていただきます。静寂の中で護摩の炎を見つめ、自身を省みる非日常のひとときが、旅の忘れられない思い出を作ります。

世界文化遺産 比叡山延暦寺

法華総寺院東塔

比叡山の山上山下に現存する100以上の堂塔伽藍の総称が
延暦寺です。平安時代には三塔十六谷に三千といわれる大寺院群がありました。東塔にある現在の根本中堂(国宝)が全山の総本堂で、江戸時代に落慶しました。

根本中堂は、平成28年から令和8年まで大改修中ですが、ご参拝は可能です。体験当日は、比叡山坂本観光ボランティアガイドによる、建造物の概略についての案内もあり、延暦寺の歴史を知ることができます。

無動寺谷明王堂と護摩供養

明王堂

無動寺谷は延暦寺の東塔にある塔頭で、千日回峰行の拠点。別名「南山」と呼ばれています。ケーブル延暦寺駅から参道を20分ほどのウォーキングで到着。

ご本尊は不動明王。護摩供養とは密教のお勤めの一つ。
五穀・五香・香油などの供物とともに願い事を記入した木(添護摩木)を燃やし供養することによって、所願を成就させるものです。阿闍梨様の真言の声がお堂に響きわたります。

精進料理ランチ

延暦寺会館でのランチは、奈良時代から仏門に帰依する人々の間で食されていた精進料理。素材を無駄なく調理することにより、生命の尊さを感じる料理です。いただいた生命に向き合い、一も粒残さず感謝して食べることの大切さを教えられます。

比叡山延暦寺での護摩祈願

◇開催日
2021年1月6日(水)~通年 毎週水曜日

◇タイムスケジュール

10:00 坂本ケーブル乗車(推奨)
10:15 「ケーブル延暦寺」駅集合
比叡山坂本観光ボランティアガイドと合流、徒歩にて明王堂へ(約20分)
11:00 明王堂にて護摩祈願(約60分)
巡拝受付、延暦寺会館へ
12:30 延暦寺会館にて精進料理ランチ、自由散策・解散

◇集合場所へのアクセス
<電車の場合>
京阪電車「びわ湖浜大津」駅~「坂本比叡山口」駅、
坂本の町並みを散策しながら「ケーブル坂本」駅へ
<車の場合>
延暦寺第3駐車場利用(無料)別途ドライブウェイ料金がかかります。
※当日は、歩きやすい靴、動きやすい服装でご参加ください。

琵琶湖ホテルの宿泊プラン

◇「世界文化遺産 比叡山延暦寺での護摩祈願&精進料理ランチ」付宿泊プラン
(朝昼食付、火曜日もしくは水曜日の宿泊、体験は水曜日)

料金: 1名様21,100円~(消費税・サービス料・入湯税込)
予約方法: WEB予約またはお電話(宿泊予約 077-524-1255)

>詳細はこちら

<宿泊プランのオプションとしてご予約可(護摩祈願&精進料理ランチのみ)>

◇「世界文化遺産 比叡山延暦寺での護摩祈願&精進料理ランチ」付日帰りプラン(温泉入浴付)
(火曜日もしくは水曜日宿泊、体験は水曜日)

料金: 1名様11,000円~(消費税・サービス料込)
予約方法: お電話(宿泊予約 077-524-1255)

※1 最少催行人数2名、定員15名
※2 申し込みは11日前15時までの予約制
※3 護摩祈願(添護摩木1本含む)、延暦寺拝観料、精進料理ランチ、ガイドも料金に含まれます

BIWAKO MY DESIGN TRIP

~レイクリゾートで見つける、自分らしい旅のカタチ~
昨今変化しつつある旅行スタイルに合わせ、安全・安心な旅はもちろん、歴史・文化といった湖国の魅力に触れる旅、ウエルネスをテーマにした健康志向の旅など「ゆったりと寛ぐ」だけでなく、様々な旅のたのしみを取り入れたプランをご提案する、琵琶湖ホテルの新しいコンセプトです。

新型コロナウイルス感染症に関する取り組み

【新しい生活様式の中のホテルライフ お客様の安全・安心のために~STAY at HOTEL~】
お客様の健康と安全を第一に考え、お客様に安心してご利用いただけるよう「琵琶湖ホテル 安全・安心基本ポリシー」に基づき、営業しております。

>詳細はこちら

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ