日本の伝統文化を気軽に体験できる舞妓ディナーショー

2019.12.13

最少催行人数1名から開始2時間前まで予約可能な京都の舞妓ディナーショーを2019年10月6日(日)よりオープンいたします。京都市認定通訳ガイドが舞妓や花街について英語で解説しながら京都の伝統文化に触れていただけます。

『烏丸六角・弘庵はなれ』の特長

1.最少催行人数1名から開始2時間前まで予約可能でスマホで事前決裁しキャッシュレスでスムーズにサービスを体験できます。
2.京都市認定通訳ガイドによる英語翻訳で京都の伝統文化である舞妓や花街について知り体験することができます。
3.ディナーとしていただくお料理は京都の老舗の「御料理 井傳」の四季折々の味覚と日本各地の日本酒飲み比べセットが味わえます。

サービス詳細について

開催日時: 毎週火曜日・金曜日・日曜日
開催時間: 18:00〜20:00(終了予定)※開場は17:30より
開場名 : 烏丸六角 弘庵(こうあん)はなれ
アクセス: 京都府京都市中京区骨屋町150−2
開催内容: 18時開宴、お食事 舞の鑑賞、お座敷遊び、記念撮影、 花街の魅力を説明、Q&Aなど 20時終宴予定(最終退場21時)

公式サイト(英語):https://koanhanare-maiko.com/
公式サイト(日本語):https://jp.koanhanare-maiko.com/

公式サイトより開催当日2時間前まで事前予約可能です。最少催行人数は1名からで実施されますので1名からでもご参加いただけます。もちろん日本人の方でも楽しめる内容になっております。また最大20名までの貸切にも対応しており、貸切の場合は曜日や時間を問わずお問い合わせいただきご対応させていただきます。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ