【九州国立博物館】癒しの新スポット『九博庭園 足湯茶屋』がオープン

2024.01.28

2024年2月6日(火)より九州国立博物館内に季節の風を感じながら軽食やスイーツに舌鼓を打ち、ゆったりと足湯をお楽しみいただける新スポット『九博庭園 足湯茶屋』がオープンとなります。

疲れた足をほぐしながら、九州の銘茶と甘味を楽しめる、新たなくつろぎスポット

太宰府の豊かな自然を散策したり、博物館での展示を心行くまで楽しんだ後は、季節の風を感じてほっと一息つくお時間を楽しんでいただけたら幸いです。甘味以外にも、鰻むすびなどの軽食をご用意しております。九州国立博物館内においてゼットンが手掛けるのは、昨年12月にオープンしたレストラン「いい乃じ」に続いて3店舗目となります。

ご利用方法

茶屋セット、カフェセットのいずれかお好きなセットをお選びください。
全てのセットメニューには、足湯の料金(タオル付き)が含まれています。

※ご利用時間は、1組様45分とさせていただきます。
※雨天の場合は、中止とさせていただきます。

「九博庭園 足湯茶屋」店舗概要

時間: 11:00〜17:00
休日: 博物館の休館日に準ずる
所在地: 福岡県太宰府市石坂4丁目7-2 九州国立博物館内

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ