未来の旅のチケットで宿を応援する「TRIPTICKET」

2020.04.21

新型コロナウイルスの影響により、全国の宿泊施設の運営が危ぶまれています。すでに廃業に追い込まれている宿泊施設や、従業員の削減が行われているのが事実です。各国の外出禁止令やロックダウンの影響により、訪日外国人は激減、国内旅行者に関しても非常事態宣言が発令された今、皆無に等しい状況です。この状況をなんとか乗り越えようと各社奮闘している中、何かできることはないかと考え、TRIPTICKTを立ち上げました。

「今は旅行に行けないけど、コロナ騒動が落ち着いた時には、あんな所やこんな所に行ってみたい」、「以前訪れたホテルにもう一度行きたい、なんとか存続して欲しい」―—このような思いを持った方々の支援と、今苦しんでいる宿泊施設をマッチングするサービスがTRIPTICKTです。

■ TRIPTICKETとは?

1口1チケットとし、支援者からの売上を先行して加盟店様にお支払いし、 経済的に支援するサービス。 支援者には購入費用+◯◯%(任意)のチケットを発行し、宿泊施設には売上を先払いすることで、双方にメリットのあるサービス設計となっています。

■ TRIPTICKETの仕組み

支援者が行きたいホテルのチケットを購入すると、その購入費用がTRIPTICKTを通じて先に宿泊施設に支払われます(当月締め翌月末払い)。支援者は、購入費用+ ◯◯%(任意)分のサービスを利用することができます。コロナ騒動が落ち着いた時、すでに購入しているTRIPTICKTを利用し、宿泊することが可能です。

■ 利用の流れ

1.支援者が行きたいホテルのチケットを購入 (※予約時、現地決済を選択)
2. メールで電子チケットを受け取る
3. チケットを宿泊時にフロントで提示。宿泊施設側で確認後、使用済みの処理が行われる

■ お金の流れ

例:宿泊施設が特典を10%に設定し、支援者が1万円のチケットを購入した場合
この場合、宿泊施設には8,500円(売上から15%引かれた金額)が支払われます。
(OTA経由の予約と同等の手数料%を想定)

■ 株式会社FULLCOMMISSIONについて

ゲストハウス・シェアハウス・ホテルなどの「人が価値をつくるコミュニティ事業」を国内外で展開。Hostelブランドである“Ten to Ten”は札幌に加え、メキシコ、コロンビア、タンザニア、ウガンダ、ベトナムに拠点をもち、現在11拠点に及ぶ。

直営事業のほかにも国内での旅館再生事業や他社ゲストハウスの支援事業や、AIを活用したシステムの開発・展開など、オンラインオフラインの場を使いコミニティ作りとそのサポートによって、関わる人々の未来の一歩を創る事業を行っている。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ