東急ハンズ、2020年7月1日よりショッピングバッグ有料化  ~資源の使用量を減らし、できることから環境を守る取り組みを~

2020.06.12

株式会社東急ハンズは、地球環境に配慮した持続可能な事業構築に向けた取り組みの一環として、資源の使用量を減らし環境を守るため、2020年7月1日よりショッピングバッグを有料化いたします。さらに、使用する包装資材を、環境負荷の低減に配慮した素材へ順次変更いたします。

■ショッピングバッグの有料化(2020年7月1日 開始)
現在、東急ハンズでは、マイバッグ使用の呼びかけを強化し、お客様とともに包装資材の使用量を減らす活動を行っておりますが、さらなる使用量低減、廃棄物削減にむけてショッピングバッグを有料化いたします。対象店舗は東急ハンズ全店、ハンズ ビー全店、プラグス マーケット草津店・下関店。価格は全サイズ一律10円(+税)といたします。なお、収益の一部は環境保護団体への寄付を予定しております。

■包装資材の切り替え(2020年7月より開始)
現在、東急ハンズでは、紙製のほかにポリエチレン製のショッピングバッグを採用しておりますが、地球環境への配慮から、2020年7月より順次ポリエチレン製を廃止し、紙製のショッピングバッグへ切り替えを行います。また、紙製ショッピングバッグでは対応できない大きな商品の包装には、再生可能な有機資源を活用したバイオマスプラスチック製のショッピングバッグを新たに採用する予定です。

■マイバッグ利用の推奨
東急ハンズでは、7月より実施する包装資材の変更によって、地球規模の課題である「プラスチックごみによる海洋汚染」に対応いたしますが、さらに紙製の袋を含めた包装資材の使用自体の削減を目指すために、マイバッグのご利用を推奨しております。2020年4月より、マイバッグご利用のお客様には、ハンズクラブポイント2ポイント(2円相当)を付与することで、お客様にも環境配慮への参加意識をお持ちいただく好循環を生み出しています。

■地球環境保全への取り組み
・手のなかのエコ
環境に配慮し、限りある資源を大切に使うための商品に「手のなかのエコ」マークを付けて販売する活動を2011年より10年間続けています。このマークが付いた商品をお買い上げいただくと、ハンズクラブポイントが4%アップし、さらに売上の1%はNPO法人「そらべあ基金(※)」に寄付されます。
※再生可能エネルギーの普及啓発と環境教育を行うNPO法人

・ハンズ グリーン ブランチ プロジェクト
2015年1月の発売より累計11万本を販売している、三菱鉛筆とコラボレーションした「ハンズ グリーン ブランチ プロジェクト」のボールペン。持ち手部分に、東急不動産ホールディングスグループの環境活動「緑をつなぐ」プロジェクト(※)で保全する森の機能を維持するために産出された間伐材を使用しています。
※東急不動産ホールディングスグループがお客さまと一緒に森林を保全する取り組み

東急ハンズは、東急不動産ホールディングスグループとしてSDGs(※)にも積極的に取り組んでおりますが、今回の取り組みでは「つくる責任 つかう責任」「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさも守ろう」の考えからSDGsの実現に貢献いたします。
※ Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標

新着

新着

注目の記事

東京都

伝統

芸術

文化

「小松美羽展 岡本太郎に挑むー霊性とマンダラ」開催/岡本太郎との調和により生まれた”奇跡”のライブペイント

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

京都府

観光

おとなの好奇心と遊び心を刺激する空間が誕生【プリンス スマート イン 京都三条】

京都観光はもちろんビジネスにも利便性の良い場所に建つ「プリンス スマート イン 京都三条」。現代の町家をイメージし、京町家の特徴とも言える格子戸、出格子などを組み合わせて構成されたファサードは決して華美ではないが、美しいリズムや動きを感じる洗練されたデザイン。京都滞在への期待感を喚起する要素の一つとなっています。

ピックアップ

ピックアップ