店舗限定商品に大反響 国内売り上げトップの傘ブランドWpc.が初の直営店を心斎橋パルコにオープン

2020.11.29

傘ブランド「Wpc.™」が、全国で初めての直営店舗をオープンしました。

「Wpc.™」は国内の傘ブランド単体でトップの売り上げを誇り、レディースのみではなく、キッズ、メンズ、傘以外にもレインコートやレインバックなど様々なレインアイテムを展開しています。

心斎橋パルコでの出店となり、ブランドの世界観を発信する場として、Wpc.が誕生した大阪での出店を選びました。直営店舗では、定番の人気商品をはじめ店舗限定商品も数多く展開し、Wpcが考える、傘を持つことへの美意識を発信していくとしています。

また、傘だけでなく店舗限定商品がオープンから大人気で、SNSや報道を見た遠方のお客様からの問い合わせが相次いでいます。

大人気のシャイニーエコバック 1日で100個近く売り上げています。(¥1,700円+税)

Wpc.が得意とするオリジナルテキスタイルを活かしたハンカチやフェイスタオルも人気です。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ