【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.50 石部~草津宿編 東経136度とか、ロームのイルミネーションとか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

旧東海道は草津の宿で中山道と合流し、そこから先は京都まで同じ道となります。そう考えるといよいよゴールが近づいてきた感がありますね。この日はクリスマスだったので京都でやっているイルミネーションイベントにも行ってみたのでした。

中山道と合流地点草津宿!

水口の宿場を出たのがまだ7時前だったので、今日の旅程のちょうど真ん中にある石部宿に着いても、まだ午前10時すぎ。石部駅に併設の観光案内所のようなところでたっぷりと休憩して再び草津へと向かいます。

ここは国の指定重要文化財、和中散本舗。

家康が腹痛を起こした時、ここの薬を服用し快復したところから「和中散」と名付けられ、その後も道中薬として広く普及した薬を製造販売していたのがこの和中散本舗。この建物は石部と草津との「間の宿」の本陣とされ、東海道名所図会にも描かれているほど有名だったそうです。

石部と草津との中間点近くにある手原駅。東経136度の通る駅だそうですが、いろんな称号があるんですねー。

日本標準時子午線が通ってる東経135度(明石のあたりですね)なら自慢してもいいかもしれないけど、136度ってびみょー。

駅前の石碑を見ながらそんなふうに思っていたら、ジャジャン!とTVのクイズ番組のような効果音とともに赤いメガネの女の子が横から飛び出てきて、僕に突然質問を投げかけます。

「では問題。日本標準時子午線である東経135度が通る明石市と、この東経136度が通る手原駅の日の出の時間差は何分か答えなさい」

「・・・・・えっと、24×60÷360で・・・4分こっちが早い」

「だいせいかーい、ちゅうううううう」

ってなわけないか。。。

そして突然現れたのはUFOじゃなくってカップヌードル!
これはおなじみ日清食品の滋賀工場ですな。わかりやすくていいですよね。近くまで来たらまず迷うことないし。

この立派な建物は田楽茶屋「京伊勢屋跡」。

目川と呼ばれたこのあたりは豆腐田楽発祥の地だったらしく、こうした茶屋が何軒もあったようです。

草津宿の手前、旧東海道からは少し外れた幹線道路沿いにあるのが本家「うばがもちや」。

うばがもちは、400年以上続く草津名物・東海道中でも屈指のスイーツ。

信長に滅ぼされた近江源氏佐々木義賢の3歳になる曾孫を育てるため、その乳母が餅をつくっては売り、つくっては売り、養育の糧としたことから、誰からともなく「姥が餅」と呼ばれたのだといいます。

おひとりさまなので、ミニサイズ買っときました。うばがもちやから旧東海道に戻ると、草津の宿はもうすぐ。

この追分道標は東海道と中山道の分岐点という超重要スポット!ここから三条大橋までは東海道と中山道が合流した大幹線だったんですねー。

歌川広重 東海道五十三次 草津 名物立場 │ 賑わいを見せる当時のうばがもち屋。草津は交通の要所として大変栄えました。

ということは、東海道を完歩して、万万が一、中山道にチャレンジすることになると、ここがゴールってことですかね。。。ま、まだこのあとのことは考えてないのでいいんですが。。。

これが草津宿本陣跡。

草津本陣の周辺は、まわりの店舗も旧道らしく整備されていて統一感がありました。

<番外編>京都名物ロームのイルミネーション!

この日は京都に泊まったのですが、朝早くから歩き始めたこともあり、まだ日が高いうちにゴールしたので、もうひとつ夜の観光に出かけてみたのでした。
それがロームのイルミネーション。

これは京都に本社を持つ「ROHM(ローム)」という半導体・精密機器の会社が、本社の周辺を80万個の電球で彩る恒例のイベント。

企業の社会的貢献活動として、無料で誰もが楽しむことのできる、素晴らしい取り組みですよね。

もちろんしっかり収益を上げている優良企業でなくてはできないことですが、このROHM、超優良企業なんですよ。私、株やってますから、この会社のスゴさ、よーくわかります。

イルミネーションは比較的シンプルで、本社周辺の通りの樹々を彩る電球が中心。隣接した公園に巨大なLEDのビジョンがあり、ちょっとしたイベントが行われているようです。

お一人様だったか京の雅な女が一緒だったかは秘密にしますが、この日はたまたまクリスマスの夜。ちょっとそれっぽい気分になったので、よかったことにしましょう。

あ、うばがもちのところで思いっきりお一人様ってカミングアウトしてましたね。

この日の結果:水口宿~草津宿 25.5kmを制覇!
東海道ふらっと完歩まで:現在の合計 469.6㎞/495.5km

<2017年12月25日訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol.51へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.49 水口宿~石部宿編 碁苦楽快館とか、飛び出し坊やコレクションとか

新着

新着

注目の記事

神奈川県

買い物

食べ物

老舗和菓子屋がサブスク!? 名物ゴーフレット『鎌倉半月』が定期的にたっぷり届きます

鎌倉の老舗和菓子屋「鎌倉五郎本店」がサブスクリプションを開始いたします!『鎌倉半月』は、お菓子の通販サイト「パクとモグ」で16年連続ご注文数第1位を獲得した大人気スイーツ。地元・鎌倉では「半月さん」と呼ばれたりするほど愛されている代表銘菓です。その『鎌倉半月』から、定期的に届く『鎌倉半月たっぷり定期便』が誕生しました。
「鎌倉五郎本店」のシンボルである月うさぎが、みなさまのご自宅に鎌倉スイーツをお届けします。一般販売の受付は3月25日(木)よりオンラインショップで開始。みんながハマるこの味を是非サブスクでお楽しみください。

静岡県

飲食店

まるで銭湯!? 熱海温泉がテーマの“チーズスイーツ”専門店が初登場! チーズファクトリー「熱海ミルチーズ」3/20(土・祝)オープン

株式会社フジノネは、「熱海温泉」と「お風呂」をテーマにチーズとお風呂の定番『牛乳』を使用した本格チーズスイーツをお楽しみいただけるチーズケーキファクトリー「熱海ミルチーズ」を2021年3月20日(土・祝)10時よりグランドオープンしました。
当店は、熱海スイーツブームの先駆けとも言われる「熱海プリン」がプロデュースしており、熱海ならではのレトロ可愛い“新感覚チーズケーキ”を多数お届けします。

神奈川県

観光

横浜・石川町のゲストハウス「ヨコハマホステルヴィレッジ」の屋上プライベートガーデンがグランピングテントを設置した『BEANSTALK(ビーンストーク)』としてリニューアル

国内外のバックパッカー向けのゲストハウス「ヨコハマホステルヴィレッジ」の屋上が、遠出をせずに身近で気軽に非日常体験を味わえる都市型グランピング空間「BEANSTALK(ビーンストーク)」してリニューアル。通常のゲストハウスの宿泊プランとセットで販売開始。

京都府

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.53 大津~三条大橋 後編 そしてゴールの三条大橋へ!涙の完結編!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

いよいよ東海道ふらっと完歩涙のゴール!テキトーに細切れに、都合2年間かけて京都三条大橋に到着しました。始めた頃は本当に完歩するか半信半疑だったけど、こうしてコンプリートできたってことは、それだけ旧東海道が魅力的だったんだなと思います。日本人なら一度は東海道ふらっと完歩、やるべきだと思います(笑)

東京都

買い物

食べ物

今年はおうちで春を楽しもう! 東武百貨店で“イエナカお花見”を楽しめる商品

東武百貨店 池袋本店では桜の開花を目前に控えたいま、お花見を楽しむ商品を充実させており、2021年3月18日(木)より食品フロアで開催している「SAKURAふぇす」では、春らしい東武限定品のお弁当やオードブル、スイーツを販売します。その他、桜をイメージした食器や、桜の盆栽など、イエナカお花見を演出するアイテムを展開しています。
昨年に続き本年も、コロナ禍で外でのお花見を楽しむことが難しい状況が続いています。そこで当店では、「イエナカお花見」で春の訪れを感じてもらえる商品展開に注力しています。

ピックアップ

ピックアップ