藍染めの布、楢に漆塗りを施したソファを発売  石見銀山 群言堂×オークヴィレッジの初コラボレーション

2020.06.19

ライフスタイルブランド「群言堂」を展開する株式会社石見銀山生活文化研究所と、国産材を用いた木製家具制作を手掛けるオークヴィレッジ株式会社との、初コラボレーションとなるソファを2020年6月1日より発売いたしました。

日本で古くから用いられ、現代でも広く愛される藍染めの布。そして、日本の森で時間をかけて育った楢(ナラ)に漆塗りを施した、美しいソファが完成しました。
衣類を中心に、日本の古き良き技術や生活文化から学ぶ「根のある暮らし」の提案を続ける群言堂。そして、「木」という素材を用いて、木の持つ表情を大切にした木工を続けるオークヴィレッジ。
日本の素材や伝統にこだわりながらも、時代に合わせて進化を続ける。
そんな二つの会社だからこそ実現した、まさに「日本の家具」と言えるソファです。

コラボレーションソファについて

今回、藍染めのクッションカバーを群言堂、木部をオークヴィレッジが制作いたしました。藍染めのカバーは背面と座面で異なる染めや織りを施し、楢(ナラ)を用いた漆塗の木部は、金具を使わず全て木組みを用いるなど、随所に職人の技術が込められています

「群言堂×オークヴィレッジ コラボレーションソファ」の概要

名称: 群言堂×オークヴィレッジ コラボレーションソファ
販売開始日: 2020年6月1日
価格: 2人掛:380,000円(税別)(1人掛、3人掛も販売)
仕上げ: 拭き漆塗/黒色漆塗
サイズ(約): 幅158×奥行75×高さ79cm
販売店: オークヴィレッジ直営店舗
群言堂(KITTE丸の内店、他一部店舗)、他
URL: オークヴィレッジ コラボレーションソファ販売ページ

オークヴィレッジは岐阜県高山市で、創業当初より循環型社会を目指し、国産材を活用した木製品の製造・販売を行っています。また、「100年かかって育った木は100年使えるモノに」という理念のもと、お椀から建物までを手がける木工集団です。

新着

新着

注目の記事

東京都

飲食店

食べ物

【ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明】グランドエール presents ハロウィン 賢者の晩餐会 開催

2023年9月1日(金)より10月31日(火)までの期間、ホテル内レストラン「オールデイダイニング グランドエール」にて、秋の収穫を祝う祭典“ハロウィン”をイメージしたブッフェ「グランドエール presents ハロウィン 賢者の晩餐会」を開催します。

長野県

観光

【星のや軽井沢】秋の寒暖差に負けない、心と体の健幸を取り戻す滞在プラン

「星のや軽井沢」では、2023年9月1日~11月30日の期間限定で「軽井沢 錦秋の健幸滞在」を実施します。機織り体験の前に庭師と共に敷地内を巡り、秋の自然が織りなす色の豊かさを知る体験「谷の秋色巡り」を新たに提供します。心の感度を高めながら心身を調え、季節の変化に対応する力を養うことができます。

東京都

芸術

【Shinwa Auction】丸ビルホールにて特別オークション開催。秀吉の逸話残る金茶道具一式が3億4500万円で落札。草間彌生「かぼちゃ」など注目作品が多数出品される。

Shinwa Auction株式会社(代表:倉田洋一郎)は5月27日(土)、東京・丸の内、丸ビルホールにて特別オークションを開催した。本オークションでは国内外のコンテンポラリーアートから若手作家による現代アート、日本画まで幅広く出品された。

オークションの目玉は伯爵藤堂高紹(とうどうたかつぐ)旧蔵、《金茶道具一式》。事前にTVメディアで取り上げられるなど注目を集めたが、 落札価格(落札手数料のみ含む)3億4500万円で落札されるなど盛り上がりを見せた。

ピックアップ

ピックアップ