藍染めの布、楢に漆塗りを施したソファを発売  石見銀山 群言堂×オークヴィレッジの初コラボレーション

2020.06.19

ライフスタイルブランド「群言堂」を展開する株式会社石見銀山生活文化研究所と、国産材を用いた木製家具制作を手掛けるオークヴィレッジ株式会社との、初コラボレーションとなるソファを2020年6月1日より発売いたしました。

日本で古くから用いられ、現代でも広く愛される藍染めの布。そして、日本の森で時間をかけて育った楢(ナラ)に漆塗りを施した、美しいソファが完成しました。
衣類を中心に、日本の古き良き技術や生活文化から学ぶ「根のある暮らし」の提案を続ける群言堂。そして、「木」という素材を用いて、木の持つ表情を大切にした木工を続けるオークヴィレッジ。
日本の素材や伝統にこだわりながらも、時代に合わせて進化を続ける。
そんな二つの会社だからこそ実現した、まさに「日本の家具」と言えるソファです。

コラボレーションソファについて

今回、藍染めのクッションカバーを群言堂、木部をオークヴィレッジが制作いたしました。藍染めのカバーは背面と座面で異なる染めや織りを施し、楢(ナラ)を用いた漆塗の木部は、金具を使わず全て木組みを用いるなど、随所に職人の技術が込められています

「群言堂×オークヴィレッジ コラボレーションソファ」の概要

名称: 群言堂×オークヴィレッジ コラボレーションソファ
販売開始日: 2020年6月1日
価格: 2人掛:380,000円(税別)(1人掛、3人掛も販売)
仕上げ: 拭き漆塗/黒色漆塗
サイズ(約): 幅158×奥行75×高さ79cm
販売店: オークヴィレッジ直営店舗
群言堂(KITTE丸の内店、他一部店舗)、他
URL: オークヴィレッジ コラボレーションソファ販売ページ

オークヴィレッジは岐阜県高山市で、創業当初より循環型社会を目指し、国産材を活用した木製品の製造・販売を行っています。また、「100年かかって育った木は100年使えるモノに」という理念のもと、お椀から建物までを手がける木工集団です。

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ