築140年の武家屋敷を温泉旅館に再生 「Nazuna 飫肥 城下町温泉 -小鹿倉(こがくら)邸-」

2020.03.04

江⼾時代末期に飫肥(おび)藩の藩医邸として建てられた築140年以上の武家屋敷を改修した、全5室の温泉旅館が2020年3月にオープンします。

飫肥地区は宮崎県日南市南部に位置し、安土桃山時代から明治初期までの約300年間、飫肥藩伊東家5万1千石の城下町として栄えた町です。飫肥城を中心に並ぶ武家屋敷と風格ある武家門、飫肥石の石垣などにより形成される美しい武家屋敷街が保存されており、江戸時代の武士・商人の暮らしぶりを現代に伝えます。

武家屋敷街
飫肥城

1977年には九州初の重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。また、周辺には「日本の棚田百選」に選ばれた坂元棚田や断崖の洞窟内に建つ鵜戸神宮といった観光スポットもあります。

城下町内での鯉の遊泳
飫肥杉の林

「⼩⿅倉邸」は、築140年以上の⺟屋 (約350㎡)と離れの納屋 (約45㎡)を改修した全5室の旅館です。全室に市内の北郷温泉から輸送された温泉をお愉しみいただける露天⾵呂を備えており、客室は全て飫肥の特徴をテーマとしたコンセプトルームといたしました。

飫肥のシンボルカラーである紫を基調とした「HONMURASAKI」、古くから飫肥の産業を⽀えてきた飫肥杉をテーマとした「SUGI」、飫肥の街並みのあちこちで⾒かけられるお茶の⽊の⽣垣から着想を得た「CHABOKU」、⽇南市の特産品である柑橘種をモチーフとした「DAIDAI」、飫肥の美しい⾵景に⽋かせない「KOKE」の、異なる5タイプの客室で、滞在を通じて飫肥の⾵⼟を感じる宿泊体験ができます。江⼾時代から今⽇まで守られてきた趣ある佇まいを保存・継承するため、建物外観の補修は最低限に留めたとされます。

左から、飫肥のシンボルカラーである紫、飫肥杉、⽣垣に植えられた茶⽊、⽇南の柑橘、多種多彩な苔
客室「HONMURASAKI」 飫肥の町の⾊である紫を基調とした寝室と温泉露天⾵呂
客室 「SUGI」 飫肥杉をテーマにした寝室と専⽤バースペース

宿泊受付を⾏うレセプションスペースは地域交流機能も兼ねており、飫肥ならではの郷土料理や、商店街で販売されるここならではの商品に触れることが出来ます。

■「Nazuna 飫肥 城下町温泉 -小鹿倉邸-」

所在地: 宮崎県日南市飫肥八丁目4131
アクセス: JR九州「飫肥駅」から徒歩約14分、宮崎空港より車で約70分
客室数: 7室
小鹿倉邸 5室(うち2部屋 ~2名利用  うち1部屋 ~3名利用 うち1部屋~4名利用 うち1部屋 ~5名利用)
別邸 勝目邸 1室 ※1棟貸し(~6名利用) 別邸 合屋邸 1室 ※1棟貸し(~6名利用)

>「Nazuna 飫肥 城下町温泉 -小鹿倉邸-」公式サイト

新着

新着

注目の記事

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

京都府

観光

おとなの好奇心と遊び心を刺激する空間が誕生【プリンス スマート イン 京都三条】

京都観光はもちろんビジネスにも利便性の良い場所に建つ「プリンス スマート イン 京都三条」。現代の町家をイメージし、京町家の特徴とも言える格子戸、出格子などを組み合わせて構成されたファサードは決して華美ではないが、美しいリズムや動きを感じる洗練されたデザイン。京都滞在への期待感を喚起する要素の一つとなっています。

ピックアップ

ピックアップ