【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.19 沼津宿〜吉原宿<後編>旧東海道寄り道鉄旅「岳南鉄道」

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。
時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。
吉原宿付近に差し掛かると、岳南鉄道「吉原本町」の駅がありました。名前は知ってたけど、もちろん乗ったことなかったので、もうなかなか来ることもないだろう、とちょっと寄り道してみました。

岳南鉄道に初乗車!

「吉原の左富士」を過ぎ、ジャトコという日産系列の大きな工場の横を通り過ぎると、かつて吉原宿があった吉原本町に入ります。

すると踏切があって、「吉原本町」の駅。これは岳南鉄道といって、JR吉原駅から出ている小さな私鉄です。名前くらいは聞いたことはあったのですが、今回の東海道散歩で地図を見て、こんなところを走っているんだ、ということを初めて知ったのでした。

今回を逃したら、たぶんもう一生乗ることもないような気がしたので、休憩がわりにちょっと乗ってみることにします。全線でも9.2キロという短い距離なので40分もあれば終点まで行って戻って来られそうです。

やがてやって来た電車は、かなりレトロなタイプですよ、これ。

「赤がえる」という愛称らしいです…

ということで思いつきで乗ってみたのですが、いやいや岳南鉄道、なかなかやってくれました。もともと沿線には工場が多いのですが、途中、完全に工場の中を走るのです。

Ⓒ写真 AC

工業地帯を走る路線として有名なJR鶴見線と比べてもまったく見劣りしないどころか、こっちの方が臨場感ありました。工場をライトアップして工場夜景電車を走らせるイベントなんかも実施しているようです。

>岳南電車オフィシャルサイト「夜景電車」

終点の岳南江尾駅。

岳南鉄道も多くの地方鉄道と同様に、乗客減に苦しんでいて、今も廃止の危機と背中合わせのようですので、ぜひ近くに行った際には「全駅から富士山が望める鉄道の、かたみち21分の自由時間」を楽しんでみてください。

Ⓒ富士市

吉原本町のアラビアンナイト

さて、吉原本町に戻り、今日のラストスパート、JR富士駅へと向かいます。吉原本町から先はアーケード街が続き、なかなか賑やかな感じになってきました。

この吉原本町の商店街、全体的に昭和レトロな雰囲気がプンプン匂っていたのですが(そもそも岳南鉄道も)、やがてこんなアラビアンナイトふうな雑居ビルが並ぶ、結構な夜の繁華街も現れ始めました。

「ArabianNights BuildライカIII」って書いてあるけど、IとかIIとかあるのか?

怖くて入らなかったのですが、実はこのビル、奥までぜーんぶアラビアンナイトな感じで、びっしりとテナントが入っているんだそうです。

吉原ってそもそも名前聞くだけでムフフなイメージあるんだけど、あの吉原とは関係ありません、たぶん。

もともとここは人口も10万人近くいた「吉原市」の中心だったのですが、1966年に富士市と合併し「富士市」の一部になったんだそうです。おそらくその時、まちの中心機能が旧富士市側に移ってしまったため、時代に取り残された吉原本町は昭和レトロな雰囲気が残っているのかもしれません。

Ⓒ写真 AC

僕は知らなかったのですが、吉原本町には「つけナポリタン」と言われるご当地B級グルメもあるらしく、かなりディープな場所だったんですね。もうちょっと深堀しておけばよかった。

吉原の繁華街を抜け、富士市役所の横を通り、住宅街をしばらく歩きます。王子製紙の煙突が、旧東海道の先にそびえています。

やがて駅前本町通りに出たところで、今日は旧東海道とはここで分かれて、ゴールであるJRの富士駅に到着しました。最後に駅前から富士山を望むと、山頂付近はうっすらと雲に覆われていましたが、3日間、こんなに富士山と一緒に旅を楽しめるとは思いませんでした。

ここから先の東海道は、富士山からどんどん遠くに離れてゆくことになるのがちょっと寂しいですが、富士市のマンホールは本家だけあってさすがにカッコいい富士が描かれていたので、これに満足して東京に向かう電車に乗り込んだのでした。

今回の結果:沼津宿〜吉原宿17.7kmを制覇!

実際の歩行距離は寄り道入れて27.66キロを6時間53分

東海道ふらっと完歩まで:現在の合計136.5㎞/495.5km

<2014年11月23日訪問>記事の情報は訪問当時のものです。最近の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol 20.へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.18 沼津宿〜吉原宿<前編>富士の高嶺に雪は降りける

新着

新着

注目の記事

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.22 由比〜江尻宿 これがホントの薩埵峠!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は駿河湾越しに富士山を望み、東海道有数の絶景と言われる薩埵峠を越えるお話です。

長野県

観光

BEB5 軽井沢 避暑地「軽井沢」をオシャレに楽しむ夏旅2020を提案

「仲間とルーズに過ごすホテル」をコンセプトにした「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)軽井沢」は、暑さを忘れて、オシャレに楽しむ夏旅を提案します。軽井沢は日本を代表する避暑地のひとつ。東京から新幹線でわずか1時間と、首都圏から気軽にアクセス可能です。スタイリッシュなデザインのパブリックスペースでくつろいだり、ご当地グルメを客室に持ち込んでプチパーティーをしたり、豊かな自然を感じて気分転換したり、日常を離れて、さわやかな夏を満喫できます。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.21 蒲原宿〜由比宿 桜えび桜エビさくらえび!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

由比と言ったら桜えび。あまりグルメではない僕も、静岡の友達から桜えびのおすすめの店を聞いて楽しみにしていたのですが・・・

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.19 沼津宿〜吉原宿<後編>旧東海道寄り道鉄旅「岳南鉄道」

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。
時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。
吉原宿付近に差し掛かると、岳南鉄道「吉原本町」の駅がありました。名前は知ってたけど、もちろん乗ったことなかったので、もうなかなか来ることもないだろう、とちょっと寄り道してみました。

ピックアップ

ピックアップ