【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<前編>

富士山のふもと、河口湖を望む森の中に佇む星のや富士は、日本初のグランピングリゾートとして2015年にオープンして以来、多くの旅行者に愛され続けています。日常から離れ、心と体を癒す”リトリート”という過ごし方を一般に広めた星のや富士。今回、HYAKKEIはそんな星のや富士の滞在レポートを前編・後編に渡ってお届けいたします。

都会では決して味わうことの出来ない、深い森の中で味わうリトリート体験。そしてスタッフの方々のホスピタリティ。2泊3日滞在はいつまでも心に残る素敵な体験になりました。

【星のや富士】公式サイト (最新情報はこちらから)
https://hoshinoya.com/fuji/

レセプションから始まる、特別な"星のや富士"体験。

【星のや富士】レセプション外観   提供:星のや富士

星のや富士のレセプションは宿泊施設の麓(ふもとに)あり、宿泊者はまずこちらに訪れる事になります。ミニマルで洗練されたデザインのレセプション、行き届いたスタッフの方々の対応。ここから日常とは違う、特別な体験がスタートしている事を実感し、期待が高まります。

レセプション施設内に飾られたグランピング用のリュック。

レセプションに入ると、壁一面のかわいいリュックが。ここから好きなデザインのリュックを選ぶことが出来ます。自分流のアウトドアを楽しむ気持ちがぐっと高まる素敵な演出ですね。

このリュックにグランピングに必要なグッズが一式入っており、バードウォッチングなどに使用できる双眼鏡や、夜の森を散策するためのヘッドライトやマット&ピローまでが揃っています。そしてなんと、星のや富士のロゴ入りオリジナル水筒はプレゼントとして持ち帰り出来ます。

思わず持って帰りたくなってしまうデザインと質感。こちらのリュックは星のや富士施設内のショップで購入可能です。

森の中に佇むアート作品を思わせるキャビンエリア。

【星のや富士】キャビン外観_昼景   提供:星のや富士

レセプションから送迎車で2〜3分ほど山を登ると、あっという間に森の中へ。「待合」と呼ばれる場所で下車すると、キャビン(宿泊)エリアに到着です。

星のや富士のキャビンは独特の形状で、不作為に並ぶその姿はまるで森の中に佇むアート作品。この森全体、建築物、サービスなどが一つのコンセプトに沿ってトータルプロデュースされたアートであり、その作品の中を歩いているかの様な気持ちになります。

キャビンエリアから望む富士山

キャビンエリアを歩くと、施設の合間から富士山が姿を見せます。このエリアはどこからでも富士山を拝む事ができる様に設計されているとの事で、時折見えるその姿に圧倒されます。

いよいよキャビンへ到着。この場所で1日を過ごしても大満足な「癒しと解放」の空間。

星のや富士キャビン内の写真。白で統一された、洗練のデザイン。

キャビンのドアを開けると、こちらもまたスタイリッシュで洗練された客室が。室内のベットやアメニティなど全てにこだわりが感じられ、清潔感と居心地の良さに満ちています。

そして何より目を奪われるのは壁一面の大きな窓。その先に映る富士山の雄大な姿に、思わず声が出てしまうほど感動してしまいました。

室内のソファと富士山に向かって大きく開いた窓。

今回宿泊したのは客室のタイプはTcabin。長方形の客室の天井は、富士山に向けて緩やかに傾斜して高くなっており、自然と意識が富士山に向けられる様設計されています。

テラスリビングから望む河口湖と富士山。

このキャビンの特筆すべきは場所は何と言ってもテラスリビング。野外テラスにソファが設置されているこの形式は初体験でした。

またキャビン同士を仕切る左右の壁が、ちょうど横からの音を遮る防音壁の役割となっており、前方以外からは音が入ってこない環境に。自然と気持ちが落ち着いてきます。(筆者は経験がないのですが)まるで瞑想のための空間。それと同時に感覚が前方に解き放たれる感覚があり、まさに富士山の存在を最大限感じるために作られたテラスであると感じました。

テラスリビングから望む河口湖、そして富士山。澄んだ空気、聴こえるのは風の音と鳥のさえずりだけ。心と体が解放され、自然と一体となる至福の時間。ここで読書をしてもよし、寝転んで過ごしてもよし。この場所で1日を過ごしたとしても十分満足できるのではないかと思えるほど、素晴らしい空間でした。

丘陵の森を散策しながら、最上部のクラウドテラスへ

キャビンでの時間を堪能した後は、クラウドテラスへ。星のや富士のメインエリアである敷地最上部のクラウドテラス。そこへ至る途中に広がる赤松の森を散策する事ができます。

森の散策路の入り口から「木漏れ日デッキ」を見上げた風景

森のマイナスイオンを体いっぱいに浴びながら散策していると、宿泊施設にいることを忘れてしまうほど。日常のストレスやノイズがすっかり洗い流されていきます。

普段眠っていた感覚が目を覚まし、自然を全身で体感することができます。木々のざわめきや鳥のさえずり、そしてどこか懐かしい土の香り。心は空になり、いつまでもこのまま森のなかで無為に過ごしていたいと思わせてくれます。

もちろん、森と言っても敷地内ですから、様々な手入れは行き届いている空間なので安心して過ごせます。心置きなく自然と一体になる。この瞬間こそが、星のや富士に滞在する最大の醍醐味であると改めて気付かされます。

焚き火を囲み、時の流れを忘れて過ごすクラウドテラス。夜にはアコースティックLiveも。

【星のや富士】クラウドテラスと焚き火ラウンジ 提供:星のや富士

そしてクラウドテラスへ。森に囲まれたこの空間で、昼は木漏れ日を感じながら、夜は焚き火を囲み時の流れを忘れて過ごす。都会では決して味わうことの出来ない、最高のひとときでした。夜は21時から「森の演奏会」が開催され、アコースティックLiveを楽しむ事ができます。

この日クラウドテラスへ到着したのは日が暮れかけた頃。宿泊者には無料でシャンパンやコーヒーなどのドリンクサービスが。ランタンの明かりを眺めながらシャンパンを頂いていると、焚き火に火が灯ります。

こちらも嬉しいサービス「焼マシュマロ」。焚き火で炙ったマシュマロは甘くて香ばしく、旅の疲れを癒してくれます。森の静けさの中で、焚き火を眺めているとあっという間に時間が流れ、夕暮れ時に。

焚き火の懐かしい香りをもう少し感じていたい気持ちをぐっとおさえて、メインダイニングへ向かいます。

食材への感謝が自然と湧いてくる。地元山梨の特産を最大限活かしたメインダイニングのディナー。

メインダイニング。中央のグリル台ではシェフが目の前で肉を焼く姿が。

※クリックすると拡大します。

星のや富士ではディナーを3種類から選ぶことが出来ます。1つ目は、野外ダイニングで火入から盛り付けまでを楽しむ狩猟肉ディナー、2つ目はメインダイニング。3つ目はキャビンのテラスリビングでいただくディナー。今回はメインダイニングでディナーをいただきました。

メインディッシュの地元で獲れた新鮮な鹿のジビエのグリル

メインディッシュは地元で獲れた鹿のジビエのグリル。新鮮で柔らかく、ジビエ特有の臭みが全くありません。苦手意識がある方でも美味しく頂けるのではないでしょうか。ジビエ好きの筆者としては、ぜひまた頂きたい最高の一品でした。

またスタッフの方々の食材の説明を伺っていると、地元への理解の深さ、地産地消の意識の高さが感じされ、食材への感謝の気持ちが自然と湧いてきます。

メインダイニングのデザート「ババ・ド・フリュイ」

全てが最高に美味しいディナーでしたが、特筆すべきはラストのデザート「ババ・ド・フリュイ」。そのまま食べても十分すぎるほど美味しいのですが、地元山梨のウイスキー「白州」をかけると異次元のマリアージュ。これまで味わったことのない美味しさに。。これは是非一度体験して頂きたいスイーツです。

どのメニューも丁寧に料理され、食材のおいしさを最大限引き出そうとする姿勢が伝わってきます。また違う角度から自然との循環が感じられ、ただ美味しいだけではない、素敵な食体験をさせて頂きました。

自然の中で過ごした1日の最後は、自ら調合するバスソルトで疲れを癒します。

メインダイニングを出ると、嬉しいアクティビティが。バスソルトを自分で調合して部屋に持ち帰る事ができる「バスソルトづくり」。自然の中で過ごした1日の最後に入るお風呂。楽しみがひとつ増えました。
※「バスソルトづくり」は期間限定アクティビティです。

星のや富士滞在初日での体験はどれも想像を超えていて、心も体も解放され癒される、深いリトリートを体感する至福の時間となりました。<後半へつづく>

>【星のや富士】HYAKKEI滞在レポート後編へ

新着

新着

注目の記事

茨城県

観光

食べ物

イベント

【星野リゾート BEB5土浦】土浦の魅力を「地元の名産 × サイクリング」で満喫!「梨狩りサイクリング」レポート

「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)土浦」は星野リゾート初の自転車を楽しむホテル。合言葉は「ハマる輪泊」。今回HYAKKEI編集部は、そんなBEB5土浦で開催された「梨狩りサイクリング」に参加しました。「自転車のまち」土浦の魅力を存分に味わうことができ、とってもカジュアルで、アクティブに楽しめる要素満載のBEB5土浦の滞在と合わせてレポートをお届けします!

山梨県

観光

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<後編>

山梨県

伝統

観光

食べ物

文化

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<前編>

東京都

伝統

芸術

「小松美羽展 岡本太郎に挑むー霊性とマンダラ」開催/岡本太郎との調和により生まれた”奇跡”のライブペイント

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

ピックアップ

ピックアップ