【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.53 大津~三条大橋 後編 そしてゴールの三条大橋へ!涙の完結編!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

いよいよ東海道ふらっと完歩涙のゴール!テキトーに細切れに、都合2年間かけて京都三条大橋に到着しました。始めた頃は本当に完歩するか半信半疑だったけど、こうしてコンプリートできたってことは、それだけ旧東海道が魅力的だったんだなと思います。日本人なら一度は東海道ふらっと完歩、やるべきだと思います(笑)

蹴上の都ホテルとインクライン

京都三条大橋に向かう最後の山越えは、日ノ岡峠と呼ばれていますが、最初に急な勾配が少し続くだけで、あとはなだらか。細い旧道をしばらく歩くと、三条通に合流する手前に立派な古民家風の建物が。

ここは栄花山荘と言って、築150年の古民家を改修した庭・裏山付シェアハウス兼イベントスペースなのだそうですよ。

そのまま三条通に合流すると、九条山の上りが続きます。

山頂近くにあった、なんかすごい豪邸?2階部分をぐるっと取り囲む回廊みたいなのがいい感じですね。

このあたりもかつては京阪電車が走ってたようですが、今は地下鉄東西線に変わっちゃってるようです。この峠を電車が通ってたら迫力あったでしょうけどね。

そして、とうとう三条大橋の文字を発見!いよいよゴールが現実的になってきますね。

九条山の坂道を下り終えると「蹴上(けあげ)」の交差点。蹴上とはかなり変わった名前で、その由来は源義経由来だとか、粟田口刑場由来だとか諸説あるようですが、僕にとってわりとなじみの地名なんですね。

その理由は、これ。

この、ザ・ウェスティン都ホテルが、この蹴上の交差点前にあるからなのです。ミヤコホテルの時から、なぜかこのホテルでイベントをする機会が多く、ここには結構な回数来てるような気がするんですが、仕事モードなので全然周辺散歩もしてなかったんですよね。

その証拠に、ホテルの目の前にこんなレンガ造りのトンネルがあったことに初めて気づきました。

このトンネルの先をしばらく行けば南禅寺方面に続くはずなのですが、今日はそこまで行く時間はなさそうです。というのは、なんとなくお昼の12時にゴールしたかったからです(単なる気分)。

そんなわけで南禅寺方面ではなく、山の上のほうにちょっと歩いてみます。歩いてきた道を振り返ると、これ。

これは蹴上のインクラインと呼ばれる全長582mの世界最長の傾斜鉄道の跡。さっきのレンガのトンネルの上を、このレールが走っていたのです。

大津から京都を経由して宇治まで続いていた琵琶湖疏水は舟運でも利用されていましたが、落差の大きい場所は船が運行できないので、こんなふうに台車に船を載せてレールで運ぶために作られたのがこのインクライン。

もちろん今はもうインクラインは運行されていませんが、その線路や台車、運搬船が産業遺産として残されていました。桜の季節は素晴らしい景色みたいです。その時にまた来てみたいですね。

このインクラインの頂上あたりから蹴上の浄水場がよく見えます。

ここはつつじで名高いところですね。

花がなくてももこもこしてなかなかの眺めですが、春はもっとすごいんでしょうね。

そして感動の三条大橋

蹴上から三条大橋方面に向かうと、にわかにザ・京都、という感じになります。

右手に平安神宮の大鳥居。

町家風の路地。

そして三条白川橋。

予報では朝から雨模様だったわりには、ここまで降られていなかったのですが、ゴール直前になってぱらぱらとまばらな雨が降りだしてきます。晴れ男も涙雨と女の涙にはかなわないんですね。

そして、ゴールは意外とあっさり。

京阪三条の駅が見えてくると、その先に三条大橋の看板が。

普段となにひとつ変わらない、午後0時01分の三条大橋の姿がそこにありました。

僕が旧東海道五十三次、500㎞を完歩しただなんて、誰も思ってないでしょう。

一応小さく指でガッツポーズしてみますが、涙は雨が代わりに流してくれているので出てきません。

三条大橋には、東海道五十三次、ゴォォォォォォォォール的な大々的な看板とか何かがあるのかと思っていましたが、意外にそういうものはなく、この弥次さん喜多さんの銅像がそれなんでしょうね。

歌川広重 東海道五十三次 京師 │ 遂に東海道の最終地点へ。鴨川にかかる三条大橋の伸びやかな曲線と背景の比叡山おおらかな姿が印象的。当時の人々もここでガッツポーズ!はしなかったでしょうが…笑 東海道を踏破した晴れやかな気持ちと重なる一枚です。お疲れ様でした!

むしろこの「駅伝発祥の地」のモニュメントの方が目立ってる感じでした。

写真を撮ってしまうとほかにやることもないので、そのまま三条大橋を渡り、河原町方面に向かいます。

ちょうどお昼の時間だし、たまたま気を許せる知人の女子が、うちの会社の京都支店に来ていたので、四条まで行ってゴールのお祝いに焼肉でもおごってもらうことにします。

これでとうとう

「あ、次の3連休ヒマだなー、どこ行こうかな」とか、

「青春18きっぷで九州まで行くのに、途中でちょっと気分転換に観光できねーかなー」とか、

「東海道歩くついでに甲子園見に行っちゃうか!」とか、

テキトーな旅ができなくなるのは寂しくなります。

次はどうしようかな。東海道終わったら、中山道でしょ?って言われるけど、そんなに単純な感じでもないかなあ。

少し充電期間をおいて、また考えます。バンド解散直後のロックスターみたいだけど・・・(笑)

『東海道ふらっと完歩』 まとめ

ちょうどとある漫画家の東海道放浪本に触発されていたときに、台風での旅行日程の変更が生じたため、たまたま滞在していた静岡で歩き始めたことがきっかけで、旧東海道に沿って五十三次、約500㎞をテキトーに、しかし完歩しようという試み。

時間がある時にふらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。歩く順番もランダム。しかし結果は意外と早く、約2年半で完歩。

名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味のも、一部含んでしまった・・・)、B級スポットなどを、ときどき妄想なんかを入れながら紹介するつもりだったが、かなり妄想も多い滑稽本になったと思う。

あまたある東海道五十三次ガイドの中でも「最もテキトーな東海道散策記」としていつか出版して、現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今日の結果:大津宿~京都・三条大橋 11.8kmを制覇!
現在の合計 495.5㎞/495.5㎞
東海道ふらっと完歩達成! 

<2017年12月26日/このシリーズ完 お疲れさまでした!>
最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.52 大津~三条大橋 前編 いよいよゴールへカウントダウン&哀れな蝉丸

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.9「ぬちまーすの秘密を探る~海中道路とサトウキビ畑・後編~」

沖縄には多くの人を魅了する何かがあります。

美しい海、温暖な気候、独自の歴史や文化や風習、言葉、建物、三線の音色や音楽、食べ物、うちなーんちゅ(沖縄の人)の人柄、、といったひとつひとつにではなく、それらが混ざりあった「沖縄」という存在に人は惹かれるのでしょう。

しかし一方で、沖縄には「ない」ものもあります。私は東北出身ですが、うちなーんちゅに羨ましがられることもあります。

初めてそれを経験したのが「土手」でした。

理解できずにいると、「沖縄には大きな河川がない」と説明をしてくれました。その堤防としての土手がとても珍しく、憧れの風景だったそうです。

大きな山も雪景色も沖縄では見ることができません。凍えるような寒さも沖縄では体験できないでしょう。お米や食べ物も東北の方が美味しいと言って頂けることがあります。

故郷を離れて故郷を知りました。住む時間が長くなると、その土地の良さが分からなくなってしまうことってありますよね。

旅が好きな人は、いわば “自分が住んでいる場所のアイデンティティ” を求めて旅をしているのかも知れません。

さて今回は、いよいよ「ぬちまーすの秘密」に迫りたいと思います。ぬちまーす工場の近くの思いがけない絶景やパワースポットも併せてご紹介いたします。

千葉県

飲食店

イベント

国内最大級アウトレットで台湾祭「台湾祭in千葉KISARAZU 2021」

台湾に訪れたことのない人も、何度も行っている人も、台湾へ行けない今、美食グルメを楽しんでいただけるイベント『台湾祭in 千葉 KISARAZU』が2021年10月23日(土)~11月7日(日)開催されます。カラフルなランタンで装飾された会場で、台湾各地の本格「夜市グルメ」の数々を台湾現地の空気を感じさせる飲食スペースでお楽しみください。

富山県

飲食店

”飲むわらびもち”の「とろり天使のわらびもち」が富山駅前にオープン

「とろとろ食感」の「生わらびもち」が看板商品の和菓子店「とろり天使のわらびもち」は、関西を中心に東京や九州に出店している人気店です。この度、初のとなる富山店が2021年10月9日(土)にオープンしました。カップの底にわらびもちを入れたドリンクに、生クリームをトッピングした“映える”見た目と新食感が話題となっているドリンクです。

長野県

観光

白馬岩岳スノーフィールド 2021-2022ウィンターシーズン期間の販売を開始

株式会社岩岳リゾートは2021年10月1日より2021-2022ウィンターシーズンのシーズン券の販売を開始しました。ウィンターシーズンに向けて降雪機の増設やパウダーエリアの拡充、キッズゲレンデの新設など、ゲレンデの魅力を強化しています。また、ティーラテと焼き立てスコーンの専門店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」の冬季営業を開始します。

東京都

買い物

連日完売「魔法の琥珀糖」が再出店  新宿マルイ 本館8Fで10月1日より

美しい鉱物のような見た目から「食べられる宝石」とも呼ばれています。硬そうな外見とは裏腹に「外側はシャリっと、中はプルプル」と、新食感に驚かれる方も多い和菓子の琥珀糖。2021年8月に期間限定ショップをオープンしましたが連日完売となった「魔法の琥珀糖」が新宿マルイ本館8Fで10月1日より再登場します。

ピックアップ

ピックアップ