神奈川県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol10.藤沢宿~大磯宿 <後編> 今も昔も愛の聖地、平塚・大磯物語

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

旧東海道の知られざる愛のスポットを巡り平塚から大磯宿へ。大磯って初めて歩いたんだけど、素晴らしい場所。昔から政治家や文化人が好んで居を構えていた理由がわかるような気がしました。

穏やかな高麗山と穏やかじゃない湘南平

七夕で有名な平塚。
かつて桓武平氏の祖、平真砂子がここで没した際、塚を築いて弔ったため、もとは「たいらつか」と呼ばれていたようです。

駅前の繁華街は賑やかですが、市街地を抜けると、やがて街道の向こうに高麗山(こまやま)が見えてきます。

そこは唐・新羅の連合軍に滅ぼされた高麗の王族が住んだところだと言われています。

広重の平塚宿にも描かれていますが、今でも旅情を誘う眺めですね。

高麗山を間近に見ながら花水川を渡る手前で大磯町に入ります。

いやー、このあたりは穏やかでいい場所だなあ、と思ってたら、なんだが穏やかじゃない看板発見したぞ。

この名前、どこかで聞いたことありませんか?

湘南平(しょうなんだいら)は、神奈川県の平塚市と大磯町の境にある標高181mの丘陵で、高麗山と泡垂山(あわたらやま)の山頂一帯のことですが、神奈川県民は、誰もが一度は若気の至りで、ここに来て相模湾と平塚の夜景をバックに愛をささやいている、とまで言われているムフフの聖地なのです。

僕も、もし愛をささやく相手が隣にいたならば、3.5kmの山道を奮発して歩いて、20年前を思い出してやんちゃしちゃおうかな、とも思ったのですが、そんな奇特な人はどこにもいないようなので、そのままテキトー散歩を続けます。

大磯に入ると、国道沿いも、急に鄙びた感じになりますね。

虎御前悲恋の地、化粧坂

化粧坂(けしょうざか、じゃなくって、けわいざかと読みます)の交差点から再び旧街道に入ります。

「化粧坂」といえば鎌倉の切通しが有名ですが、この大磯の化粧坂は「虎御前の化粧井戸」がその由来。

「虎御前」とは鎌倉時代の仇討ち物語として有名な『曽我物語』の主人公、曽我十郎の恋人とされる「虎女」のこと。

虎女は17歳のとき大磯の長者にもらい受けられ遊女となりますが、十郎と恋に落ち、彼との逢瀬の前に彼女が化粧する際に使用していたとされる井戸が旧東海道に残っています。

歌川国貞 東海道五十三次之内 大磯之図

遊女と言っても「♪今日は吉原、堀之内 中洲、ススキノ、ニューヨーク♪」とかにいる遊女ではありませんよ。

鎌倉時代の遊女とは歌舞などの技芸を磨き、時には教養も身につけた知識人の女性のこと。神聖な存在として巫女の代わりをするようなこともあったそうです。

「大磯の虎御前」は曽我十郎の悲劇の死のあとも一途な愛を貫き、街道一の遊君としてその名を馳せたと言われています。

化粧坂のこの松並木、見てくださいよ。

舗装道路じゃなかったら、かなり江戸当時の雰囲気が出るんじゃないでしょうか?

東海道線のガード下をくぐって、立派な松並木の道を歩いて再び国道1号に入ると、やがて大磯の町なかに入ります。

今日は大磯でゴールということにして、せっかくなので街道を外れてちょっと海まで行ってみることにしました。

ちょうど夕暮れの時間帯で、淡いピンク色に染まった海もなかなかの眺めでした。向こう側に見えるのは伊豆半島の山々ですね。

大磯は昔から政治家や文化人が好んで居を構えていた場所ですが、今回初めて大磯を歩いてみてなんとなくその理由がわかるような気がしました。

海があって山があって、静かな街道沿いに伝統的な町並みと文化の香りがある。
この3つがしっかり揃っていて、東京から一番近いところがこの大磯だったのでしょう。

田舎だ、と侮るなかれ大磯。
なかなかいい街ですぞ。老後に別荘でも買ってみたい場所No.6に追加することにしました。

今回の結果:藤沢宿~大磯宿 16.7kmを制覇! 
実際の歩行距離は寄り道入れて23.68km、所要時間5時間13分、消費カロリー1274cal
東海道ふらっと完歩まで:現在の合計 65.8㎞/495.5km

Vol 11.へ続く
< Vol9.藤沢宿~大磯宿 <前編> 虫の良すぎる藤沢宿とか南湖の左富士とか

新着

新着

注目の記事

埼玉県

観光

ちちぶへおでかけキャンペーン 第3弾  ながとろの「山と川」どっちも割  ~当日発売!おトクに川下りもロープウェイも楽しもう~

秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、秋の連休や紅葉時期に秩父路をお得に楽しめる「ちちぶへおでかけキャンペーン~ながとろの「山と川」どっちも割~」を実施します。当キャンペーンでは、「長瀞ラインくだり乗船券 1枚(AまたはBコース)」と「宝登山ロープウェイ往復乗車券 1枚」を当日に同時購入すると通常料金よりお安くお買い求めいただけます。また、宝登山小動物公園と宝登山ロープウェイでは、土休日にお子さまを無料招待とするキャンペーンも実施します。詳細は下記のとおりです。

青森県

観光

【奥入瀬渓流ホテル】紅葉の聖地、奥入瀬渓流で360度の絶景を楽しむ「紅葉プレミアムオープンバスツアー」実施|期間:2020年10月18日~31日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2020年10月18日~31日の期間、「紅葉プレミアムオープンバスツアー」を実施します。 例年10月中旬から11月上旬にかけて、紅葉はピークを迎え、約70万人(*1)が奥入瀬渓流とその周辺を訪れます。そんな賑わいを増す時期ですが、早朝に行う当ツアーは、昼間とはまったく違った静けさや澄んだ空気を感じながら、これまでとは違った新たな目線で紅葉を楽しむことができます。

また、オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行するため、大自然の中を走り抜ける爽快感や、360度の絶景を存分に楽しめ、バスに乗っているだけで、国立公園の豊かな自然を満喫できるのも特徴です。東京で、2階建てオープントップバスツアー「スカイバス東京」を展開する、日の丸自動車興業株式会社と提携し、当ツアーが実現しました。紅葉を満喫できる渓流沿いを運行するバスツアーは、日本初です。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

石川県

お土産・記念品

蒸れにくく心地よい肌触りの「和紙織物」を使用した “モダン和紙織りマスク”をオンラインショップにて新発売

武部織物株式会社は、独自に開発した「和紙織物」を使用した3層構造の立体マスク「モダン和紙織りマスク」(1,500枚限定:全カラー合わせて)を8月12日(水)正午(12:00)からオンラインショップ「TAKEORI」(タケオリ)にて、予約受付を開始します。

ピックアップ

ピックアップ