神奈川県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol10.藤沢宿~大磯宿 <後編> 今も昔も愛の聖地、平塚・大磯物語

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

旧東海道の知られざる愛のスポットを巡り平塚から大磯宿へ。大磯って初めて歩いたんだけど、素晴らしい場所。昔から政治家や文化人が好んで居を構えていた理由がわかるような気がしました。

穏やかな高麗山と穏やかじゃない湘南平

七夕で有名な平塚。
かつて桓武平氏の祖、平真砂子がここで没した際、塚を築いて弔ったため、もとは「たいらつか」と呼ばれていたようです。

駅前の繁華街は賑やかですが、市街地を抜けると、やがて街道の向こうに高麗山(こまやま)が見えてきます。

そこは唐・新羅の連合軍に滅ぼされた高麗の王族が住んだところだと言われています。

広重の平塚宿にも描かれていますが、今でも旅情を誘う眺めですね。

高麗山を間近に見ながら花水川を渡る手前で大磯町に入ります。

いやー、このあたりは穏やかでいい場所だなあ、と思ってたら、なんだが穏やかじゃない看板発見したぞ。

この名前、どこかで聞いたことありませんか?

湘南平(しょうなんだいら)は、神奈川県の平塚市と大磯町の境にある標高181mの丘陵で、高麗山と泡垂山(あわたらやま)の山頂一帯のことですが、神奈川県民は、誰もが一度は若気の至りで、ここに来て相模湾と平塚の夜景をバックに愛をささやいている、とまで言われているムフフの聖地なのです。

僕も、もし愛をささやく相手が隣にいたならば、3.5kmの山道を奮発して歩いて、20年前を思い出してやんちゃしちゃおうかな、とも思ったのですが、そんな奇特な人はどこにもいないようなので、そのままテキトー散歩を続けます。

大磯に入ると、国道沿いも、急に鄙びた感じになりますね。

虎御前悲恋の地、化粧坂

化粧坂(けしょうざか、じゃなくって、けわいざかと読みます)の交差点から再び旧街道に入ります。

「化粧坂」といえば鎌倉の切通しが有名ですが、この大磯の化粧坂は「虎御前の化粧井戸」がその由来。

「虎御前」とは鎌倉時代の仇討ち物語として有名な『曽我物語』の主人公、曽我十郎の恋人とされる「虎女」のこと。

虎女は17歳のとき大磯の長者にもらい受けられ遊女となりますが、十郎と恋に落ち、彼との逢瀬の前に彼女が化粧する際に使用していたとされる井戸が旧東海道に残っています。

歌川国貞 東海道五十三次之内 大磯之図

遊女と言っても「♪今日は吉原、堀之内 中洲、ススキノ、ニューヨーク♪」とかにいる遊女ではありませんよ。

鎌倉時代の遊女とは歌舞などの技芸を磨き、時には教養も身につけた知識人の女性のこと。神聖な存在として巫女の代わりをするようなこともあったそうです。

「大磯の虎御前」は曽我十郎の悲劇の死のあとも一途な愛を貫き、街道一の遊君としてその名を馳せたと言われています。

化粧坂のこの松並木、見てくださいよ。

舗装道路じゃなかったら、かなり江戸当時の雰囲気が出るんじゃないでしょうか?

東海道線のガード下をくぐって、立派な松並木の道を歩いて再び国道1号に入ると、やがて大磯の町なかに入ります。

今日は大磯でゴールということにして、せっかくなので街道を外れてちょっと海まで行ってみることにしました。

ちょうど夕暮れの時間帯で、淡いピンク色に染まった海もなかなかの眺めでした。向こう側に見えるのは伊豆半島の山々ですね。

大磯は昔から政治家や文化人が好んで居を構えていた場所ですが、今回初めて大磯を歩いてみてなんとなくその理由がわかるような気がしました。

海があって山があって、静かな街道沿いに伝統的な町並みと文化の香りがある。
この3つがしっかり揃っていて、東京から一番近いところがこの大磯だったのでしょう。

田舎だ、と侮るなかれ大磯。
なかなかいい街ですぞ。老後に別荘でも買ってみたい場所No.6に追加することにしました。

今回の結果:藤沢宿~大磯宿 16.7kmを制覇! 
実際の歩行距離は寄り道入れて23.68km、所要時間5時間13分、消費カロリー1274cal
東海道ふらっと完歩まで:現在の合計 65.8㎞/495.5km

Vol 11.へ続く
< Vol9.藤沢宿~大磯宿 <前編> 虫の良すぎる藤沢宿とか南湖の左富士とか

新着

新着

注目の記事

青森県

観光

奥入瀬渓流ホテル 冬の奥入瀬渓流をとことん満喫する宿泊プラン「氷瀑ガールステイ」新登場 期間:2020年12月19日~2021年3月14日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2020年12月19日、冬の奥入瀬渓流をとことん満喫する宿泊プラン「氷瀑(ひょうばく)ガールステイ」が新登場します。この時期にしか見ることのできない冬の風物詩「氷瀑」を、静と動、明と暗、そして食と絡め、あらゆる面から満喫する氷瀑尽くしの宿泊プランです。

1泊2日の滞在中は、アクティブなツアーだけでなく、温泉や特別ディナー、限定スイーツも楽しめ、雪景色を望む露天風呂テラス付の客室で、疲れを癒しながらゆっくりと過ごすことができます。1日1組限定の当プランで、寒さも忘れ、心ゆくまで冬の魅力を楽しめます。

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.38 岡崎宿~御油宿後編 旅人留女とか裏マッサージの妖しい夜

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は岡崎に泊まって、三河の東海道を歩いた時の2日目後編。午前中のウラ岡崎城とか、かいちゃんのいるホテルに続き、妄想を掻き立てるような妖しい事象が連発するこの区間、どうなってるんや三河!

高知県

観光

イベント

高知県四万十町にて完全地産地消で夜間早朝に楽しめるサウナ&マルシェイベント「四万十川アウトドアサウナ」が2ヶ月間の週末限定で誕生

高知県四万十町の四万十川流域エリアに冬の夜に星雲を眺めながら体験できる四万十ヒノキで作ったアウトドアサウナと早朝にマルシェを楽しめる完全地産地消プロジェクト「四万十川アウトドアサウナ」を四万十町の全面的なサポートのもと、2020年12月4日(金)より2ヶ月間、金・土・日の週末限定で展開することをお知らせいたします。

--

食べ物

老舗名店のグルメのほか“おうちごはん”で楽しめる贅沢惣菜、個食グルメに注目「2020年 小田急のお歳暮」

小田急百貨店では、ECサイト「小田急百貨店オンラインショッピング」で10月20日(火)から、新宿店では11月5日(木)からお歳暮ギフトセンターを開設します。例年人気の全国から選りすぐりの名店・レストランのプレミアムな一品のほか、“おうちごはん”需要で注目高まる、本格的な味を手軽な調理で食べられる贅沢惣菜や個食グルメを取り揃えます。

兵庫県

観光

神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」間もなく見ごろに。神戸布引ハーブ園では約500本のモミジ、約100本のヤマザクラなど、秋に色づく六甲の山並みがお楽しみいただけます。

港町神⼾の街並みが⼀望できる観光施設『神⼾布引ハーブ園/ロープウェイ』は、まもなく紅葉が見ごろを迎えます。ロープウェイからの六甲の山並み、約4hに広がる広大なガーデンの中を散策しながら、神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」をお楽しみいただけます。

ピックアップ

ピックアップ