【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol17.三島宿~沼津宿 三島は富士湧水のまちだった!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。
時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。
三島から沼津までは5.9キロと、東海道の宿場間では短い方だけど、箱根を越えてきた身としては結構キツい。でも、うなぎとか変な居酒屋とかに励まされて何とか頑張った!

ごめんね、庶民!

三島市内に入るとデデンと現れるのが三嶋大社。

三嶋大社は、古くから伊豆国一の宮として栄え、源頼朝が源氏再興を祈願したことでも知られている由緒ある社ですが、11月の3連休ということもあって七五三の子供たちで大賑わい。
親戚縁者勢ぞろいで正装して写真に納まっている姿を結構見かけましたが、静岡県人の七五三はみんなそんな感じなんでしょうか?

そして三嶋大社に次いで三島で話題なのが「ごめんね青春!」

・・・覚えてますか?
ちょうど当時放送中で、うちの娘がよく見ていた番組なので僕はたまたま知ってましたが、そういえばこのドラマは三島がロケ地だった!

さて、三島のグルメといえばこのドラマでもよく出てきた「みしまコロッケ」が有名。
僕もそこらへんの庶民だったら、ぜひ食べてみたかったんですが、悲しいかな、高貴なる旅人ゆえに、宮内庁からもう一つの三島名物、うなぎを食べよ、とお達しが出ていたのです。

三島では富士山の湧き水でうなぎを泳がせることで、うなぎの生臭さや泥臭さが消え、日本一美味しいとも言われています。ごめんね、庶民!

富士山の湧き水と言えば、JR三島駅のすぐそばにある「楽寿園」。

ここは明治維新で活躍した小松宮彰仁親王の別邸として造営されたもので、富士山の雪解け水が湧き出す園内の景観と、自然林からなる庭園が、国の天然記念物および名勝に指定されています。

日本で最も短い一級河川、柿田川

この日は三島のホテルを予約していたので、いったん荷物を置いて小休止します。
かなり足はつらいですが、まだ15時前。
このまま休んでしまうのもなんだかもったいないので、もう少し頑張ることにして沼津までチャレンジしてみました。

三島の町からも、ときどき富士山が突然どーん、と姿を現します。
これは伊豆箱根鉄道の三島広小路駅から。

沼津に向かう旧東海道からちょっと横道にそれると、柿田川水源地という名勝があるようなので、寄り道してみます。
なんでもここも富士の地下水が大量に湧き出ていて、こんな都市部にして川の源流が見られるとのこと。

写真だとわかりにくいのですが、このまあるい水たまりが水源地で、ぼこぼこと水が地下から湧き出ているのが肉眼でもはっきり見えたのでした。

この川にはこうした穴ぼこが何か所もあり、水源地にしていきなりこんな大河のような雰囲気を醸し出しながら柿田川は流れはじめます。

この先の狩野川に合流するまでのわずか1.2キロという短い川ですが、その水量はもちろんのこと、水の清らかさと水草の美しさはなかなか圧巻でした。

歌川広重 東海道五十三次 三島 朝霧│三島宿は箱根上り下りどちらの旅客にも重要な拠点でした。早朝、箱根越えを目指す旅人の姿と、朝霧に煙る三島の街並みと人々。ぼかしを駆使した見事な遠近法で立体的に描かれています。

柿田川から旧東海道へ戻る途中、こんな看板を見つけました。

営業時間がAM11:03~翌5:08とか、いったいどんな理由があるのか三島人!

きっとそこには三島人にしかわからない汗と涙の物語とかがあるに違いない。
よもやこのB級っぽさで客を惹きたいだけとかじゃないよな?

とかなんとか言いながら沼津市に入る頃には富士山もすっかり夕景色です。

もうすっかり日が暮れた沼津市街に入り、ようやく沼津駅に到着。

昨日の箱根越えで全身鋼鉄状態なのに頑張って30キロも歩いたので、あの有森裕子さん以上に自分で自分を褒めてみたのですが、どうも褒めるだけでは疲れは戻ってくれないようなので、沼津駅前で90分もマッサージを受けちゃったよ。

明日は歩けるだろうか…

今回の結果:箱根宿~沼津宿 20.7kmを制覇!
実際の歩行距離は寄り道入れて30.04キロを7時間11分
東海道ふらっと完歩まで:現在の合計 118.8㎞/495.5km

<2014年11月22日訪問> 記事の情報は訪問当時のものです。最近の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol 18.へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol16.箱根宿~三島宿 富士山と一緒に伊豆の国へ

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ