【星野リゾート 青森屋】寒さ厳しい冬を乗り越え、待ち焦がれた春の訪れを満喫するイベント「たんげ花咲かまつり」開催

2024.01.26

「星野リゾート 青森屋」では、2024年4月3日から5月31日までの間、青森の春の訪れを祝うイベント「たんげ(*1)花咲かまつり」を実施します。

*1 青森の方言でとても・たくさんの意味。

約200個のりんごの花型灯篭を咲かせる「ねぶた花咲かじいさん」

青森屋の中心に位置する「じゃわめぐ広場」の中央に佇む大きなりんごの木の上には、イベントのシンボル「ねぶた花咲かじいさん」がゲストと共に春の訪れを祝います。広場内には花咲かじいさんが咲かせた約200個のりんごの花型灯篭が咲き、花見気分を楽しめます。

色とりどりの花をいける「跳人のミニ花笠」 NEW

お囃子のリズムに合わせて高く跳ね、青森を代表する「青森ねぶた祭」を盛り上げる踊り手「跳人(はねと)」。跳人が頭にかぶる、大ぶりで華やかな花が特徴的な花笠から着想を得て、本プログラムでは、手のひらサイズの小さな笠に、色とりどりの花をいけ、自分だけの「跳人のミニ花笠」を製作します。

花びらが舞う「いっとごま花舞うろ」と花見酒の振る舞い

期間中毎日20時から、「ねぶた花咲かじいさん」が咲かせた花が広場を舞います。前後の時間には、花見酒の振る舞いも行い、舞い散る花を眺めながらお酒を片手にゆったり過ごせます。

りんごの花が描かれた灯篭が彩る「りんごと桜の花回廊」

館内の通路は300個以上のりんごの花が描かれた灯篭と桜で飾られ、館内を移動するときも花見気分を味わうことができます。友人や家族と、春の思い出の記念写真におすすめの撮影スポットです。

和紙の桜と津軽びいどろの浮玉が幻想的な絶景花見露天「桜灯りの湯」

露天風呂「浮湯」の周りの池に、ねぶたの技法で作られた満開の一本桜が立ち、水面には桜色の伝統工芸品「津軽びいどろ」の浮玉が浮かびます。夜はライトアップされ、より一層幻想的な景色を眺めながら湯浴みを堪能できます。

星野リゾート 青森屋

所在地: 青森県三沢市字古間木山56
宿泊料金: 1泊23,000円~(2名1室利用時1名あたり、税込、夕朝食付)

>星野リゾート 青森屋公式サイト

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ