「和食」文化の魅力を学び、味わい、体験する「京都・和食の祭典」2020開催!

2020.02.17

京に脈々と伝わる「和食」文化の魅力を学び、味わい、体験できるイベント「京都・和食の祭典2020」が2020年3月7日(土)に開催されます。
第6回目となる今年は、西本願寺の「唐門」周辺と、龍谷大学大宮キャンパスとを合わせたエリアを会場として、当日は、京都老舗料亭が合作する「特別点心」や和食料理人による大根炊き、粕汁の販売、和食を支える発酵食を学ぶ講座、鰹節削りや和食・和菓子づくりの体験コーナー、お酒、京漬物、菓子等の物産販売等を実施。入場は無料です!

和を味わう

当日会場にて京都の有名料亭が合作した限定点心「梅の宴」「桜の宴」各限定150食計300食販売されます。京都を代表する和食のプロ達が、協力して作り上げるここでしか食べられない豪華な一品を是非会場でお楽しみください。

京の有名料亭が作る大根炊きと粗汁も販売。
一流の料理人の技が光る繊細な味わいをご堪能いただけます。

フードコートでは「もうひとつの京都」と題して京都の海、森、お茶、竹の里乙訓などをテーマに取りそろえた各地のおいしい物や生活に根ざした日本食・京都の日本酒のショット販売・和食文化に関わりの深い京漬物、寿司、お酒、和菓子等の物産販売など、豊富な品揃えをご用意しています。

和を学ぶ

和食について学べるワークショップは「米麹の活用ワークショップ」・「和食づくり講座」・「和菓子づくり講座」の3つを開催!楽しく分かりやすくお子様でも「和食の文化」について学ぶことができます。

和を体験する

体験コーナーでは、有名料亭のだしの試飲体験や、鰹節削り体験など「和食」に関するものの他にも、包丁研ぎ体験や、竹細工体験など「食文化」体験コーナーも開催しています。

日時: 2020年3月7日(土)10:00~16:00
場所: 西本願寺(京都市下京区堀川通花屋町下ル「唐門」周辺)及び
龍谷大学大宮キャンパス(京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1)

入場無料・事前申込不要
>「京都・和食の祭典2020」公式サイト
http://www.washoku-kyoto.jp/

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ