京都府

飲食店

京都、鴨川を臨む絶景VIEWで味わう 雪をテーマにしたアフタヌーンティーが11月スタート!

2020.12.07

恵比寿、表参道、銀座、六本木、などでカジュアルリッチをコンセプトにしたカフェやレストランを展開するMERCER OFFICE株式会社は、関西初出店となる「MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO」においてウインターシーズンアフタヌーンティーを開始いたします。

ふわふわの新雪を表現したスノーボールやスノークリスタルなどいろいろな形で雪を表現。
ハートをモチーフとしたホワイトチョコレートは専用のギフトボックスでお持ち帰り可能。
キュートになり過ぎず大人の女性にむけた“WHITE AFTERNOON TEA”です。

■2019年5月オープンの「マーサーブランチ京都」のアフタヌーンティーはシーズン毎にテーマが変わり、第一弾となるファッションをテーマにした「BLACK & WHITE AFTERNOON TEA」が大好評をいただいております。

中でも、記念日やバースデーなどに欠かせないメッセージプレートは、大人の女性を象徴するリップモチーフで、そのまま特注のオリジナルギフトボックスに入れて持ち帰ることができるプランが人気で、連日満席の状態が続いております。

そして11月からは第二弾となるウインターシーズンの「WHITE AFTERNOON TEA」が開始されます。
ブランチで大人気のフレンチトーストが付いた3段ティースタンドに6種の紅茶がおかわり自由、専用のLOUNGE FLOORで優雅なティータイムが過ごせます。

大人気の特注のブリオッシュで作るフレンチトースト付き 
リップ型のバースデープレートでお祝いを
専用のギフトBOXで記念にお持ち帰りできます
鴨川を臨むアフタヌーンティー専用LOUNGE
商品名: WHITE AFTERNOON TEA
価格: 4,000円(バースデープレートは+800円)
利用可能人数: 2名~8名

■MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO
歴史有る京都に新しいライフスタイルやカルチャーを発信、提案するべく、東京で初めてNYスタイルの「BRUNCH専門店」としてオープン以降、“BRUNCHする”という言葉や“昼シャン飲む”という言葉を浸透させ、今なお東京のカフェ・レストランでは圧倒的ブランド力と人気を博している「マーサーブランチ」が京都に!

鴨川沿い、三条大橋が目の前にある絶好のロケーション。鴨川、東山三十六峰を一望でき、一面ガラス張りの店内は、昼には光が差し込みランチタイムを爽快に演出し、夜は落ち着いた大人空間に。

4Fレストランフロア
3Fアフタヌーンティー専用ラウンジ

■店舗概要

店舗名: MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO
所在地: 京都府京都市中京区木屋町三条下る石屋町123-3F・4F
営業時間: [LUNCH] 11:00~17:00
[DINNER]17:00~23:00(日曜~22:00)
営業: 年中無休
TEL: 075-221-3080

>MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTOホームページ

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ