福島県

飲食店

山小屋の食事“山メシ”の概念を変えたい 本格フランス料理『やまごや絶景グルメ』

2021.08.26

約1万年前に形成され、今もその美しさを守り続けている大高原「尾瀬」で、国立公園利用者に向けた『やまごや絶景グルメ』の販売を開始しました。

尾瀬小屋とは

昭和32年(1957年)に尾瀬に創業した山小屋で、来年には65周年をむかえる歴史ある観光施設です。
有限会社尾瀬小屋は2021年3月10日(水)に環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結。

環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」の主旨に賛同し、本締結を通じて環境省との相互協力や、パートナーシップ企業と連携し国立公園の利用者拡大及び、観光産業への貢献を目指します。

絶景グルメの一例

(1)骨付き子羊 ナバランダニョー Navarin d’agneau
子羊、カブ、新じゃがをトマトで煮込んだフランスの春の訪れを知らせる料理。

骨付き子羊 ナバランダニョー

(2)骨付き鴨肉“カスレ” cassoulet
骨付き鴨、豚肩ロース、ソーセージ、白いんげん豆を煮込んだフランス南西部の伝統料理。

骨付き鴨肉 カスレ

(3)尾瀬小屋ステーキ ozegoya steak
一頭の牛から僅か3kgしかとれない希少な部位【カイノミ】を使用した絶品レアステーキ。

尾瀬小屋

所在地: 福島県南会津郡檜枝岐村燧ケ岳1
アクセス: 新幹線利用(上越新幹線)東京駅(上野駅) → 上毛高原駅、他
営業期間: 5月29日~10月9日(年により変更あり)

>尾瀬小屋施設公式サイト

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ