“美とアートに触れる”女子旅にオススメの京町家宿『京の温所(おんどころ) 丸太町』が2020年4月25日オープン

2020.04.17

株式会社ワコールは、2020年4月25日(土)に京町家をリノベーションした宿泊施設『京の温所 丸太町(まるたまち)』を京都・御所南エリアにオープンします。
ワコールが展開する宿泊施設「京の温所」の7軒目となる『京の温所 丸太町』は、最大4名まで泊まることができる一棟貸しの宿で、肌や髪にやさしい人工炭酸泉のお風呂や軟水シャワー、広々としたメイクアップコーナー(洗面)を備えた女性のグループ旅行にオススメの宿です。

メイクアップコーナー(洗面) 4人が並んで使うことができる広さ

市内観光にも便利で、伝統的な景観が色濃く残っているエリアにある明治時代(推定)に建てられた京町家を、建てられた時代のままの雰囲気を残しながら、現代生活に寄り添った“住まい”へとリノベーション。

2階のベッドルームと和室をつなぐラウンジスペースには「トラフ建築設計事務所」がデザインしたユニークな丸型ソファを設置。襖を開けるとひと続きの部屋のようになり、旅の時間と空間を仲間と共有することができる設計になっています。

ラウンジスペース  ソファは“石庭”になぞらえて配置

丸い形のヒノキ風呂は、湯上り後もポカポカと温かさが続く人工炭酸泉(※1)で、シャンプーなどのアメニティは女性に人気のブランド「THREE」をご用意。メイクアップコーナーは4人が並んで使える広さで、透明感のある肌色に見えるミラーや照明にもこだわりました。

お風呂  人工炭酸泉のヒノキ風呂

また、和室やメイクアップコーナーには美術作家である植田志保氏の色鮮やかなアートピースを飾り、彩りを添えています。

■施設概要

所在地: 京都府京都市中京区車屋通夷川上る少将井御旅町341-2
アクセス: 京都市営地下鉄 丸太町駅 徒歩2分
開業日: 2020年4月25日(土)
延床面積: 94平米
間取り: 1階 カフェスペース、アイランドキッチン、和室(掘りごたつ式)、メイクアップコーナー(洗面)、
お風呂(人工炭酸泉)、トイレ、庭
2階 ラウンジスペース、ベッドルーム、和室
料金: 一泊30,000円~(税込、人数と時期により変動)
定員: 最大4名
予約開始日: 3月27日(金)
チェックイン: 16:00から(ワコール新京都ビルでのフロント受付は10:00~17:00)
チェックアウト: 11:00まで
お問い合わせ: メールアドレス:kyo-ondokoro@wacoal.co.jp
フリーダイヤル:0120-307-056(ワコールお客様センター 平日:9:30~17:00)

■主な特長

明治時代(推定)に建てられた2階建ての京町家を現代生活に寄り添った住空間としてリノベーション
・訪れた土地の食材を旅先で調理して楽しむことができるアイランドキッチン
・キッチンには浄水器「クリンスイ」(※2)を設置
・肌や髪にやさしい人工炭酸泉(※1)が楽しめる丸いヒノキ風呂
・4人が並んで使える、広々としたメイクアップコーナー
・日本生まれのブランド「THREE」のシャンプーやボディウォッシュなどのアメニティ
・皆で集まり、ゆっくりと寛げるラウンジスペース

■主な付帯サービス

・スーツケースなどの荷物のお預かり、運搬サービス
・予約時に、季節ごとの京都での過ごし方を提案する「暮らしの提案帖」のご提供
・宿泊客のご要望に応じて、周辺のお店情報などのご提供
・人気ブランド「THREE」のスキンケアセット付きプランや歳時記に応じたプランのご提供

※1:人工炭酸泉は三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社の商品です。
※2:「クリンスイ」は、三菱ケミカル・クリンスイ株式会社の登録商標です。

■外観・内観写真

外観(昼)
外観(夜)
玄関・カフェスペース 本棚にもなるサイドテーブルは「京の温所」オリジナル
キッチン 皆で料理が楽しめる広々としたアイランドキッチン
キッチン  浄水器「クリンスイ」を設置
キッチン 調理器具や食器も備えている


和室  庭を臨む掘りごたつ式の和室
和室 上田志保氏のアートピースが床の間に飾られている
庭  四季を感じることができる庭
お風呂  「THREE」のシャンプーやボディウォッシュ
メイクアップコーナー(洗面) 「THREE」のスキンケアセット付きのプランも
ベッドルーム  眠りごこちにこだわった寝具を用意
ラウンジスペース  玉石から発想を得たユニークな形のソファが並ぶ
和室  町家らしい勾配天井の和室

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ