山梨県

観光

【星のや富士】3密のないグランピングリゾートでキャンプの醍醐味を味わう「富士山を眺め、森でリフレッシュするグランピングステイ」

2020.05.28

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、3密環境を避けて思う存分に自然の中で過ごせる滞在をご提案します。全室富士山ビューのテラスリビングを備えた客室、屋外ダイニングにて組数限定で体験できるピザづくり、少人数でプライベートに体験できるグランピングアクティビティなど、手ぶらで安心してキャンプの醍醐味が味わえる、グランピングリゾートならではの過ごし方で心も身体もリフレッシュしていただけます。

昨今の状況下では、屋内で過ごす時間が多いため、心身の健やかさを保つこと難しいと思います。グランピングリゾートで安心して過ごし、英気を養っていただきたいという思いから、チェックインからチェックアウトまでお過ごしいただく時間は3密を避け、自然の中で心も身体もリフレッシュできる滞在を提案します。自然豊かな富士山麓エリアに位置する星のや富士は、日本人の心のよりどころともいえる富士山と四季折々の風景を、他のお客様に出会うことなく客室のテラスで堪能できます。また、グランピングリゾートだからこそ提案できる、屋外での食事やアクティビティなど、アウトドアで思いっきり過ごす解放感と安心して滞在する環境が整っています。

富士山をひとり占めできる客室

標高約900mの丘に広がる星のや富士の客室は、通る風が心地よいテラスリビング付きの全室富士山ビュー。ソファが備えられたテラスリビングからは、富士山と河口湖が眼前に迫る絶景をひとり占めすることができます。白を基調にしたナチュラルでモダンな空間は、湖に向かって大きく窓がとられ開放感たっぷりです。テラスリビングでは、富士山を眺めながら朝食「モーニングBOX」で優雅な朝のひとときを。夜には、夜空に浮かび上がる富士山と、テラスに揺らめくファイヤプレイスの炎とともに、ルームサービスの夕食やお酒を楽しめます。日本人の心のよりどころである富士山を、一日中のんびりしながら、心ゆくまで堪能できる客室です。

3密なしに屋外で存分に過ごせるクラウドテラス

グランピングをコンセプトとする星のや富士には、約6haの広大な森の中に、大自然と触れ合えるリゾート空間がデザインされている「クラウドテラス」があります。クラウドテラスには、森の中にウッドデッキが階層状に広がり、距離感を保ちながら、パブリックスペースとして心地良く過ごせる場所が点在しています。ライブラリーカフェから好みの飲み物や本を手に取り、思い思いの場所で自由にくつろげば、ゆったりとした時間を感じられます。屋外ダイニングのクラウドキッチンでは、1つのタープに2組、最大5組限定で好みのトッピングをし石釜で焼き上げるピザづくりができます。木立に囲まれ風通しの良いタープの下で、焚き火の香りを感じながら食事を楽しめます。

密集なしでリフレッシュできるプライベートなアクティビティ

自然豊かな富士箱根伊豆国立公園に星のや富士は位置しています。滞在中、大自然の中で満喫できるアクティビティを提案します。クラウドテラスで開催する空中ストレッチや薪割りは、安心して体験できるように少人数で開催します。マウンテンバイクで富士山の絶景ポイントを目指す、富士山麓プライベートサイクリングは、プラン専属のガイドが1組限定でサポートします。密接、密集を避けた環境である大自然の中で安心して心地よく身体を動かし、心身ともにリフレッシュできます。

星のや富士で行っている感染症予防対策について

当館では、今般の新型コロナウイルスによる感染への対策の一環として、お客様の健康と安全並びに公衆衛生を考慮し、以下の対応をおこなっています。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
*37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従いご宿泊をご遠慮いただく場合がございます。
・チェックイン時お客様をご案内するレセプションは、席数を減らし換気を徹底
・他のお客様との接触を避け、客室でチェックイン
・客室やパブリックスペースでの除菌清掃の実施
・館内各所での除菌用アルコールの設置
・ダイニング入店時にお客様へアルコール消毒の実施
・メインダイニングの夕食は、席数を縮小し最終入店時間を早め、窓やドアを開けて換気を徹底
・混雑緩和対策として、メインダイニングの朝食を予約制に変更
・スタッフのマスク着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底
・クラウドテラスの利用人数状況を30分毎に計測し、フロントに掲示

星のや富士

星野リゾートが運営する、ラグジュアリーホテルブランド「星のや」の一つであり、日本初のグランピングリゾート。自然と触れ合えるクラウドテラスや、年中快適に過ごせるキャビン、グランピングマスターが提案するアウトドア体験を楽しめます。

>星のや公式サイト

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ