新潟県

観光

【苗場スキー場】いよいよ苗場ドラゴンドラ周辺の紅葉が今シーズンのピークを迎えます。

2020.11.02

新潟県南魚沼郡湯沢町に位置する苗場スキー場周辺では、現在標高1,100m~1,300m付近の紅葉がいよいよ見頃を迎えます。

9月中は暖かい日が続き、色づきもやや遅い状況でしたが、10月に入り朝晩の気温が約5~6度、日中の気温が10~13度とグッと下がって急な寒暖差が続いたこともあり、10月14日現在では山全体の紅葉が一気に進んでいる状況で見頃のピークは来週より10月末にかけて続くと予想されます。
また、今週後半より全国的に気温が下がる予報も出ており、季節が一気に進むことも予想されます。

11月頭にかけては苗場ドラゴンドラの山麓付近(標高900~1,000m)で、「カラマツ」の木々が黄金色に染まり始めます。カラマツはマツ科カラマツ属の落葉針葉樹ですが黄葉する珍しい木であり、山頂方面の山々の紅葉が終わった頃よりその姿を黄金色に変えていきます。西日に照らされると、さらにその輝きを増し、色鮮やかな紅葉とはまた違った黄金色の絨毯の上を空中散歩で楽しむことができます。
苗場スキー場では、11月3日(火・祝)まで苗場ドラゴンドラの観光営業を実施しており、日本最長5,481mの「苗場ドラゴンドラ」からは、エメラルドグリーンに輝く二居湖(ふたいこ)をはじめ、眼下に広がる360°紅葉の大自然を眺めながら片道約25分のダイナミックな紅葉の景色をお楽しみいただけます。
プリンスホテルでは、お客さまにより安全で清潔な空間で快適にお過ごしいただけるよう、新たな衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)」を策定し導入いたしました。この秋の苗場ドラゴンドラ営業においても乗車人数を8名から4名に制限し、従業員によるゴンドラ内の拭き上げ消毒や換気をはじめ、新たな衛生スタイルの実施等を行い、安全・安心を第一にお客さまに安心して施設をご利用いただけるよう努めてまいります。

苗場スキー場「苗場ドラゴンドラ」からの景色(2020年10月14日(水)10時撮影)

■苗場ドラゴンドラとは

日本最長5,481mの長さを誇り、片道約25分の道のりをアップダウンしながら進んでいくゴンドラです。
この秋は乗車人数を8名から4名(グループの場合は4名以上も可能)に減少して運行するため、行きも帰りもプライベートな空間の中で座ってゆっくりと紅葉の景色を眺めながら、雨の日でも気軽に空中散歩を満喫することができます。一番の絶景ポイントと呼ばれる14号柱付近では、まるで紅葉の中に飛び込んで行くような急降下を体感でき、鮮やかに色づいた錦秋の山々の姿に圧巻いたします。また、美しい清流のせせらぎに心癒やされる清津川(きよつがわ)やエメラルドグリーンに輝く二居湖(ふたいこ)等、季節の移ろいで日々変化していく大自然の姿を思い思いに楽しむことができます。さらに、下り乗車の 31号柱付近からは、ドラゴンドラのほぼ全区間を見下ろせる絶景ポイントがあり、その姿はまるでドラゴンの背のような景色をその目でみることができます。

【標高】山麓駅:921m 山頂駅:1,346m 
【乗車時間】約25分

エネラルドグリーンに輝く二居湖
ほぼ全区間の長さを見下ろせる景色
紅葉の中に飛び込んで行くような壮大な景色

苗場ドラゴンドラ紅葉の移り変わり
■10月中旬~下旬
標高1,000~1,200m付近の紅葉が色づき始めます。14号柱~24号柱付近では紅葉の中に包まれていくような景色をはじめ、美しい清流のせせらぎに心癒される「清津川(きよつがわ)」や錦秋の山々に包まれたエメラルドグリーンの「二居湖(ふたいこ)」とのコラボレーション、そして31号柱付近では、苗場ドラゴンドラのほぼ全区間を見下ろせる景色等、まさに苗場ドラゴンドラからの空中散歩を満喫できる時期となります。

苗場ドラゴンドラ中腹付近の様子

■10月下旬~11月上旬
標高900~1,000m付近にある「カラマツ」が黄金色に染まり始めます。カラマツはマツ科カラマツ属の落葉針葉樹にもかかわらず黄葉するめずらしい木であり、山頂方面の山々の紅葉が終わった頃よりその姿を黄金色に変えていきます。西日に照らされると、さらにその輝きを増し、色鮮やかな紅葉とはまた違った黄金色の絨毯の上を空中散歩で楽しむことができます。

10月下旬~11月上旬
苗場ドラゴンドラ山麓付近の様子

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ