静岡県

観光

【界 遠州】日本茶を堪能してリフレッシュする 「おこもり緑茶滞在」

2020.06.06

お茶処として名高い静岡県に位置する温泉旅館「星野リゾート 界 遠州」では、チェックインからチェックアウトまで、一日中、日本茶を堪能できる「おこもり緑茶滞在」を提供します。界 遠州では、かねてよりお茶を用いたおもてなしを実施してきましたが、今回は、プライベートな空間である客室にあらたに「客室緑茶リフレッシュセット」を用意します。温泉旅館にいながらにして、まるで茶農家や茶商など茶処巡りをしたかのような時間を過ごすことができます。

<背景>

緑茶に含まれる苦渋味成分のカテキンは、インフルエンザ感染予防や免疫力を高める効果があるといわれ、旨味成分のテアニンにはリラックス作用があるといわれています。界 遠州は、館内の中庭に茶畑を持つ温泉旅館で、かねてより茶葉を使った入浴法や、茶葉の香りが楽しめる茶香炉、お茶の魅力を解説したプログラム「ご当地楽~美茶楽~」などを提供してきました。ウイルスの猛威を目の当たりにし、緑茶についてより一層理解が深まるおもてなしを強化し、宿にいるだけで銘茶を幅広く堪能してほしいと考え発案にいたりました。

<新たに加わった「客室緑茶リフレッシュセット」の内容>

・緑茶について自分で学べるオリジナルリーフレット
・感染予防で注目を浴びる「緑茶うがい」の体験ができる便利なフィルターインボトルの貸出

<滞在中に楽しめるお茶一覧>

■おもてなし内容   「ご当地楽~美茶楽~」

お茶の知識が学べ、テイスティングもできるプログラムです。茶葉の種類、淹れ方を紹介しています。毎日、専用のカウンターで少人数で開催。1回15分程度。

提供・使用するお茶

季節ごとに、毎回3~4種のお茶が登場。うち1~2種はご当地楽でした飲めないお茶を用意。その他はティーセラーのお茶を用います。

■おもてなし内容   「ティーセラー」(トラベルライブラリー内)

静岡県内の各地から集めた緑茶と和紅茶を常時12種類(新茶シーズンは13種類)用意している場所です。気になる茶葉を茶筒に入れて、客室に持って行き味わうことができます。ブレンドも可能です。中庭を見渡せる場所にあり、眺望のよいスペースです。

提供・使用するお茶

八十八夜(新茶のため5月~7月限定)、天竜茶、川根茶、本山茶、掛川茶、森町茶、爽華、梅ケ島、森町のほうじ茶、こはく茶、新間紅茶、春野紅茶、玄米茶(※新間紅茶、春野紅茶、玄米茶は緑茶ではありません。)

■おもてなし内容   「茶香炉」

茶葉の香りを楽しめる香炉です。エントランス、ロビー、大浴場の脱衣場に設置しています。

提供・使用するお茶

ティーセラーのお茶を用います。

■おもてなし内容   「お茶玉美肌入浴」

無農薬茶葉がぎっしり詰め込まれたお茶玉が浮かぶ露天風呂です。お茶には抗酸化作用があり美容に良いとされる「ビタミンC」が豊富に含まれており、その成分がお湯に染み出します。

提供・使用するお茶

金谷茶

■おもてなし内容  「入浴お茶三煎」

快適な入浴を楽しむためのお茶のサービスです。温泉に入ると気づかないうちに多くの水分が失われ、その量は15分で800mlとも言われています。水分補給が肝心な入浴のお供に、入浴前、入浴中、入浴後の3回飲めるよう、3種類のお茶を用意しています。

提供・使用するお茶

入浴前の「かけ湯茶」:浅蒸しの天竜茶
入浴中の「湯治茶」:棒茶
入浴後の「仕上げ茶」:ほうじ茶

■おもてなし内容  「朝茶」

朝にお茶を飲むと福を呼ぶといわれています。季節に合わせ、花などのフレーバーを用意していますので、ティーセラーのお好みのお茶と合わせてお召し上がりいただけます。

提供・使用するお茶

ティーセラーのお茶をお使いいただきます。

■おもてなし内容   「遠州つむぎの間 茶処リビング付き和室」(限定1室のみ)

和室にツインベッドと茶処カウンターを備えたお茶の魅力を堪能できる特別室です。到着時、就寝前、起床後の3つのご滞在シーンに合わせたお茶と茶道具をそろえています。

提供・使用するお茶

ご到着夕食前:「こうしゅん」など
お休み前:「さえあかり」など
お目覚め:静岡を代表する深蒸し茶「つゆひかり」など
※上記のサービスの一部は、ご利用時期によって、開催の有無や内容の変更等があります。

<お茶にまつわるそのほかのおもてなし>  「つむぎ茶畑」

縞柄模様が特徴の地元の伝統工芸品「遠州綿紬(えんしゅうめんつむぎ)」になぞらえ、名付けられた中庭に広がる茶畑です。「お茶の木」の他に、ツツジが交互に植えられています。奥に見える浜名湖の壮麗な絶景とあわせて楽しめます。

「おこもり緑茶滞在」概要

期間:2020年5月25日~提供開始
料金:宿泊料金以外の追加費用は無し
対象:全客室

<最高水準のコロナ対策宣言>
>星のリゾート公式 最高水準のコロナ対策宣言

1 衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
2 「3密」回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・半個室での食事処にて夕朝食の提供(界 *一部施設を除く)
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時の入列規制を適宜実施

星野リゾート 界 遠州

全室から浜名湖を望む温泉旅館。浜松伝統の遠州綿紬の設えを施したご当地ならでは客室や趣の異なる二つの大浴場、浜名湖名物のウナギをはじめ、旬の食材をふんだんに使った会席料理をご用意。毎夕開催のお茶会など、静岡ならではのお茶のおもてなしも魅力です。

新着

新着

注目の記事

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

石川県

お土産・記念品

蒸れにくく心地よい肌触りの「和紙織物」を使用した “モダン和紙織りマスク”をオンラインショップにて新発売

武部織物株式会社は、独自に開発した「和紙織物」を使用した3層構造の立体マスク「モダン和紙織りマスク」(1,500枚限定:全カラー合わせて)を8月12日(水)正午(12:00)からオンラインショップ「TAKEORI」(タケオリ)にて、予約受付を開始します。

神奈川県

食べ物

イベント

文化

鎌倉でリモートワークして、地元で働く人のコミュニティスペース「まちの社員食堂」でお食事を

株式会社カヤックは、自社で運営する地域に開かれた社員食堂である「まちの社員食堂」を、8月17日(月)より鎌倉でのリモートワーカー向けに開放します。50店舗を超える地元の飲食店が週替わりで出店し、鎌倉で働く人たちが集うコミュニティ・スペースの活用によって、「働く場所を選ぶ」時代の新たな地域活性化に取り組みます。

--

観光

星野リゾート 界 鰻や野沢菜など国内各施設15種の手毬寿司を楽しむ「ご当地てまり寿司アソート」登場

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」の全施設に、2020年9月1日、日本旅をテーマにした界のお夜食「ご当地てまり寿司アソート」が登場します。鰻の蒲焼や野沢菜漬けなど、国内にある各施設を象徴する15種類の手毬寿司を木箱に詰めました。引き出しを開けると色とりどりの手毬寿司が見えてくる、宝石箱を開ける時のようなワクワク感が味わえます。また、秋の夜長の風情を感じられるよう、紅葉のライトアップや、芸術の秋をテーマとした設えなど、手毬寿司を食べるシーンの演出にもこだわりました。手毬寿司をつまむことで、日本旅を巡りながら秋の夜長を贅沢に過ごすことができます。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.24 府中宿~藤枝宿前編 丁子屋のとろろと十返舎一九先生

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

なにを隠そう、僕が一番最初に旧東海道に沿って歩いたのはこの区間。とある年の夏、甲子園に行こうと思ったら途中で台風に足止めされ、偶然この感動巨編がスタートしたのでした!

ピックアップ

ピックアップ