心があたたまるクリスマスイベント 軽井沢エリアのイルミネーション

2021.10.27

豊かな自然に囲まれた軽井沢の星野エリアはもみの木の他、西洋のクリスマスに欠かすことのできない植物「やどりぎ」が自生しています。また、日が暮れると美しい夜空が広がる場所でもあります。
2021年11月27日〜12月25日に「軽井沢星野エリアのクリスマス2021」を開催します。高さ10メートルのもみの木全体にイルミネーションを灯したシンボルツリーや、幸せの象徴とされるやどりぎを象ったイルミネーションがあたたかな光を放ちます。

軽井沢の自然と調和したクリスマスイルミネーション

星野エリアのクリスマスのシンボルツリーは、高さ10メートルの本物のもみの木です。「星野温泉 トンボの湯」に隣接する広場にあり、辺りをあたたかく照らします。

時間:16:00~22:00

シンボルツリーの前であたたかな気持ちを分かち合う「灯りのリレー」【New】

毎週土日とクリスマスイブ、そしてクリスマス当日は、シンボルツリーの前で「灯りのリレー」を行います。参加には、星野エリアの公式サイトから事前の予約が必要です。軽井沢を拠点に活動するシンガー、立原綾乃(たちはら あやの)さんの歌うクリスマスソングがやさしく響く中、キャンドルからキャンドルへ灯りがリレーされていきます。すべてのキャンドルに火が灯ったところで、「メリークリスマス!」の声と共に、シンボルツリーが点灯します。

日程: 11月27日〜12月19日の土曜・日曜と24日、25日
時間: 16:45~17:00
場所: 軽井沢星野エリア 星野温泉 トンボの湯前の広場
料金: 無料
定員: 20組(1組4名まで)

明るい時間に楽しむ「幸せのやどりぎ探し」【New】

星野エリアの屋外のどこかに、華やかなリボンに彩られた「幸せのやどりぎ」が飾られています。見つけたら写真を撮って「カフェ ハングリースポット」のスタッフに見せると、「幸せのやどりぎキャンディ」がもらえます。本物のやどりぎの実をイメージした、小さなキャンディです。幸せが訪れることを願ってお渡しします。

時間: 11:00~16:00
キャンディ交換場所: カフェハングリースポット
料金: 無料(各日先着100名)

クリスマスシーズンの始まりを祝う「アドベントナイツ」

11月27日と28日は「アドベントナイツ」と題し、クリスマスシーズンの始まりをお祝いします。キッチンカーによる蕎麦粉のクレープ販売や、移動書店による絵本販売、子ども向けのアクティビティなど、ワクワクする気持ちを分かち合う2日間です。子ども向けアクティビティの「キッズアドベント」は、4歳〜小学生が対象です。もみの木広場周辺に設けられたポイントで謎解きなどのミッションをクリアすると、クッキーやキャンディなどのお菓子をもらえます。

日程: 11月27日、28日
時間: 15:00~18:00
場所: 軽井沢星野エリア 星野温泉 トンボの湯前の広場
内容: キッチンカー、移動書店、子ども向けアクティビティ「キッズアドベント」

おうちクリスマスを楽しむクリスマスショッピング

個性豊かな16店舗が集まる「ハルニレテラス」では、自宅でのクリスマスを充実させる商品を販売します。クリスマスを心待ちに少しずつ味わうシュトーレン、本場ヨーロッパの木製オーナメント、家庭での団らんに彩りを添えるワインやデリ、食卓を華やかに飾る北欧雑貨などが揃います。

<最高水準のコロナ対策宣言>

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

>軽井沢星野エリア公式サイト

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ