兵庫県

観光

六甲高山植物園 赤・黄・橙の色の共演 「紅葉」が一足早く見頃を迎えました!

2020.11.14

六甲高山植物園では紅葉が見頃を迎えました。紅葉は山から降りてくるといわれ、標高の高い六甲山では例年京都などの街よりも早く色づきます。イロハモミジをはじめ、ツツジ類やブナ、カラマツ、シロモジ、コアジサイ、高山植物のチングルマなど、様々な種類の紅葉をみることができ、深まる秋を感じさせてくれます。

◆六甲高山植物園 園内の紅葉木 約250本

紅葉: ドウダンツツジ・アカヤシオなどのツツジ類、イロハモミジ・ウリハダカエデなどのカエデ類
チングルマ、シラタマノキなどの高山植物
黄葉: ブナ、ダンコウバイ、シロモジ、カラマツ、コアジサイ
※当園の紅葉は、シラキから始まり、ブナ、カエデ類、ツツジ類、カラマツ、高山植物と移り変わります。
Twitterで最新の情報を写真で紹介しています
>Twitter
見頃ピーク: 11月上旬頃まで
期間: 10月中旬~11月中旬

■夜の紅葉散策&ザ・ナイトミュージアム

赤・黄・橙など様々に色づいた木々をライトアップし、昼間とは違う幻想的な夜の植物園をお楽しみいただけます。有馬や京都よりも一足先に見頃を迎える紅葉の魅力をお伝えする紅葉ガイドも実施。

また、園内に展示されている六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020出展作品のライトアップや、夜間のみの出展作品を楽しめる「ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~」も園内で同時開催します。

期間: 10月31日(土)、11月1日(日)~23日(月・祝)
※荒天中止
時間: 平日 /17:00~18:30
土日祝/17:00~19:30
ガイド: 17:30~ ※土日祝のみ 30分程度 参加無料
場所: 六甲高山植物園 園内
参加料: 入園料のみ
(大人700円、小人350円)
※六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020鑑賞パスポート及び、
各種共通券でも入園可能です

六甲高山植物園の紅葉木

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」開催中

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、今年で11回目を迎える現代アートの野外展覧会です。六甲山上に展示されるアート作品をハイキング気分で楽しめます。

<開催期間>
9月12日~11月23日(月・祝)
<会場>
六甲ケーブル(六甲ケーブル下駅・山上駅)、天覧台、★六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)、記念碑台(六甲山ビジターセンター)、★六甲オルゴールミュージアム、★六甲高山植物園、★六甲山カンツリーハウス、六甲ガーデンテラスエリア、★自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲有馬ロープウェー 六甲山頂駅、グランドホテル 六甲スカイヴィラ、★風の教会エリア
サテライト会場:有馬温泉エリア サテライト展示:JR新神戸駅
<有料6会場(上記★印の施設)に入場できる鑑賞パスポート>
大人:2,500円 小人:1,000円

六甲高山植物園

入園料: 大人(中学生~)700円
小人(4歳~小学生)350円
開園期間: ~11月23日(月・祝)
開園時間: 10:00~17:00(16:30受付終了)

>六甲山ポータルサイト

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ