京王百草園(もぐさえん)で恒例の「紅葉(もみじ)まつり」を開催 

2020.11.06

「京王百草園」で11月14日(土)から11月29日(日)まで、毎年ご好評いただいている「紅葉(もみじ)まつり」を開催します。

武蔵野の面影を色濃く残す京王百草園は、約26,000㎡の園内にモミジ、ドウダンツツジをはじめ、黄色に染まったイチョウなどが格別な眺めを見せてくれます。
「紅葉まつり」期間中は、土・日・祝日を中心に和太鼓の演奏、じゃんけんプレゼント大会など大人も子供も楽しめるイベントや、竹細工の販売などを行います。紅葉まつりでは初めてとなる小島善太郎記念館絵画展や、園内の売店では京王線沿線で展開している台湾茶ドリンク専門店「HAPPYLEMON」の美味しい台湾茶を販売します。
詳細は下記のとおりです。

京王百草園「紅葉まつり」概要

期間: 11月14日(土)~11月29日(日)(期間中無休)
※紅葉の色づき状況や、当日のイベント・売店の営業情報については
京王百草園公式ホームページにてご確認ください。
時間: 9:00~16:30
場所: 京王百草園(住所:東京都日野市百草560)
アクセス: 京王線百草園駅下車徒歩10分、または聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅からタクシー10分
※京王線新宿駅から約35分(特急・準特急利用、府中駅乗り換え)
※駐車場がありませんので、ご来園の際は電車をご利用ください。
※ペットの入園はお断りしています。
※百草園駅から当園までの間、一部急坂の箇所があります。
入園料: 大人300円、小人100円
お問い合わせ: 京王お客さまセンター TEL:042-357-6161(9:00~18:00)

>京王百草園公式ホームページ

<小島善太郎記念館絵画展>
<竹細工>

ヘッドマーク付き車両の運行

期間: 2020年11月14日(土)から2020年11月29日(日)
※車両検査および運用の都合により運行しない日もあります。
区間: 京王線 全線
使用車両: 8000系10両1編成
<ヘッドマーク>

HAPPYLEMON

HAPPYLEMONは、2006年に中国で誕生した台湾茶ドリンク専門店で、現在は、台湾、中国、イギリス、アメリカ合衆国など、世界13の国と地域で1,000店舗以上展開しています。台湾を代表する茶葉の産地「南投県」で栽培された四季春茶をはじめとした高品質な台湾茶を使用し、茶葉ごとに最適な湯温や抽出時間を設定して毎朝店内で丁寧にお茶を淹れています。

HAPPYLEMON発祥の「ソルティチーズティー」や、台湾産のユーレカレモン果汁を使用した「レモンティー」が人気です。
>HAPPYLEMONオフィシャルサイト
>Instagram

新型コロナウィルスの感染拡大防止について

京王百草園ではコロナウィルス感染症対策として、「紅葉まつり」期間中のイベントにつきまして鑑賞席を例年より減らし、職員も感染予防のためマスクを着用させていただいております。

ご来園の際はマスクの着用、手指の消毒、また、体調がすぐれない方は来園をお控えください。お客さまに安心して園内をお楽しみいただけますようご理解・ご協力の程お願い申し上げます。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ