京都に伝統とロックを融合させた「ハードロックカフェ京都」

2019.12.13

京都に伝統とロックを融合させた、町家づくりの外観を持つ、様々な音楽を聴きながら料理が楽しめる世界唯一の「ハードロックカフェ」。音楽ファンの聖地ともいわれる「ハードロックカフェ」が、世界中から観光客が集まる街“京都”に誕生します。

◆ 京都店限定、和と洋、伝統とロックが融合したオリジナルメニューを提供

「ハードロックカフェ」といえば、世界共通のオリジナルレシピの下、各店手作りで調理され、味・ボリューム共に本場アメリカ料理をアレンジすることなく提供される自慢のハンバーガーをはじめとしたバラエティ豊かなアイテムの数々。京都店では、これらに加えローカルメニュー4品を用意。伝統的な和食の要素を加えた『味噌わさびバーガー』(2,180円・税別)、京野菜をアレンジしたベジタリアン対応の『ベジタブルロール』(1,380円・税別)といった、オリジナリティあふれるアイテムを提供します。

◆ 「ハードロックカフェ ロックショップ」を併設、定番商品に加え、ジャパンメイドのオリジナル商品をラインナップ

漆まめさら  各4,200円(税別)

レストランとは別に「ハードロックカフェ」を構成しているもう一つの顔が、オリジナルグッズを販売するマーチャンダイズ部門「ロックショップ」です。京都店においても、ロゴマークに店舗所在都市名“KYOTO”を配したTシャツやキャップ、ピンズ、グラス類などの「ハードロックカフェ」定番商品はもちろんのこと、ここでしか手に入らない特別デザインのグッズをはじめ、日本の伝統工芸品をアレンジしたお土産にも最適な小物類やジャパンメイドのオリジナル商品をラインナップします。

■ 「ハードロックカフェ京都」 店舗限定メニュー

※価格はすべて税別

味噌わさびバーガー  2,180円
焼き鳥ウィング  1,280円
ベジタブルロール  1,380円
レインドロップケーキ アイスクリーム添え  980円

■ ジャパンメイド オリジナルアイテム

※価格はすべて税別

手ぬぐい 舞妓さんのバンド  3,000円
手ぬぐい ギターの賑い  3,000円
扇子 柿渋和紙 本金手書き(紺/茶)  各38,000円

京都店 限定Tシャツ

Ladies Kimono T-shirt  4,000円(サイズ S~XL)

■ 「ハードロックカフェ京都」 店舗概要

店舗名 : ハードロックカフェ京都
所在地 : 京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町 67番地
電話番号: レストラン 075-533-7771 / ロックショップ 075-533-7789
営業時間: 11:00~23:00 (レストラン・ラストオーダー フード22:00 ドリンク22:30)

ハードロックカフェ京都:http://hardrockjapan.com/location/kyoto/

新着

新着

注目の記事

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

京都府

観光

おとなの好奇心と遊び心を刺激する空間が誕生【プリンス スマート イン 京都三条】

京都観光はもちろんビジネスにも利便性の良い場所に建つ「プリンス スマート イン 京都三条」。現代の町家をイメージし、京町家の特徴とも言える格子戸、出格子などを組み合わせて構成されたファサードは決して華美ではないが、美しいリズムや動きを感じる洗練されたデザイン。京都滞在への期待感を喚起する要素の一つとなっています。

ピックアップ

ピックアップ