京都に伝統とロックを融合させた「ハードロックカフェ京都」

2019.12.13

京都に伝統とロックを融合させた、町家づくりの外観を持つ、様々な音楽を聴きながら料理が楽しめる世界唯一の「ハードロックカフェ」。音楽ファンの聖地ともいわれる「ハードロックカフェ」が、世界中から観光客が集まる街“京都”に誕生します。

◆ 京都店限定、和と洋、伝統とロックが融合したオリジナルメニューを提供

「ハードロックカフェ」といえば、世界共通のオリジナルレシピの下、各店手作りで調理され、味・ボリューム共に本場アメリカ料理をアレンジすることなく提供される自慢のハンバーガーをはじめとしたバラエティ豊かなアイテムの数々。京都店では、これらに加えローカルメニュー4品を用意。伝統的な和食の要素を加えた『味噌わさびバーガー』(2,180円・税別)、京野菜をアレンジしたベジタリアン対応の『ベジタブルロール』(1,380円・税別)といった、オリジナリティあふれるアイテムを提供します。

◆ 「ハードロックカフェ ロックショップ」を併設、定番商品に加え、ジャパンメイドのオリジナル商品をラインナップ

漆まめさら  各4,200円(税別)

レストランとは別に「ハードロックカフェ」を構成しているもう一つの顔が、オリジナルグッズを販売するマーチャンダイズ部門「ロックショップ」です。京都店においても、ロゴマークに店舗所在都市名“KYOTO”を配したTシャツやキャップ、ピンズ、グラス類などの「ハードロックカフェ」定番商品はもちろんのこと、ここでしか手に入らない特別デザインのグッズをはじめ、日本の伝統工芸品をアレンジしたお土産にも最適な小物類やジャパンメイドのオリジナル商品をラインナップします。

■ 「ハードロックカフェ京都」 店舗限定メニュー

※価格はすべて税別

味噌わさびバーガー  2,180円
焼き鳥ウィング  1,280円
ベジタブルロール  1,380円
レインドロップケーキ アイスクリーム添え  980円

■ ジャパンメイド オリジナルアイテム

※価格はすべて税別

手ぬぐい 舞妓さんのバンド  3,000円
手ぬぐい ギターの賑い  3,000円
扇子 柿渋和紙 本金手書き(紺/茶)  各38,000円

京都店 限定Tシャツ

Ladies Kimono T-shirt  4,000円(サイズ S~XL)

■ 「ハードロックカフェ京都」 店舗概要

店舗名 : ハードロックカフェ京都
所在地 : 京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町 67番地
電話番号: レストラン 075-533-7771 / ロックショップ 075-533-7789
営業時間: 11:00~23:00 (レストラン・ラストオーダー フード22:00 ドリンク22:30)

ハードロックカフェ京都:http://hardrockjapan.com/location/kyoto/

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ