地元宮城のゆずを使った和紅茶を1月から仙台で販売

2020.02.05

2020年1月から美容室シローの店では、宮城県産ゆずを使ったオリジナル和紅茶「北限の花ゆず和紅茶 輪切り入り(数量限定品)」と「北限の花ゆず和紅茶」が販売されます。女性美容師がその感性を活かし、香り豊かなゆずを使い、女性の視点でプロデュースしたオリジナル和紅茶です。

【女性の感性から生まれた和紅茶】

「北限の花ゆず和紅茶」は仙台の美容室シローの店のスタイリストが女性の感性を活かし、「素朴」「品がある」「繊細」「優しい」をイメージにしたものです。
味は素朴なイメージを持つ和紅茶を採用し、エグみが少なくまろやかな優しい味。
香りは地元宮城県気仙沼産のゆずを利用し、品のある豊かなゆずの香りが楽しめます。
女性らしい優しくて繊細な和紅茶です。

北限の花ゆず和紅茶販売概要

北限の花ゆず和紅茶 数量限定品【ドライゆず輪切り入り】:260円/個
北限の花ゆず和紅茶 190円/個
(※)いずれも税別

2020年はティーパックのみとドライゆずの輪切り入りティーパックの2種類。「ドライゆずの輪切り入り」は数量限定(800パッケージのみ)となっており、希少価値の高い和紅茶になっています。

北限の花ゆず和紅茶 限定品(ドライゆず輪切り入)
北限の花ゆず和紅茶

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ