新食感スイーツ「たまご専門 本巣ヱ(もとすえ)」の新店舗が麻布十番にオープン

2021.10.31

昔ながらの餌、昔ながらの育て方にこだわった岡養鶏場の丹波のこだわりたまごを使用した「たまごパン」。2021年10月28日(木)11時に関東初進出となる東京本家を麻布十番にオープンいたします。

本巣ヱのたまごパンとは

本当の美味しいたまごをご堪能いただくために、一切の無駄と余分を排除したレシピで、その美味しさを引き出した結果、今までに経験の無い芳醇な味わいを驚きのフワッとろの口溶けが完成しました。

たまごパン……540円(税込)
~本巣ヱ看板商品、縁起良くセンスの良いおもたせにピッタリ~
材料はほぼ卵。卵本来の美味しさを引き出すため、米粉、米酢、米油、酒粕などの食材を使用し、秘伝の製法により、濃厚な卵の風味と驚きのとろける食感に仕上げました。

はさけるパン

はさけるパン……5個入 2,150円(税込)
~老舗旅館で出される上質な茶菓子のようなたまごパンサンド~
黒蜜をたっぷり馴染ませたたまごパンに永雄酒造の発酵小豆をサンドしました。豊かな小豆の香りに黒蜜のキレの良い甘味、そこにたまごパンの優しいたまご風味が包み込みます。

発酵小豆バターカステラ……紙箱入 2,700円(税込)/桐箱入 2,800円(税込)
~お中元、お歳暮、しっかりとしたご挨拶用にぴったり~
卵の風味が豊かで素朴でどこか懐かしい、どっしりとした腰の太い味わいが特徴です。その秘密は選び抜かれた良質な卵にこだわり、その卵黄をふんだんに使用し、五三焼き製法で仕上げることで、卵の黄身がもたらすコク深さとしっとりとした濃厚な味わいを引き出しているからです。また、カステラにサンドされた餡子は北海道十勝産あずきを使用し、京都最北端の老舗酒造「永雄酒造」で発酵させた砂糖不使用の体に優しい発酵小豆です。

■たまごパン引換券配布時間
行列を避けるために、たまごパン引換券を配布いたします。
11:00~13:00の「焼き立てたまごパン」は10:30より配布し、14:00~17:00の「焼き立てたまごパン」は13:30より配布いたします。

■焼き上げ時間
11:00/12:30/14:00/15:30/17:00

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ