鹿児島県

飲食店

食べ物

予約一ヶ月半待ち!鹿児島の砂糖を食べられないパティシエが作る 低糖質スイーツに新作「アイス」が誕生決定& 期間限定 全国発送無料に 配送ドライバーに感謝を込めて

2020.06.29

鹿児島市に本店を構え、今年で7年目を迎えるスイーツショップ「パティスリールヴェール」は、砂糖を食べられないパティシエが天然素材だけで作る、予約一ヶ月半待ちの超人気「低糖質スイーツ」が好評いただいていることをうけ、新たに「低糖質アイス」の販売を決定したことをお知らせいたします。(正式発売日は追ってお知らせいたします。)
また、昨今の外出自粛の中において、「低糖質スイーツを直接店舗には買いに行けない」といった声をうけ、お客様と配送ドライバーの方にも感謝の気持ちを込めた全国送料無料でのキャンペーンを5月より開始いたしました。(終了時期は現状未定)

“だれでも”美味しく食べられるようにこだわった「低糖質スイーツ」

自然の残る、静かな新興住宅地の中にある当店の特徴は、他に類を見ないしっかりした甘さと上質の味わいを併せ持つ、絶品低糖質スイーツです。
種類、味わい共に「こんなスイーツまでが低糖質に?!」と来店される多くのお客様に驚きの声をいただいています。

<店頭に並ばない幻の一番人気>
その中でも幻の一番人気ともいえるのが、低糖質チョコレートケーキ「モンサンミシェルの石畳」です。2019年に発売されてから徐々に口コミで人気が広がり、今では店頭で予約して購入できるまで、一ヶ月半待つほどの人気商品になりました。

「パティスリールヴェール」は、甘味料には自然由来のものだけを使用し、保存料等も一切使用しない、本当に体に優しいケーキ作りに取り組んでいます。そのため、小さなお子様から、年配の持病を持つお客様、お腹に大切な赤ちゃんを抱える妊婦さんからも、安心して食べられるというたくさんの嬉しいお声をいただいています。
それ以外にも店頭には15種類から20種類ほどの低糖質スイーツが並び、小麦粉不使用の「低糖質ショコラロール」や九州産の生クリームをたっぷりと使用した優しい甘さの「低糖質プレーンロール」も手土産に最適と人気を集めています。

<「低糖質スイーツ」制作背景:同じテーブルで食べられる喜び>
オーナーシェフの高谷は21歳のころに1万人に1人の発症確率といわれる「1型糖尿病」を発症しました。
日々命の危機を持ちながら、誕生日や記念日に家族でケーキを囲んでも、自分だけは食べないという日を過ごしている中で、ある日子供に「どうして一緒に食べないの?」と聞かれ答えに窮したこともあります。
そんな中、ある日低糖質スイーツの存在に出会い、見よう見まねで自身の手で作ってみました。高谷はケーキを子供たちと囲んで食べたときに「今日は一緒に食べられるの?ずっと一緒に食べたかったんだ!やっぱり一緒に食べると美味しいよね」と言われ、にっこり笑う子供たちの笑顔を見ることができた瞬間に、今までの価値観が逆転し、本当に幸せを実感することができました。
そして、「この幸せを他の我慢している人とも分かち合いたい」「そのケーキは自分だからこそ作れるんじゃないか!」と決意しました。

<オーナーシェフ高谷 コメント>
「あなたは病気だから、食べられるものを作ってあげますよ」というスタンスではなく、「自分が病気だからこそ同じ立場に立って、安心して一緒に食べられるものを作りたいと思います。作ったものはまず僕が食べます。その上で血糖値がどうなるか確認して、本当にお勧めできるものだけを、お客様にお出ししてます。なので安心してお召し上がりくださいね。」

人気「低糖質スイーツ」の新作「低糖質アイス」がついに発売決定!

この度、新作「低糖質スイーツ」として、「アイス」の制作・販売を決定いたしました。
「低糖質アイス」をつくるうえでこだわった内容は、“できるだけシンプルに安全な素材だけで作ること”、そして、“その素材本来の甘みや風味を活かし自然の味わいを大切にすること”です。
通常のアイスでは、「糖分が多く血糖値や体重コントロールが気になる」「香料や保存料等の添加物が多く入っているので不安」といったことが懸念点としてあることで「なかなか食べることが出来なかった」といった方にも、夏に美味しい「アイス」をお楽しみいただけるように開発いたしました。販売は7月23日を予定しております。

お客様とドライバーの方に感謝を込めて!全国送料無料に

キャンペーン名は「Thank you for the transporter」。
新型コロナウイルス対策が広まるなか、お客様から「いつも配送してもらうドライバーの方に申し訳ないとはおもいつつもドア越しで荷物を受けっている」ということを聞きました。ドライバーの方には「パティスリールヴェール」としてもいつもお世話になっているからこそ、「何とか感謝の気持ちを伝えられないか」という想いからスタートいたしました。
期間中の対象商品の発送料は全てルヴェールが負担します。その代わりお客様はドライバーさんに、本来かかる配送料の一部を利用して、「ドライバーの方に何かできる範囲でいいので感謝を伝えませんか?」という、お客様とドライバーの方の双方が優しさでつながってほしいという想いを込めています。

<キャンペーン概要>

期間: 2020年5月~
内容: 送料をパティスリールヴェールが負担(無料)
対象: モンサンミシェルの石畳&低糖質ロールケーキセットなどキャンペーン対象商品のうち2商品以上を購入いただいた方

[ 対象商品 ]
・低糖質ロールセット(ショコラ&プレーン)
¥5,800 糖質量※:ショコラ9.6g プレーン17.3g
・低糖質ロールセット(プレーン&プレーン)
¥5,200 糖質量※:プレーン17.3g
・低糖質ロールセット(ショコラ&ショコラ)
¥6,400 糖質量※:9.6g
・【一番人気】低糖質ショコラロール&低糖質モンサンミシェルの石畳
¥6,400 糖質量※:ショコラ9.6g
モンサンミシェルの石畳7.7g
・低糖質プレーンロール&低糖質モンサンミシェルの石畳
¥5,800 糖質量※:7.7g
※1つあたり。エリスリトール・フラクトオリゴ糖の糖質量を含みません。
購入方法:ホームページ内ショップページからご購入下さい
>ルヴェールネットショップ商品ページ

<店舗概要>

店舗名: パティスリールヴェール
所在地: 鹿児島県鹿児島市広木3-14-11
営業時間: 10:00~19:00 火曜定休
代表者: 高谷 浩史
URL: パティスリールヴェール公式サイト
価格帯: 500円~5,000円
飲食スペース: 外テラス6席

新着

新着

注目の記事

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.38 岡崎宿~御油宿後編 旅人留女とか裏マッサージの妖しい夜

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は岡崎に泊まって、三河の東海道を歩いた時の2日目後編。午前中のウラ岡崎城とか、かいちゃんのいるホテルに続き、妄想を掻き立てるような妖しい事象が連発するこの区間、どうなってるんや三河!

高知県

観光

イベント

高知県四万十町にて完全地産地消で夜間早朝に楽しめるサウナ&マルシェイベント「四万十川アウトドアサウナ」が2ヶ月間の週末限定で誕生

高知県四万十町の四万十川流域エリアに冬の夜に星雲を眺めながら体験できる四万十ヒノキで作ったアウトドアサウナと早朝にマルシェを楽しめる完全地産地消プロジェクト「四万十川アウトドアサウナ」を四万十町の全面的なサポートのもと、2020年12月4日(金)より2ヶ月間、金・土・日の週末限定で展開することをお知らせいたします。

--

食べ物

老舗名店のグルメのほか“おうちごはん”で楽しめる贅沢惣菜、個食グルメに注目「2020年 小田急のお歳暮」

小田急百貨店では、ECサイト「小田急百貨店オンラインショッピング」で10月20日(火)から、新宿店では11月5日(木)からお歳暮ギフトセンターを開設します。例年人気の全国から選りすぐりの名店・レストランのプレミアムな一品のほか、“おうちごはん”需要で注目高まる、本格的な味を手軽な調理で食べられる贅沢惣菜や個食グルメを取り揃えます。

兵庫県

観光

神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」間もなく見ごろに。神戸布引ハーブ園では約500本のモミジ、約100本のヤマザクラなど、秋に色づく六甲の山並みがお楽しみいただけます。

港町神⼾の街並みが⼀望できる観光施設『神⼾布引ハーブ園/ロープウェイ』は、まもなく紅葉が見ごろを迎えます。ロープウェイからの六甲の山並み、約4hに広がる広大なガーデンの中を散策しながら、神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」をお楽しみいただけます。

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】 Vol.36 岡崎宿~池鯉鮒宿 岡崎城『グレート家康公「葵」武将隊』

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は岡崎に泊まって、前後の東海道を歩いた時の話。まずは岡崎から西に向かって池鯉鮒(ちりゅう)宿に行き、翌日は岡崎から東の豊橋方面に向かうという変則的な日程でした。この日の主役は岡崎城の「GREAT YEAH康!」だったかな。

ピックアップ

ピックアップ