圧巻!しだれ桜450本「花見山」お花見弁当×天然温泉×絶景釣り堀×スイーツ 癒やしの春旅♪

2020.03.01

アオアヲ ナルト リゾートは2020年3月20日~4月15日の期間、お花見弁当が付いた日帰りプランを発売。

日本一のしだれ桜450本を誇る桜のスポット「花見山」はホテルから徒歩10分。鳴門海峡~大鳴門橋~淡路島を一望できる絶景に心奪われます。各所に設置されたスペースで、うぐいす鳴くBGMに春の訪れをご体感ください。お花見後は、ホテルにて温泉や絶景釣り堀、海を眺めるカフェでスイーツをお愉しみいただけます。

花見山

しだれ桜450本とウグイスのさえずりが楽しめます。桜が終わる頃にはツツジ17000本が開花。その他、もみじ200本、黄梅2000本、キリシマ600本、黄金マサキ1000本、サザンカ1000本、椿200本など季節の花木も。展望台は、大鳴門橋を背景にしだれ桜が撮れる絶景の撮影スポットです。

心の手紙館

タイムカプセルのように未来に届く「心の手紙」。結婚記念日、二十歳便、誕生祝い便、卒業記念便、長生き元気便など、お手紙はご希望される年数後の未来に届けられます。未来の自分や家族、大切な人に、時を経て届く「心の手紙」を出してみませんか。
(10:00〜16:00/火曜休館)

鳴門温泉 露天風呂・展望風呂

「美人の湯」としても名高い天然温泉で癒しのひとときを。露天風呂、展望風呂の異なる4ヶ所のお風呂がございます。*バスタオル、タオル、シャンプー、ボディーソープなど完備

テラスカフェオーゲ

一面に広がる海を眺めながら、ゆったり寛げるカフェ。鳴門鯛カツバーガーや阿波ジューシーハンバーグ、阿波美豚フィレ肉のカツサンド、鳴門鯛骨ラーメン、鳴門金時スイーツ、すだちジュースなどご当地メニューも楽しめます。

鳴門鯛の釣り堀

大鳴門橋と瀬戸内海を眺めながら鳴門鯛を釣ろう!ご希望により釣り上げた魚はお土産としてお持ち帰りや、夕食時にご希望の調理方法でご賞味いただけます(料金別途)。
*無料貸出し バケツ・タモ・軍手
*アオアヲビーチ10:00~17:00(約30分間/500円税込)

アオアヲ ナルト リゾート(徳島県・鳴門市)

淡路島から車で5分、瀬戸内海国立公園内。海に昇る朝日やムーンロードを客室や天然温泉から一望できるオーシャンビューホテル。徳島の美味は、割烹バイキング阿波三昧や炭火焼、フレンチ懐石、和会席など多彩なレストランでご堪能ください。鳴門海峡クルージングや釣堀、鳴門わかめ漁、大谷焼絵付けや藍染め体験、阿波おどりライブ、ご当地エステなどプログラムが充実。周辺には、渦の道や大塚国際美術館、一番札所などの観光名所も豊富。

■花見山お花見日帰りプラン(お花見弁当+温泉入浴+釣り堀+ケーキセット付)

期間: 2020年3月20日~4月15日 *3日前17:00までに要予約
料金: 大人4,730円/小学生2,970円(税サ込)*小学生には、お子様弁当をご用意。
内容: お花見弁当(お茶付き)*お渡し時間 10:00~14:00
温泉入浴(露天風呂/展望風呂)
釣り堀 (アオアヲビーチランド)
ケーキセット(テラスカフェオーゲ

★豪華!遊山箱入りお花見三段重もございます。お一人様12,650円(税サ込)

※「遊山箱」とは江戸時代から伝わる徳島の伝統工芸品。子供たちの節句に、山や海、野原へ物見遊山をする際に、お弁当箱として利用されていました。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ