信州松本「onsen hotel OMOTO」、 夕食付プランの販売を10月5日よりスタート

2020.10.12

「onsen hotel OMOTO」と地域の飲食店が連携した夕食付の宿泊プランを10月5日より販売することをお知らせいたします。第一段として、「ヒカリヤ ヒガシ」「日本料理 草創庵」の和食をセットにした宿泊プランを発売します。

泊食分離など、新しいスタイルの本格展開

「onsen hotel OMOTO」(以下、「OMOTO」)は、リニューアルオープンから2カ月が過ぎ、9月の連休には満室となるなど、認知の高まりとともに、泊食分離の温泉宿などの新しいスタイルもお客様に理解されつつあります。
オープン当初から、地域事業者との共存共栄を方針とし、これまでも食材などでのコラボレーションを行ってきました。
今後は、地域の飲食店との連携も深め、お客様に松本の名店で夕食をとることの素晴らしさを提案することで、北アルプスの絶景を望む展望大浴場や客室の良さと松本の食を活かした滞在を発信していきます。

日本料理の名店から、夕食付プランをスタート

夕食付プランの発売にあたり、日本料理の名店「ヒカリヤ ヒガシ」と「草創庵」(枇杷の湯内)とコラボレーションしました。
「ヒカリヤ ヒガシ」の会席料理、「草創庵」のお蕎麦と天婦羅などのセットメニューを「OMOTO」の宿泊プランにのせて販売し、予約の調整、決済、店舗へのご案内などは、「OMOTO」が行います。
まずは、12.5畳の和室と組み合わせた夕食付の宿泊プランとして販売します。

ヒカリヤ ヒガシ メニューのイメージ
草創庵の夕食

GoToトラベルキャンペーン「地域共通クーポン」も活用

今回の2店舗における休日、12.5畳の和室以外の宿泊客、今回の2店舗以外の飲食店については、チェックイン時に、「地域共通クーポン」の利用先として、連携する飲食店をお客様にご案内することで、お客様の滞在をより良いものとすると共に、地域の飲食店との今後の連携のあり方を構築してきます。

夕食付プランの和室12.5畳
展望大浴場

松本の滞在を提案するコンシェルジュとしての接客力を向上

夕食付プランの発売に合わせて、お客様に松本の滞在を楽しんでいただくため、「OMOTO」のフロントスタッフが、松本のコンシェルジュのようになっていくような取組もスタートします。
多くの宿泊施設のコンサルティングなどに実績があり、松本市内でブライダルも手掛ける「ザ・ホスピタリティチーム」と連携し、「OMOTO」が目指す接客力を高めていきます。
こうした取組を通じて、地域の飲食店との連携を確立し、アフターコロナを見据えて、地域事業者との取組を広げ、国内外のお客様に信州松本・浅間温泉の旅を選んでいただけるようにしてきたいと考えています。

新着

新着

注目の記事

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

京都府

観光

おとなの好奇心と遊び心を刺激する空間が誕生【プリンス スマート イン 京都三条】

京都観光はもちろんビジネスにも利便性の良い場所に建つ「プリンス スマート イン 京都三条」。現代の町家をイメージし、京町家の特徴とも言える格子戸、出格子などを組み合わせて構成されたファサードは決して華美ではないが、美しいリズムや動きを感じる洗練されたデザイン。京都滞在への期待感を喚起する要素の一つとなっています。

ピックアップ

ピックアップ