熱海駅仲見世商店街に新店舗「熱海ばたーあん」がオープン

2021.08.15

創業150年を誇る老舗和菓子店「又一庵」が8月7日熱海に初めて店舗をオープンしました。和洋折衷スイーツをお届けするテイクアウト専門の新ブランド「熱海ばたーあん」。ばたーあんパンは北海道産えりも小豆を丹精込めて炊きあげてつくる粒あんと、まろやかなバターを合わせた、甘味と塩味の絶妙甘美な味わいで、まるで熱海が活気づいていたあの時代を彷彿とさせる和洋折衷の味わいです。

又一庵150年の技と味で受け継ぐあんこ

『ばたーあんパン』380円
フンワリしているけど張りのある薄皮のパン生地を使用。中にはたっぷりの又一庵の粒あんと、少しレトロなコクのあるバタークリームが特徴。パン樹 久遠さんとのコラボパン。

『ばたーあんパン』380円

『フルーツ最中』『フロマージュ最中』380円~
熱海の市の花でもある梅の花をかたどった最中に又一庵の粒あんを詰め、コクのあるバタークリームの上には季節のフルーツ(マスカルポーネ―チーズ)をのせた手のひらサイズの可愛らしい最中。

『フルーツ最中』『フロマージュ最中』380円~

『ばたーあんパンまんじゅう』170円
創業明治4年より続く又一庵の粒あんと、ほんのり塩味のきいた、きめ細やかなバターをパンのような饅頭生地で包み、焼き上げました。

『ばたーあんパンまんじゅう』170円

『熱海ばたーあんのマリトッツォ』420円
今話題のマリトッツォにあんこを加えました。程よい甘さのクリームとあんこがぴったりのコラボレーション。

『熱海ばたーあんのマリトッツォ』420円

『隠れあんみつモンブラン ~バタークリームのせ~』880円
絞りたて和栗モンブランの中には又一庵の粒あん、寒天、季節のフルーツがごろごろ!「あんみつ」が隠れています。バタークリームと合わせて食べれば、まさに和洋折衷の乙な味わい。

『隠れあんみつモンブラン ~バタークリームのせ~』880円

『ばたーあんけいく』1,980円
創業明治四年の又一庵のあんこと柔らかな生地のスポンジを重ね、周りにはバタークリームを丁寧に塗りました。くちどけ滑らかなエレガントな快感をよく冷やして、心ゆくまでご堪能下さい。

『ばたーあんけいく』1,980円

『あんケーキどら焼き』500円~
あんこの上のクリームがインパクト大。まるでケーキのようなどら焼き。

『あんケーキどら焼き』500円~

『あんことばたーのミルフィーユ』1個140円
まんまる小豆のはいったクリーミーなあんこクリームを、バターが香るサックサクのパイで挟みました。

『あんことばたーのミルフィーユ』1個140円

『最中そふと』350円
ミルクソフトに又一庵の粒あんとバタークリームをトッピング。あんことミルクのクリーミーな味わい。

『あんこやまそふと』380円
あんこ好きにはたまらない、山盛りあんこのソフトです。ここでしか味わえない贅沢な味をお楽しみください。

又一庵謹製熱海ばたーあん

所在地: 熱海市田原本町5番11号
TEL: 0557-81-2777
営業時間: 10:00~18:00
定休日: 不定休

>熱海ばたーあん公式サイト

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ