星野リゾート トマム 雪山の絶景を眺める「霧氷テラス」を営業 新たなスポット「Cloud Bar(クラウドバー)」から霧氷を鑑賞

2019.12.17

北海道最大級の滞在型スノーリゾート「星野リゾート トマム」は、2019年12月1日~2020年4月5日の期間に「霧氷(むひょう)テラス」を営業します。これは、氷点下約2~10度の間で空気中の水分や霧が樹木に付着する現象「霧氷」を鑑賞でき、雪山の絶景を楽しめるテラスです。今回新たに、2019年夏にオープンした新展望スポット「Cloud Bar(クラウドバー)」から霧氷を眺めることができます。また、期間限定で夜の霧氷ライトアップを行います。

「霧氷テラス」とは

霧氷テラスは、トマム山の標高1,088メートルに位置し、木々に付く霧氷が作り出す絶景を鑑賞できるテラスです。雪山といえばスキーやスノーボードをする人が訪れる場所というイメージが一般的です。そこで当リゾートは、スキーやスノーボードをしない方にも雪山の美しさを知って欲しいという想いから霧氷テラスとして営業を開始しました。また、2017年より開始した夜の霧氷ライトアップでは、ライトに照らされた霧氷が、まるで宝石のように輝く光景を見ることができます。この霧氷が作り出す雪山の絶景を当リゾートで堪能できます。

新展望スポット「Cloud Bar(クラウドバー)」から霧氷を鑑賞

2019年夏にオープンした「Cloud Bar(クラウドバー)」は、バーカウンターをイメージした展望スポットです。霧氷テラスに続く山の斜面に、地上3メートル、長さ13メートルのカウンターと椅子が並んでいます。椅子は1人用と2人用の2種類が用意されていて、最大7名が利用可能です。椅子についているハシゴを登り、座ると眼下に広がる雪山の全景を眺めることができます。山の斜面に設置され、目の前に遮るものがないため、まるで足元に広がった霧氷の上に浮かんでいるような体験ができる特等席です。

霧氷テラスで楽しむカクテルやスイーツ

「霧氷フォンダンショコラ」と、「霧氷コーヒー」も提供します。

夜の霧氷ライトアップを実施

期間限定で霧氷テラスにある展望スポット「Cloud Walk(クラウドウォーク)」や「Cloud Bar(クラウドバー)」と道沿いなどをライトアップします。

「霧氷テラス」概要

期間: 2019年12月1日~2020年4月5日
時間: 8:00~15:00 (ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、
15:30(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)、15:00(ラストオーダー)
料金: ゴンドラ往復料金 大人2,200円、小学生1,300円(いずれも税込)
*ザ・タワー、リゾナーレトマム宿泊者は無料
スノーカクテル1,200円、霧氷コーヒー500円、霧氷フォンダンショコラ600円、
ホットドリンク500円~(いずれも税込、数量限定)
対象: 宿泊者、日帰り共に利用可
備考: 仕入れ状況により提供内容が、一部変更になる場合があります。
天候により、営業を中止する場合があります。

星野リゾート トマム/星野リゾート リゾナーレトマム

北海道のほぼ中心に位置する滞在型リゾートです。「ザ・タワー」「リゾナーレトマム」の2つのホテルを中心に、四季を通して北海道を体感できるアクティビティが楽しめます。

所在地: 北海道勇払郡占冠村字中トマム
電話: 0167-58-1111 (星野リゾート トマム 代表電話)
客室数: 735室(ザ・タワー535室、リゾナーレトマム200室)
チェックイン:15:00~/チェックアウト:~11:00
料金: ザ・タワー1泊11,000円~、リゾナーレトマム1泊23,000円~
(いずれも2名1室利用時1名あたり、税込、朝食付)

公式サイト:
https://www.snowtomamu.jp

新着

新着

注目の記事

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.39 鳴海宿~池鯉鮒宿編 桶狭間で戦国女子を奇襲?

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

東海道を東から西へ向かうと池鯉鮒(ちりゅう)→鳴海という順番ですが、西から東へ逆向きに歩いた時のお話。大晦日だったので人通りも少なく、桶狭間の奇襲には絶好のコンディションでしたが・・・

青森県

観光

奥入瀬渓流ホテル 冬の奥入瀬渓流をとことん満喫する宿泊プラン「氷瀑ガールステイ」新登場 期間:2020年12月19日~2021年3月14日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2020年12月19日、冬の奥入瀬渓流をとことん満喫する宿泊プラン「氷瀑(ひょうばく)ガールステイ」が新登場します。この時期にしか見ることのできない冬の風物詩「氷瀑」を、静と動、明と暗、そして食と絡め、あらゆる面から満喫する氷瀑尽くしの宿泊プランです。

1泊2日の滞在中は、アクティブなツアーだけでなく、温泉や特別ディナー、限定スイーツも楽しめ、雪景色を望む露天風呂テラス付の客室で、疲れを癒しながらゆっくりと過ごすことができます。1日1組限定の当プランで、寒さも忘れ、心ゆくまで冬の魅力を楽しめます。

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.38 岡崎宿~御油宿後編 旅人留女とか裏マッサージの妖しい夜

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は岡崎に泊まって、三河の東海道を歩いた時の2日目後編。午前中のウラ岡崎城とか、かいちゃんのいるホテルに続き、妄想を掻き立てるような妖しい事象が連発するこの区間、どうなってるんや三河!

高知県

観光

イベント

高知県四万十町にて完全地産地消で夜間早朝に楽しめるサウナ&マルシェイベント「四万十川アウトドアサウナ」が2ヶ月間の週末限定で誕生

高知県四万十町の四万十川流域エリアに冬の夜に星雲を眺めながら体験できる四万十ヒノキで作ったアウトドアサウナと早朝にマルシェを楽しめる完全地産地消プロジェクト「四万十川アウトドアサウナ」を四万十町の全面的なサポートのもと、2020年12月4日(金)より2ヶ月間、金・土・日の週末限定で展開することをお知らせいたします。

--

食べ物

老舗名店のグルメのほか“おうちごはん”で楽しめる贅沢惣菜、個食グルメに注目「2020年 小田急のお歳暮」

小田急百貨店では、ECサイト「小田急百貨店オンラインショッピング」で10月20日(火)から、新宿店では11月5日(木)からお歳暮ギフトセンターを開設します。例年人気の全国から選りすぐりの名店・レストランのプレミアムな一品のほか、“おうちごはん”需要で注目高まる、本格的な味を手軽な調理で食べられる贅沢惣菜や個食グルメを取り揃えます。

ピックアップ

ピックアップ